営業アカデミー

営業職には本当に将来性がある?転職(就職)が不安な営業マンは必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業将来性TOP

仕事をする上で、今の職業をいつまで続けるかは重要なポイントだと思います。例えば、機械やAIに仕事を奪われるような職業には就きたくないのが本音だと思います。

そこで今回は、営業職の将来性についてわかりやすく解説していきたいと思います。営業マンの方は必見です。

>>営業職の副業&複業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業職の需要が増加中

営業職の需要が増加中

時代の変化は早く、流れについていくだけでも大変です。

そんな中で、「営業職はいつまで必要とされる仕事なのか?」と疑問に思っている人は多いと思います。

営業マンは企業にとって、売上に直結する重要な業務を担当する人材として大変重宝されています。

よって、大勢の営業マンを抱えている企業が多く、人海戦術的に顧客開拓を進めているケースも少なくありません。

しかし、機械化やAIの発達によって時代は大きく変化しており、泥臭い営業マンが欲しいというニーズが減少傾向にあるように思われています。

>>営業職の副業支援サイト|side bizz(サイドビズ)

営業職の採用が困難な時代へ

AIの登場によって営業スタイルに変化が起こっていますが、営業職の需要は伸び続けている状況です。

その理由はとてもシンプルです。

どの業界でも、今までと同じ営業手法をするだけでは顧客を獲得するのが難しくなっており、新しい試みをしつつ、常に新規顧客を探し回っているからです。

その中で営業職は、企業の行く末を決める重要な職種とされており、少子高齢化の影響で働き手が減る中、積極的な募集が行われています。

現場では男性だけでなく女性の姿も増え、業界によってはむしろ女性のほうが活躍していることすらあります

商材によっては女性のほうが顧客の心をつかむことができる場合があるからです。

また、体力勝負に近い飛び込み営業だけでなく、カウンターセールスやインサイドセールス、紹介営業なども駆使されるようになっており、男性も女性もそれぞれの個性に応じた力を最大限発揮できる環境が整ってきました。

営業手法が多様化してきた影響で、ますます営業職の確保が課題になっているのが現代社会だと言えます。

営業職はずっと営業マンのまま?

営業マン

新卒として就職すると、まずは営業職を経験するということがよくあります。

もともと営業職で採用されたケースだけでなく、総合職は営業職として働き始めるシステムになっている企業が多いのが実態です。

そのまま営業マンを続けていく人もかなり多く、やりがいを見つけて生涯に渡って営業職をしていこうという場合もあります。

営業職は経験とスキルが重要なので、新卒で入社した時から続けていれば,プロフェッショナル営業マンとして様々な現場で活躍できるようになるでしょう。

「転職したい」と思ったときに、営業ノウハウは他の現場でも転用しやすいため、キャリアを高く評価してくれることが多く有利になります。

関連記事:営業のキャリアアップにはスキルが必須|キャリアパスでは海外赴任が有効

営業マンの仕事は無くなる?

ただ、営業のニーズが将来的にも本当に続くのかははっきりとしないのも確かです

ITによって業務効率化をした結果、実質的に不要になってしまった職業がないわけではありません。

プロ営業マンとして活躍する道を選ぶと、人材価値はかなり高くなるのは確かでしょう。

しかしその一方で、営業活動そのものの価値が低下してしまったときに、何もできなくなってしまうリスクが残ります。

万が一、ニーズがなくなった時のリスクヘッジも考えながらキャリア形成をしていったほうが、将来的にも安心して働くことができます。

営業職に将来性はある?

営業職の将来性

営業職は「プロフェッショナル営業マン」になる以外に道はないのかと悩む人も大勢います。

実際にはプロフェッショナルとして活躍している営業マンはあまり多くなく、キャリアチェンジをして働いているケースが少なくありません。

実は多様なキャリアプランを描くことができるのが営業職と言われており、将来性が高いことで知られています。

営業職は社員教育に最適

新卒が営業職を経験することが多いのは、教育効果がとても高いからです。

売上に直結する「顧客獲得」を仕事にしているのが営業職なので、お金と商品・サービスの取引が行われる現場で貴重な経験をすることができます。

営業業務に携われば、

  • 自社が扱っている商材がどんなものなのか?
  • 顧客にはどのような人がいるのか?
  • 顧客はどのような点を支持しているのか?
  • 商材の問題点はどのような点なのか?
  • 競合はどのような会社や商材なのか?

といった部分を実体験として具体的に知ることができるのです。

このようなリアルな現場を経験していなければ、重要なポストに就くことはできません。

役職者になりたいと思った場合、「営業職として現場を知っている必要がある」ということです。

そのような観点では、営業職を「昇進していく上での登竜門」として捉えている企業もいます。

よって、営業職はキャリア形成をしていくための重要な基盤と言い換えることもできます。

また、ただ昇進していくだけでなく転職したり独立起業したりする道も選べます。

営業職は人脈も広げることができるので、転職や独立のときにもかなり有利です

将来的にこのようなキャリアパス(独立開業)も考慮したい人には、特におすすめの職種と言えます。

関連記事:脱サラで家族を幸せにする方法|私が独立開業(起業)を選んだ理由3選

法人営業マンは市場価値が高い

法人営業マン

営業職にも様々な種類があり、営業の仕方や顧客の種類によって分類することができます。

BtoBの事業を展開している企業では法人営業マンとして働くことになります。

営業の相手が個人か法人かは実は営業マンの市場価値を左右するポイントで、法人営業マンのほうが高価値と評価されているのが一般的です。

法人営業の魅力は顧客企業との密接な関係を築き上げられることで、将来的に転職したいと思ったときにも役立つネットワークを作れます

法人営業の魅力

法人営業では、個人営業に比べて巨額の予算を持っていることから、大きな取引を経験できるケースが多く、目を見張るような実績を上げられることが魅力と言えます。

さらに、既存顧客の担当者になることができるため、売上を独占しやすいだけでなく、顧客側も営業マンに対して帰属意識を持ってくれる可能性が高くなります。

このような市場価値の高さを手に入れたいと考えたら、30代までに経験を積むのが大切です

営業マンの年齢は全体的に若く、20代から30代が主戦力になっているからです。

転職して営業職になりたいと思っても、40代になってしまうと現実的にかなり難しくなります。

営業は体力や気力も要求される仕事なので、年齢を重ねるごとに辛くなるのも確かです。

まだ十分に若い30代までに営業職で実績を作り上げつつ、人脈を広げておくことが大切なのです。

関連記事:営業セミナーを活用するススメ|法人営業の売上アップさせる営業研修

営業はAI化される?

AI

人が担ってきた様々な仕事がITによって効率化されて人の手を必要としなくなってきました。

さらに集中的にAI化が進められている分野も多く、放っておいても最適なことを機械が自動的に行ってくれるようになりつつあります。

営業についてもAI化が進められていくのではないかという話題もありますが、その可能性は限定的でしょう

現在でも、考え方によってはホームページやSNSなどは「24時間常に働き続けている営業マン」と捉えることも可能です。

そのような観点では、インバウンドマーケティングに関わりが深い営業については、AI化が進められていく可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、セールスマンのニーズがなくなるという不安を抱く必要は全くありません。

関連記事:セールスマンと営業マンは何が違うの?一流のトップ営業マンになるコツ

AI化でも営業職がなくなることは無い

ビジネスで最終的な決済をするのは機械ではなく代表取締役などの人間であり、そこに情報が到達するまでには営業マンやセールスマンがいます。

特にBtoBの法人営業では、人と人、あるいは企業と企業の信頼関係によって成立するので、AIがどのように台頭したとしても営業職の需要は絶えることがないでしょう。

ビジネスでは人と人との信頼関係が必要不可欠ということです

むしろ自動化されればされるほどに、営業人材の価値は高くなっていき、その役割が重要視されるようになることでしょう。その結果、求人がさらに増加する可能性もあります。

10年後には、ほとんどの仕事がAI化されたとしても、営業職だけは価値が変わらないとなるかも知れません。

関連記事:テレアポ代行はBtoBの法人営業に最適|営業代行を活用するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる