三浦知良(カズ)の名言集59選!伝説のサッカー選手が伝える魂の言葉

三浦知良こと「キングカズ」といえば、Jリーグ黄金時代を築いた日本人選手の一人ですよね。

高校を卒業してから、当時はまだ珍しかったブラジルへのサッカー留学を経験し、日本のプロサッカー選手として大活躍します。

ゴール後のパフォーマンスである「カズダンス」はとても有名ですよね。

その後、人一倍の努力をしながら、イタリアのプロリーグである「セリエA」にも挑戦し、日本人選手が海外サッカーへ挑戦する先駆けにもなりました。

そんなキングカズ選手ですが、2022年現在で55歳となります。

一般的には「30歳頃に引退を考え始める」と言われるプロスポーツ選手ですが、まだまだ現役バリバリなのです。

感情をそのまま言葉にすることでも有名なので、「カズの魂のこもった言葉はとても力強い」と評判で、多くの人々を勇気づけています。

そこで今回は、プロサッカー選手である「三浦知良選手」の名言をまとめてみました。

仕事やビジネスに使える前向きな言葉ばかりなので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

キングカズの名言集一覧

三浦知良(カズ)の名言1

可能性は1%あるんですね?

じゃあ僕はその1%を信じます。

この言葉はブラジルへのサッカー留学を希望した時、高校の監督から「人間100%はないが、お前は99%無理だ」と言われた時にカズが返した言葉です。

自分の可能性をひたむきに信じる「信念」が感じられる名言だと思います。


三浦知良(カズ)の名言2

異常なくらい勝負にこだわるというのは、一流選手に共通する特徴だ。

勝負は「勝つ or 負ける」の二者択一です。

最初から引き分けを目指すぐらいなら、勝負しない方がマシです。

特にビジネスにおいては、勝たなければ意味がないのです。

どうせなら一流を目指しましょう!


三浦知良(カズ)の名言3

支持されること、批判されること、その全てが仕事の一部だと思えばいいんです。

批判されるようになって、初めて「一流(プロフェッショナル)」と呼べるのです。

なぜかと言えば、批判は期待の裏返しだからです。

期待されていない人には批判も集まりません。


三浦知良(カズ)の名言4

勝てない時には、叩かれればいい。

精神的にもプロにならなきゃいけない。

ブラジル留学の経験があるカズは「ブラジルのメディアは負けた時にはボロクソに言います。でも良かった時には思いっきり褒めてくれるんです。」と語ります。

そのような厳しい環境がプロサッカー選手として成長させてくれたのでしょう。


三浦知良(カズ)の名言5

本当に人気スポーツとなるためには、批判の対象になるかどうかにかかっている。

ぬるま湯に浸かった状態では、誰も努力しようとしません。

色々な批判が集まれば、その分だけ良いスポーツに進化できるのです。


三浦知良(カズ)の名言6

褒め合うなんていうのはプロにとって一番ダメなことですよ。

プロフェッショナルであり続ける為には、常に厳しい環境に身を置かなければいけません。

満足したらそこで成長が止まってしまうのです。


三浦知良(カズ)の名言7

お金をもらうからプロじゃない。

どんな時でも手を抜かず、全力で戦うからプロなんだ。

プロはきちんとやり遂げるから「プロフェッショナル」と呼ばれるのです。

プロフェッショナルと呼ばれたいなら、常に全力で取り組むようにしましょう。


三浦知良(カズ)の名言8

プロだから、いい条件で良い仕事ができるところに行く。

キングカズは「金銭面でも生活面でもいい条件でプレイできるならそっちに行くべき」だと言います。

自分の実力を発揮することが一番重要なのです。

それをできる人が「プロフェッショナル」と呼ばれているのです。


三浦知良(カズ)の名言9

名門でも、グラウンドに立てなければ意味がない。

ブラジルの名門クラブ「サントスFC」にいた時、カズはベンチを温めることが多かったそうです。

そこから移籍した理由を聞かれた時の返答がこの言葉です。

プロフェッショナルが故に、自分が活躍できる場所を求めたのでしょう。


三浦知良(カズ)の名言10

「俺にはサッカーしかない」が、プロ選手になるために一番必要な気持ち。

遠回しに「サッカーしかない」と言いますが、結局サッカーが大好きなのです。

好きだから続けられるのです。

※三浦知良の名言11~20は次のページへ

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事