ポーターの競争戦略をわかりやすく解説!フレームワーク理論とは?

事業を始める際に必ず考えなければいけないのが営業戦略についてです。

戦略とは、戦いを有利に進める為の準備や計画、運用などを包括的に表現した言葉ですが、企業運営する上では経営戦略や営業戦略、競争戦略などの言い方があります。

今回はその中でも「競争戦略」にフォーカスして、企業が勝ち抜く為のマーケティング理論について学びたいと思います。

経営者や事業責任者、営業職の人や大学生に向けた情報なので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

競争戦略とは?

企業が繁栄していく為には、ライバルとの競争に勝たなくてはいけません。

一昔前までは、日本国内の競合企業だけを意識すれば良かったのですが、最近ではグローバリゼーションが加速しているので、当たり前のように外資系企業と戦う場面も多くなってきました。

このような企業間競争を行う上で、必要になる考え方が競争戦略になります。

企業経営者には、時代によって移り変わる顧客ニーズやビジネス環境を的確に捉えて、新たな人材確保、設備投資、マーケティング対応できる行動力が求められます。

しかも現代社会のような成熟期では、競合他社やライバル製品との明確な差別化も求められます。

このような競争要因は、企業経営をする上で”逃れることができない問題”ですが、それを解決する一助になるのが競争戦略だと言えるでしょう。

競争戦略といえば”M・ポーター”が有名

「競争戦略」と聞いて一番最初に思い出すのは、マーケティングの大家である「マイケル・ポーター」だと思います。

M・ポーターは「世界最高学府」と言われる米ハーバード大学の教授で、著書である「競争の戦略」で一躍脚光を浴びました。

競争の戦略
created by Rinker

今ではフィリップ・コトラーの著書と共にマーケティングに従事する人々にとってバイブル的存在になっています。

コトラーのマーケティング4.0
created by Rinker

ポーターは、競争戦略について以下のように定義付けました。

競争戦略とは、会社が自社の市場地位を強化できるよう、うまく競争する仕方の追求である。

つまり簡単にまとめると「競争戦略とは、市場で優位に立つ競争のやり方」ということになります。

マーケティングと何なのか?

本来マーケティングとは抽象的な概念でしかなく、具体的には企業が自社製品を販売する為の市場調査や販売戦略、ブランディングなど全ての活動を意味しています。

よって、マーケティングが意図する部分は多岐に渡っており、競争要因や考え方も様々です。

しかし現代経営において、マーケティングはセールスする上で欠かせない概念になっていて、どの企業もマーケティングのプロフェッショナルを雇用しているほどです。

有名な役職ではCMO(Chief Marketing Officer)がありますよね。

CMOとは「最高マーケティング責任者」と訳される役職で、マーケティングの調査から企画、実行までを管理する役職になります。

このCMOクラスになると、MBAはもちろん、実務経験も豊富で、コトラーやポーターの理論は当たり前に押さえていると言えるでしょう。

他にも戦略論として有名な「孫子の兵法」も読んでおくことをお勧めします。

孫子の兵法
created by Rinker
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事