直行直帰の営業は転職でも大人気!?サボれる&楽なのは本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
直行直帰TOP

直行直帰の営業スタイルは様々な業種業態で採用されています。中には「サボれる」「楽(ラク)」という都市伝説的な話もあったりします。

そこで今回は、直行直帰制度の営業にフォーカスして解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

直行直帰するメリットとは?

直行直帰のメリットとは

営業職として就業していると、現場によって直行直帰ができる場合があります。

一般的な会社員であれば、オフィスに出社して打刻しなければいけないのが当たり前です。

しかし、営業職だけは業務効率化の観点から、遠方の顧客に訪問するときに、自宅から直接移動する「直行直帰」が許されているケースがあります。

そのようなケースでは、帰りにオフィスへ立ち寄ることなく、そのまま自宅に帰れる仕組みになっています。

関連記事:営業はなぜ転職しやすい?営業職に転職するメリット&デメリット

営業をサボることもできちゃう!?

直行直帰を採用するメリットとは、

  • 営業職の負担を軽減
  • 時間の無駄をなくす
  • 効率的に働けるようにする

ことです。

帰り際にオフィスへ立ち寄ると時間ロスしてしまうだけでなく、精神的&身体的な負担も大きくなってしまいます。

そのような点を改善した結果、出来上がった商習慣が直行直帰です。

つまり、営業マンにとって楽で喜ばれる仕組みということです。

しかし、実際に営業職として直行直帰をしてみると、基準の設定方法や様々な問題点があることに気付きます

例えば、直行直帰であれば、その日は単独行動ということになるので、考え方によってはいくらでもサボれる状況ができてしまうのです。

つまり、日常的に直行直帰が許されている会社の場合には、毎日かなりの勤務時間を自由に使うことができてしまいます。

また、遠方の既存顧客を訪ねる場合も、旅行気分で休憩したり、一日満喫することもできます。

オフィスに立ち寄る必要がないので、上司や同僚に監視されることはなく、音楽を聴きながらドライブ感覚で外回り営業ができてしまうのです。

関連記事:営業をサボりながら新規開拓できる方法|サボり癖を売上に繋げるコツ

直行直帰は勤怠管理が難しい

勤怠管理

直行直帰型の営業スタイルが一般化されてきたとはいえ、実際に労使間でそれを管理するシステムを導入しているという事例はそれほど多くありません。

その原因として最も大きいのは、「始業&終業など直行直帰の勤怠管理がとても難しい」からです。

直行直帰では「自宅→商談→帰宅」という流れになるので、物理的にタイムカードを切ることができません

しかし直行直帰では、「本当に仕事をしているのか?」をきちんと管理しなければならず、企業としてはリスクが大きいことが挙げられます。

「直行直帰で営業していると思っていたら、マンガ喫茶でサボっていた!」なんてことも十分あり得ます。

具体的には、

  • アポの時刻に遅刻をしていた
  • 実質的に早退していた
  • 営業車で昼寝していた

なんてこともあり得るのです。

関連記事:無料の営業ツールでも業務効率は上がる?営業マンにおすすめの支援ツール

直行直帰を管理する方法

このような問題点がある一方、ITツールを活用して管理体制を整えていこうという動きがみられます。

典型的なのは勤怠管理についてです。

従来式のアナログなタイムカードではなく、オンラインで打刻ができるITシステムを取り入れて管理する方法があります

営業の仕事を始める時にオンライン打刻し、仕事を終えたらまた打刻するというルールで運用すれば外出先でも運用することができます。

さらに厳密な管理をしている企業では、スマートフォンを貸与してGPS管理しているケースもあります。

この仕組みでは打刻した時に限らず、行動したルートまで把握できるので、「取引先にいるはずなのに自宅にいた」なんてケースはすぐにバレます。

他の職種との平等感を持たせるという目的でも、このような勤怠管理システムの導入が進められているのです。

関連記事:時間管理を意識すれば売上が増える?タイムマネジメントのツール5選

残業時間はどうする?

残業時間はどうする?

直行直帰の場合には勤怠管理が難しく、実際にいつからいつまで働いたのかを明確にするのが難しいのも確かです。

政府の方針としても、法定残業時間を徹底的に管理して、適切な残業代を出すことが求められていますので、この辺りはクリアにしておかないと後々の経営リスクにもなり得ます。

給与&賃金計算する上では、36(サブロク)協定も意識しなければいけません。

外回りの営業職ではサービス残業が常態化しているので、直行直帰の場合にはその状況がますます顕著になるのは確かです。

ただ、働いたからにはその分の残業手当を支給してもらうのが真っ当なことなので、経営者はよく考える必要があります。

それを意識していないと、ある時に従業員から訴えられることもあり得るのです。

関連記事:営業職は残業が多いの?時間制にならない「みなし残業」を徹底解説

みなし残業の活用が多い

それでは、直行直帰OKにしている企業では、どのような仕組みで残業の運用をしているのでしょうか?

勤怠管理システムをオンライン導入している企業を除くと、「みなし残業を定める」か「完全なサービス残業」になっているケースかの2択が一般的です。

みなし残業は企業があらかじめ残業代分を支給してしまう仕組みで、所定の手続きを済ませれば設定することができます。

残業代の支給分を残業しても、全く残業をしなくても上限額が定まっているので、同じ残業手当が支給されます。

これはある意味で、現場に即した適切な残業代支給といえるのではないのでしょうか。

しかし一方で、営業職には「ノルマ」という予算が課せられており、ノルマ達成できるまで働くのが当たり前という暗黙の了解があります

そのような考え方が強い会社では、勤務時間数が脇に置かれ、ノルマを達成したか否かだけが問われてきます。

このように、残業時間に対する捉え方は企業文化によって大きく異なるので、直行直帰の転職先を選ぶときには注意しましょう。

関連記事:新規開拓営業&ノルマ達成させる営業の鉄則|結果に繋がるコツ4選

直行直帰は楽(ラク)

直行直帰は楽

営業マンが直行直帰できることは、一般的に楽(ラク)だと言われています。

営業職のイメージは、いつも上司にノルマを追求されていて、同僚と競争するようにして働かなければならず、職場でのストレスが溜まりまくっていると考えている人もいるでしょう。

そのような激しい会社があるのも確かですが、直行直帰で働くことができれば上司や同僚に会うことはありません。

一日中外回り営業をしていれば、連絡しなくても問題ないケースがあるので、最高の一日を過ごすこともできます。

出勤や退勤に関する厳しさもなく、定時通りに働くように促されることもないことから、自由なスケジュールで働けるのも魅力でしょう。

出張のときには、時間に余裕ができれば、アポイントの合間に観光することもできます。

このように自由である反面、サボり癖があったり、怠けてしまう人は注意が必要です。

直行直帰で働いている営業マンには、全ての業務を自己管理する能力や、強い精神力が求められます

よって、一人だと怠けてしまう人には向いてない働き方といえます。

また、上司から監視されていた方が良いパフォーマンスが発揮できるような人にも向かないかもしれません。

関連記事:楽な営業&辛い営業6選!営業を楽にする方法とは?

直行直帰型の営業がおすすめ

直行直帰型の営業はおすすめ

「気楽な働き方が好み」という人なら、直行直帰型で働くのはおすすめです。

営業職とは、

  • しっかりと実績が出せている
  • ノルマが達成できている
  • 営業利益を稼いでいる

ようであれば文句を言われることがない職業です。

そのような職種であるからこそ、サボっていても、楽な働き方をしても大丈夫なのです。

その為のやり方を自分なりに工夫していくことが求められますが、上手に働けるようになれば直行直帰型で労働時間を短縮することも現実的にできます。

関連記事:営業職はあるあるネタで盛りだくさん!サボり話や職業病あるある

直行直帰で働く心構え

上司や同僚に会う機会が少なくなっても、お客様とは毎日会ったり、話したりすることが大切になります。

顧客と良い関係が築ければ、営業成績もどんどん良くなっていきます。

そのような面を機会と捉えて、最大限に活かしていくことが大切です。

前向きに仕事を楽しんでいけば、サボったり怠けたりすることも無くなっていきます

「どうやってサボるか?」を考えるのではなく、心から「仕事が楽しい!」と思えることが重要なのです。

関連記事:営業の心得10か条|トップ営業マンになる為に必要なモノとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる