営業アカデミー

異業種交流会にはメリットが盛り沢山!他社と交流する目的&営業のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
交流会メリット

異業種交流会には単に参加しても全く効果がありません。つまり、交流会には交流会なりの活用方法があるということです。

そこで今回は、異業種交流会や名刺交換会、カフェ会などの交流会を上手に活用するコツについて解説していきたいと思います。

異業種交流会に参加するメリット

メリット

異業種交流会に参加したことがある人でも、その活用方法が十分に理解できずに、交流会を生かしきれなかったということがあるのではないでしょうか。

異業種交流会に参加すると、何となく名刺交換できてしまうので、それで満足してしまい、そのまま終わってしまうというケースも多いようです。

ですが、それでは非常に勿体ないないことをしてしまっています。

異業種交流会は営業マンにとって、情報収集をしたり、人脈を拡大させる貴重な機会になります

異業種交流会を上手く活用して、ビジネスマンとしてのスキルアップにつなげるようにしましょう。

関連記事:異業種交流会とは出会いを加速させる場所|上手な交流会の活用方法&効果

交流会では積極的に行動しよう!

異業種交流会に参加するメリットは、何といっても新たな出会いがあり、ビジネスが発展するチャンスを掴むことができることです。

そのためには、名刺をただ交換するだけではなく、積極的に相手と話したり、仕事内容について質問するなど、情報交換を行う必要があります

また、相手に対して、自社商材のアピールも積極的に行いましょう。

話しが弾むことで、新たなビジネスパートナーの開拓ができるかもしれません。

また、交流したい業種をあらかじめ限定するのではなく、自社と関係なさそうな参加者にも声を掛けてみてください。

思いもよらないコラボレーションが生まれるかも知れません。

そして、相手の仕事について積極的に質問したり、自社の強みや特徴なども話してみてください。

意外な業種とのつながりが、新たなビジネスチャンスを呼ぶ可能性があるのです。

関連記事:社長が参加する異業種交流会の探し方|経営者交流会を活用するコツ

異業種交流会は役に立たない

異業種交流会は役に立たない

異業種交流会について、とりたてて効果がなく、無駄だと考えているビジネスマンも多くいるようです。

また、見知らぬ相手に話しかけたりして、積極的にビジネスチャンスを広げようという姿勢について、ネガティブにとらえる人もいるようです。

ビジネスマンの中には、知らない相手にいきなり話しかけることを「気持ちが悪い」と思ったり、名刺交換を単なる営業活動の一環として捉えてしまう人もいるようです。

関連記事:名刺交換会が意味ないと言われる理由|効果の出る交流会&マナー

出会いには長期的メリットがある

異業種交流会は展示会などと違って、その場で即受注できる訳ではありません。

よって、営業マンにとっては目に見える効果や、メリットがわかりにくいという側面があります。

さらに、たとえ異業種交流会に参加したとしても、毎回確実な収穫があるわけではありません。

しかし、知らない業界の人や、意外な職種の人と知り合ったり、信頼関係を築けたりすることは、長期的な視野で見ると大きなメリットにつながる可能性があります。

もし名刺交換会に参加するのであれば、短期的な効果を望むのではなく、長期的な視点でビジネスに活用しようとする姿勢が必要です

そのような考え方ができるのであれば、異業種交流会から得られるメリットは非常に大きなものになります。

一般的に、短期的な利益を追いかけるようなビジネスをしてしまうと、その後のビジネスチャンスを逃してしまう場合があります。

異業種交流会とは、長期的な視点でビジネスを考えたり、相手との確かな関係を築き上げることを目的にすべき場所なのかもしれません。

関連記事:カフェ会はどうやって主催する?名刺交換会や異業種交流会の開き方

他社と交流する目的を明確にする

目的を明確にする

異業種交流会に参加する場合には、自分なりの目的を事前に設定しておくようにしましょう。

他社の参加者も、それぞれ参加目的を決めてきているので、自分のスタンスを明確にしておくと、ぴったりな相手に出会える確率が高まります。

そのためには、自社のスタンスや、ビジネスマンとしての価値観や展望を整理しておくと、より参加する目的が明確になります。

また、同業他社や同業種と出会った場合には、相手の会社の事情や、業界情報などを情報交換すると効果的な交流になるでしょう。

関連記事:名古屋の異業種交流会は朝活やカフェ会が主流?名刺交換会の活用術

情報交換をビジネスに活用する

社長の意見や、他社の内部情報などが聞けるのは、名刺交換会の魅力と言えます。

同業種ならではの業界話を共有することで、ビジネスを広げるヒントが収集できたり、協業の話に発展する可能性もあります。

もしよく知らない業界の人が相手の場合でも、その業界の仕事のやり方や業界の動向、経済的な背景などを積極的に質問してみてください。

思いがけない糸口が見つかって、新たな提携やビジネスパートナーの開拓につながるかも知れません

一方で、相手も同様に、新たなビジネスチャンスを求めて異業種交流会に参加しています。

そのため、求められた質問には誠実に答えるようにしましょう。

まずは信頼関係を築くことが、後々のビジネスチャンスを広げることに繋がっていきます。

関連記事:大阪の異業種交流会にはどんな種類がある?無料(0円)交流会の注意点

異業種交流会では営業(セールス)しない

営業(セールス)しない

異業種交流会を営業の場と考えて、参加者にセールスしている人を見かけます。

しかし、異業種交流会では、そのようなセールス行為は避けた方がいいでしょう。

そうした場では受注が取りにくいだけでなく、かえってマイナスの印象を与えてしまうことがあります。

異業種交流会とは、あくまで情報交換をしたり、新しい人脈を作ったり、直接顔をあわせることで新たな出会いを求める場です

交流会で出会った人とは、まず名刺を交換したあと、相手の会社や身分を確かめて、仕事の内容を尋ねることです。

また、自分の仕事内容や、扱っている商材情報も必ず紹介してください。

その場合、ただ漠然と仕事を紹介するのではなく、「交流会に参加した目的は何なのか?」というポイントをおさえた説明をすると、相手に理解してもらいやすくなります。

関連記事:ビジネスマッチング交流会に参加するメリット&デメリットを大公開

SNSを交換するように心掛ける

異業種交流会の傾向を見て、テーマを決めておくと便利です。

どうしても営業を仕掛けたい場合は、その場では名刺交換にとどめておいて、後日あらためて連絡を取るという形を取る方が無難です。

そのような場合には、LINEやfacebookなどのSNSで繋がるようにしましょう

今時、交流会で出会った人にメール営業するのはナンセンスです。

異業種交流会には、プライベートの楽しみとして参加しているビジネスマンも多いので、いきなり営業をかけてしまうと相手の気分を損ねてしまうことがあります。

そうなると、営業マンにとっては致命傷になり得ます。

営業は次の機会だと割り切って、とりあえず異業種交流会を楽しんでみてください。

関連記事:東京で異業種交流会が多い理由|ビジネス交流会を営業マンが活用する方法

異業種交流会には出会いがある

異業種交流会には出会いがある

異業種交流会のなかには、パーティー形式のものから、カフェ会のようにカジュアルなものまで、様々なテーマがあります。

そのため、新たなビジネスパートナーを探すだけでなく、合コンのように魅力的な異性と出会える可能性もあります。

もし異性との出会いを求めているのであれば、異業種交流会に参加することはおすすめです。

関連記事:異業種交流会から合コンに発展させる方法|カフェ会からの出会い攻略法

合コンとは違うことを理解する

ただし、通常の合コンと異なり、あくまでビジネスが中心の異業種交流会であることを忘れないようにしましょう。

せっかく良い相手と出会っても、合コンのノリで接してしまうと失礼に受け取られかねません。

行き過ぎた態度を取ってしまうと、仕事での自分自身の評判にもかかわります。

あくまで、節度をもって参加しましょう。

また、彼氏がいたり既婚者が参加していることもあるので、そうした相手との距離感にも注意してください

基本は仕事の話を中心にして、気になる人がいたら別途に声をかけるというやり方がスマートなやり方です。

普段の仕事のなかでは、なかなか多くの人と巡り合うことはできません。

異業種交流会は、ビジネスの面でも、またプライベートな面でも、新たな出会いが期待できるのです。

関連記事:異業種交流会はセールスに有効?トップ営業マンの交流会活用ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

異業種交流会を探すなら|beets(ビーツ)

サイト利用料0円(無料)!わずか10秒で参加申し込み!

出会いを加速させる「business+meets=beets」

 

異業種交流会やカフェ会、名刺交換会などの情報満載!

◎ 人脈を広げたい人

◎情報交換したい人

◎ 代理店を探している人

◎ 副業したい人

◎ 独立起業したい人

にはオススメです。


イベント情報を探す