営業職の転職は40代が限界|未経験でも転職を成功させるコツ

営業職の転職は比較的簡単と言われていますが、40代が限界という説があります。

近年はシニアの転職が一般化してきましたが、一体どのような問題点があるのでしょうか?

そこで今回は、営業未経験者でも転職を成功させるコツについて解説していきたいと思います。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

営業が転職する限界は40代

これまで営業職として働いてきた人だったとしても、「他の職場を経験してみたい!」と思うことがありますよね。

しかし、そのように思うタイミングは40代などベテラン社員になって、ある程度仕事にも慣れてきた頃だと思います。

このようなベテラン社員は一通りの業務を経験しているので、もう伸びしろがないと感じ始めるタイミングでもあります。

このようなベテラン社員になる前に心掛けておきたいことは、40歳までに転職を経験しておくということです。

40歳までに転職を経験しておかないと、営業職のキャリアは厳しいと言わざるを得ません。

というのも、ある程度の年齢の人が「営業職に転職したい!」と希望しても、30代、40代、50代では全く対応が違ってきます。

実際に、40代を過ぎた人の採用は見送るというスタンスの企業も決して少なくありません。

これは40歳以上の人にとっては由々しき事態で、現実的な問題として企業側のニーズが少ないということが挙げられます。

このような状況が生まれてしまうのは、営業という仕事の特異性に由来します。

営業職というのは企業のフロント業務を行う立場なので、他の職種と比べて「若手が欲しい!」というニーズがあるのです。

やっぱりフレッシュな若手社員が接客する会社の方が、お客様の印象は良くなりますよね。

また、新規開拓営業はとても泥臭い仕事なので、年齢を重ねたベテラン社員はやりたがないというのも問題です。

企業としては新規顧客の手を緩めるわけにいかないので、必然的に若手社員の営業職が多くなってしまうのです。

転職先で新規開拓をゼロから始めようとしたときには新人のような心構えが必要となりますが、ベテラン営業マンはプライドが邪魔して泥臭い新規開拓をしたがらないのです。

40代で初めて転職する時の心構え

現実的な問題として「40代でも本当に転職できるのか?」ということはぜひ知っておきたいポイントです。

しっかりした心構えが無ければ、退職したことを後悔してしまう可能性があるので十分注意が必要です。

40代になってから、あるいは40代の後半になってからであっても転職する人がいるのは確かですが、40代になって初めて転職して成功するケースはあまり見かけません。

過去に一度転職した経験がある場合には、40代でも歓迎されることがありますが、今の職場環境に慣れてしまった人は、40代ともなると敬遠されてしまいがちなのです。

なので、初めて転職する場合には35歳までに転職しておくか、55歳を超えてしまったほうが無難というのが実態です。

これはあくまでも一般論ですが、転職人材としての価値は35歳をボーダーラインに下落していくと言われています。

もちろん特殊なスキルや能力があったり、優秀な経営幹部であれば全く別の話になりますが、35歳までなら企業は若手人材として見てくれることが多いので、あまり実績がなかったとしてもポテンシャル採用をしてくれる可能性があります。

一方、40歳ともなれば若手という印象が薄らぐので、何らかの形で企業に貢献してくれる“即戦力”しか採用されなくなります。

営業経験者は転職がラク

営業職に転職できる人は、セールスパーソンとしてずっと働いてきた人に限りません。

営業未経験、もしくは営業経験を少しでも持っているなら、営業職に転職することは比較的簡単だと思います。

もし営業経験があるのであれば、

  • どうやってコミュニケーションするのか?
  • どんな駆け引きをしたら良いか?
  • 新規開拓はどうやればいいのか?

などが感覚的に理解できるため、今まで働いてた業界が違っていても歓迎される傾向があります。

これは営業未経験でもそんなに変わりません。

営業職というのはコツさえつかめれば誰でも活躍できる職種なので、新卒の若手社員はもちろん、40歳オーバーの人でも営業未経験からトップセールスになるケースがあります。

つまり営業職とは、“ほとんどポテンシャル採用で十分”という現実があるのです。

これは良くも悪くも現実なので、転職希望者は受け入れるしかありません。

営業経験者が転職するときには、「今までの仕事があまりにもきつかったから…」という転職理由が一番多いはずです。

しかし、このようなマイナス思考の転職理由は注意しなければいけません。

ホワイト企業に転職して「楽な仕事で稼ぎたい!」という人は多いですが、そのような希望を全面に出してしまうとマイナスイメージを与えかねません。

基本的に営業職とは、与えられたノルマを果たしていれば文句を言われない仕事だといえます。

ベテラン営業マンやトップセールスの中には、短時間でノルマをこなすことができる人もいるので、「楽すぎる仕事だな」と感じる人もいるほどです。

そこからさらに努力してキャリアアップを目指していくか、適度に仕事で稼いでプライベートを楽しむかは営業マンの自由です。

転職が楽なだけでなく、簡単に稼ぐことができるのは、営業経験豊富なトップセールスのメリットだと言えます。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
created by Rinker

法人営業への転職がおすすめ

40代の営業経験者であれば、営業経験が豊富なので転職先の候補も多いはずです。

  • どの業界にしようか?
  • どんな商材を売ってみようか?

などの選択肢が多いですよね。

つまりベテラン営業マンになればなるほど、売る商材など問題ではなくなるのです。

どんな製品サービスでも売れるので、仕事へのやりがいや、ビジネスの魅力度などが重要になってきます。

なので、ここで押さえておいて欲しいのは営業スタイルや営業種別になります。

これは一般論にもなりがちですが、営業経験が浅い人ほど法人営業に転職した方が後々のキャリアプランを立てやすくなります。

法人営業は個人営業と違って画一的なことが多いので、比較的ルーチン業務で行うことができるという特徴があります。

今まで営業未経験の人であっても、法人営業で成功しているケースは少なくありません。

とはいえ、「営業スキルが必要ない」ということは無いので、ある程度の実力をつけていく必要があります。

しかしこれは努力すれば解決できるので、あまり気にしなくてもOKだと思います。

50代で営業に転職することは避ける

40代で営業職に転職することはかなり難しいという現実を知ってしまうと、失敗を恐れてだんだんと委縮してしまうはずです。

しかし、40代になって仕事を辞めたいという気持ちが募っているのなら、できるだけ早く転職活動を始めることがオススメです。

少なくとも50代で営業職に転職しようと志すのは、避けた方が無難です。

営業職への転職は基本的にはゼロベースで顧客開拓を始めるので、50代で営業に転職したとしても成功する確率はあまり高くありません。

そもそも十分な経験と実績がなければ、内定がもらえる確率すら低くなってしまうだけでなく、仕事が嫌になって辞めてしまうという最悪のパターンに陥る可能性もあります。

せっかく転職して新しい現場で働くのなら、大きな実績を上げて、これからの人生をさらに豊かなものにしていきたいですよね。

そのためには、一刻でも早く転職活動を始めて、新たな一歩を踏み出すことが大切なのです。

まずは行動することです。

とにかく行動しなければ人生は好転しません。

この記事があなたの人生を好転させるきっかけになれば幸いに思います。

転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール
created by Rinker
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事