営業アカデミー

営業職の魅力を大公開!営業に転職する志望動機とやりがい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業職魅力TOP

営業職に転職する人にとって、営業の魅力を知ることは重要です。もちろん、営業職には独特の魅力ややりがいが存在します。

そこで今回は、営業に転職するメリットを余すところなく解説していきたいと思います。

>>営業職の副業&複業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業職の魅力とは?

営業職の魅力

営業職の魅力は、仕事した結果がハッキリと目に見えることです。

成功すれば売上が上がりますし、失敗すれば売上はゼロというケースもあります。

数字が目に見えるので、正当な評価を受けやすいのが営業職の魅力と言えます。

そのような営業職には、ソリューション営業、企画営業、ルート営業、新規営業、法人営業、テレアポ営業、飛び込み営業、代理店営業などたくさんの種類があります。

それぞれの営業職で業務内容は多少異なりますが、最終的な目標となる「売上・利益を上げる」という点では一致しています。

営業マンはお客さんに満足してもらって、自分から商品やサービスを買ってもらうために働いているのです。

そして、営業職はたくさんの人と出会えることも魅力と言えます

営業職は社外にいることが多く、様々な人に会うことができます。

これは営業職特有の経験やメリットと言えるでしょう。

営業を通じてたくさんの人に会うことで、様々な情報交換ができます。

顧客の課題や悩み事、家族構成や交友関係など多岐に渡ります。

お客さんが求めているモノは、顧客自身が知っていることを肝に銘じておきましょう。

顧客からヒアリングすることで、どんな商品を持っていけばいいかが把握できます。

そこから新しいサービスや、仕組みが生まれる可能性もあるので、ビジネスとはお客様と共に成長することであるのが実感できると思います。

これこそが営業職の魅力と言えるでしょう。

また、転職するときの面接などで、なぜ営業職に就いたかを聞かれることがあります。

そのときに応える返答が、営業職の魅力にリンクしていると、なお良いでしょう。

>>営業職に最適な副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業職のやりがい

営業職のやりがい

営業職のやりがいはたくさんありますが、何よりも嬉しいのは、お客さんが喜んでくれることでしょう。

相手の悩みを解決して、最終的に感謝されるとやりがいにつながっていきます。

特に長いあいだ困っていることや深い悩みを抱えているお客様であれば、解決できた時の喜ばれ方は凄まじいものです。

お客様がどのような悩みを持っているかを聞き出せれば、営業マンとしてはその解決策を探すだけです。

解決するには色々な制限がありますが、いかに自分の商品で解決するかがポイントです。

もし、自社製品・サービスで課題解決できなければ、協業先や知り合いに紹介することでも構いません。

このような紹介営業でも顧客の満足度は上がります。

お客さんは困っているからこそ、解決できたときに営業マンに感謝するのです

この感謝の言葉をやりがいに、頑張っている営業マンは多いことでしょう。

関連記事:営業職の種類と仕事内容は?辛いセールスでも結果を出すコツ

新規開拓こそ営業のやりがい

新規開拓は営業マンであれば逃れられない業務と言えます。

毎日のように新規の見込顧客と商談して、会社の売り上げに貢献していることでしょう。

そんな新規開拓ですが、見込顧客は初めて会う人がほとんどなので、とても面白いと言われています。

当たり前ですが、新規開拓をすると新しい出会いがあります。

自社商品についての意見や評価を様々な角度から聞けるため、その後の営業活動に役立つ貴重な意見をもらえます。

また、様々な企業のビジネスモデルを聞くことができる為、とても勉強になります

そのような情報を集めていくことで、トップセールスへの道が開けていきます。

そのような経験をしていると、新規開拓に意味を見出せるようになり、やりがいを感じるようになります。

さらに、1件1件の商談を面白いと思えるようになります。

商談が一発で決まり売上につながることもありますが、相手との駆け引きでどう着地するかは未知数です。

営業現場は真剣勝負になるので、このような雰囲気が面白くて、営業にやりがいを感じるという人は多いでしょう。

関連記事:出来る営業マンの特徴3選|一流&優秀な営業マンの思考と共通点

営業の志望動機

営業の志望動機

営業の志望動機は人それぞれです。

例えば、稼ぎたい人は営業職の年収が高いことを志望理由にします。

もちろん営業職は年収が高いケースもたくさんありますし、インセンティブが発生することも多いです。

売上の調子が良ければ、会社は特別ボーナスを出したり、歩合で還元されるのが営業職と言えます。

そのような金銭面でのメリットが、営業職を志望する強い動機になっています。

関連記事:営業職に転職(就職)できる志望動機の例文4選|新卒&中途編

営業マンは話し好きに向いている

他にも、人と話すのが好きだからという理由で営業を希望する人もいます。

営業は話す機会が多い仕事なので、話好きな人ほど働きやすい職種と言えます。

営業職では、世間話をするのも立派な仕事のひとつです

色々と話しているうちに、お客さんが困っていることをポロっと言うことがあります。

意外と世間話をしているだけで、お客さんの本音が聞けたりするものです。

世間話がきっかけになり、商談が次のステップに進んでいくことは少なくありません。

そもそも、何も話しをしていなければ、きっかけすら掴めていないかもしれません。

見込み顧客と会うことで、営業のヒントを得ることができ、自分の仕事にも繋がっていきます。

よって、営業マンは人と会って話をすることが好きな人には適した職種といえます。

関連記事:営業マンがトップセールスを目指すべき理由と意義とは?

営業マンはデスクワークが苦手

営業マンはじっとしているのが苦手と言えます。

その代表格がデスクワークです。

営業職が好きな人は、デスクワークが嫌いな傾向があります

このように、デスクワークが合わないことも志望動機になり得ます。

机に向かった仕事が苦手でつらいと感じる人なら、外回りをする営業職に転職したいと思うのは自然なことでしょう。

もちろん、営業職もデスクワークを行いますが、社内にいる時間は少なく、外回りをしている時間のほうが圧倒的に長いため、デスクワークが苦手な人は営業職への転職も考えて良いでしょう。

関連記事:優秀な営業マンの共通点3選|他とは違う一流営業マンの特徴

営業に転職する方法

営業に転職

営業に転職する方法は、リクナビ、マイナビ、dodaなどの大手転職サイトや、人材紹介会社を通すやり方が一般的です。

営業職の求人情報は、東京や大阪、名古屋をはじめ各地方都市でもたくさん募集されていますので、未経験や初めての転職でも可能性があります。

実際にキャリアアップを目指すなら、転職という選択肢は決して間違っていません。

実力があれば転職先でも通用しますし、評価を受ける確率も高いです。

ただし、転職するのであれば、30代のうちが望ましいです

30代であれば転職しやすいですが、40代になったとたんに厳しくなってきます。

実力や実績があっても年齢が上がると、転職しにくくなるケースが多いです。

転職先を探す努力が必要

また、転職をするのであれば、転職先を自分で調べてから行動することが大事です。

転職サイトや人材紹介会社を通したとしても、転職先を自分で調べないと後悔することになるかもしれません。

職場環境や人間関係などが自分に合わない可能性もあるので、給与や待遇などを含めてきちんと調べるようにしましょう。

しかし、会社の雰囲気などを紹介会社が全て把握しているとは限りません。

面接のときなどに社内の雰囲気などを確かめておくと、役立つ情報になるでしょう。

紹介会社が協力をしてくれるのであれば、会社の雰囲気などの細かい情報を紹介会社にも確認します。

自分の調べた印象と紹介会社の情報が一致するようであれば、信頼できる情報と言えます。

関連記事:営業に転職するメリット&やりがいはある?求められるスキル4選

転職なら法人営業がおすすめ

法人営業

もし営業職に転職するなら、法人営業がおすすめです。

法人営業は様々な業種・業界でニーズがあるので、求人が多いことがメリットです。

また、未経験でスキルがなくても、法人営業として採用してくれる企業はゼロではありません。

法人営業として転職するメリットは、営業のノウハウをイチから学ぶことができる点です

営業のノウハウを身につけられると、次の転職のときに有利になります。

また、実績次第で年収が高くなる可能性があるのも、法人営業をおすすめする理由です。

法人営業では、会社が想定する以上の売上を上げると、ボーナスなどで極端に年収が高くなることがあります。

そもそも、法人営業で扱う金額は大きいことが一般的で、その分高いインセンティブも期待できます。

実績によってボーナスが大きく変動する職種と言えるでしょう。

関連記事:楽な営業&辛い営業6選!営業を楽にする方法とは?

チームの連帯感の実感できる

法人営業は売上規模が大きいために、一人でクライアントを担当することが少ないです。その分、チームで動くため同僚から学ぶチャンスも多くなるのです。

特に未経験の場合はチームで動くことが重要になります。一人だと悩んでしまうときでも、仲間が助けてくれることがあるでしょう。

一人で営業する場合は相談できる相手がいませんが、法人営業はチームでカバーする体制ができているので、未経験でも安心して動くことができます。

関連記事:営業スローガンで売上をあげるコツ|一致団結する為の目標設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる