営業アカデミー

営業はなぜ転職しやすい?営業職に転職するメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業転職しやすいTOP

営業は転職しやすい職業と言われることがあります。その理由は様々ですが、未経験者でもOKという営業職独特の特徴に理由があるかも知れません。

そこで今回は、営業職に転職するメリット&デメリットについてわかりやすく解説していきたいと思います。

営業職に転職したい理由

営業職に転職したい理由

営業職に転職したい人に理由を尋ねると、

  • インセンティブなど収入が多そうだから
  • 営業未経験でも採用されるから
  • 営業職にチャレンジして自分の力を試したいから

という答えが返ってくることがよくあります。

果たして、これらの志望動機は正しい考え方なのでしょうか。

関連記事:営業の転職理由は大切なアピールポイント!大事な志望動機の作り方

営業職は稼げる

まず「営業職は収入が多い」というイメージについては真実だと言えます。

どのような業界を選ぶかということや、本人の努力なども影響されますが、一般論で言えば営業職は稼げる仕事と言えます

営業職が多くの報酬を得やすい理由としては、営業成果が個人の成績として評価されることが挙げられます。

つまり、成果が数値で目に見える形で表わされるので、評価しやすいということです。

そのため、企業や経営者は「田中さんが1,000万円の契約をとってきてくれた」と個人の働きを評価してくれます。

その結果、インセンティブや歩合が支払われ、固定給の他に歩合給を手にすることができます。

関連記事:営業職の給料はいくら?トップ営業マンの年収とインセンティブの決め方

営業職にスキルはいらない?

「未経験でも採用される」というのは、営業職として働くには特別なスキルが必要ないことが理由として挙げられます。

なので、営業経験のない人でも営業職に応募すると採用されるケースが多いです

なぜ営業未経験でも採用されるのかと言えば、売るスキームを仕組み化している企業が多いからです。

つまり、企業が構築した販売スキームに乗っかってしまえば、誰でも売ることができるということになります。

売る為に特別なスキルは不要になりますが、トップ営業マンを目指すのであれば話は別です。

基本から応用まで様々な営業スキルやノウハウを学んで、どんな商材でも売れるというトップセールスにならなければいけません。

関連記事:営業職には本当に将来性がある?転職(就職)が不安な営業マンは必見

自分を試せる職業

さらに「自分の能力を試したい」という動機は、営業職に就職&転職する為に的を射た考え方と言えます。

多くの一般の企業では、みんなで一緒に和を乱さず働くことが求められます。

そのようなぬるま湯に浸かっていたくない「尖った人」にとっては、個人が評価される営業職はとても魅力的です。

営業職であれば結果が数字に表れるので、自分がどれだけやったかが明確にできます

この数字が会社への貢献度になり、自分がこなした仕事量にもなるのです。

つまり、上に挙げた3つの志望動機は、営業職に転職するのであればどれも間違っていないと言えます。

>>【無料】営業職に特化した転職支援サービス|セールス転職エージェント

営業は転職しやすい

営業は転職しやすい

営業職は特別なスキルや経験が要らない仕事なので、他の業界や業種で働いていた人も転職しやすいといわれます。

弁護士や医者になるには国家試験にパスしなくてはいけませんが、営業職になるには特別な資格などが不要です

ですから、採用されるのは比較的容易で、自分の現状に満足できずにいる人には気軽にチャレンジできる仕事なのです。

関連記事:営業職のイメージは最悪|就職&転職前に知っておくべき営業マンの実態

営業職のニーズが増加中

なかでも、成長産業であるIT系企業や人材サービス、介護福祉関係の分野では、営業職の力が求められています。

例えばIT業界ではSaaSやメディア広告枠などを販売していますが、サービス概要を説明してクロージングする営業マンが必須です。

日本では老後の資金調達のため金融商品を購入しようとする人が増加しており、政府もこれの後押しをしています。

これからは金融関係の営業マンを求める企業も増えるでしょう。

営業をするには、扱う商材(製品/サービス)を充分に理解する必要があります

投資信託を売ろうとしている人がいても、金融知識ゼロでは誰もその営業マンから購入したいとは思いませんよね。

営業は転職しやすい仕事ですが、実績を出すためには最低限の努力や勉強が必要なのはいうまでもありません。

また、顧客と信頼関係を構築するコミュニケーション能力や、積極性も重要です。

しかし、営業マンと聞いて多くの人が連想するような、いつもニコニコしている人や押しの強い人だけが成果を出せるわけではないのです。

相手に対する誠意や穏やかな人柄などもビジネスの現場では強い武器になります。

>>【無料】営業職に特化した転職支援サービス|セールス転職エージェント

営業職はきつくて辛い

営業職はきつくて辛い

営業職への転職に魅力を感じても「営業職は辛いのではないか?」と考えて、一歩踏み出せない人も少なくありません。

確かに、営業ノルマが課せられるとそれを達成するために、ストレスを感じることも多いでしょう

調子が悪いと、成果を出すために時間を掛けなくてはいけなくなり、残業など労働時間も長くなってしまいがちです。

新規開拓をしようと意気込んで出かけても、相手に話すら聞いてもらえないこともあります。

営業職は成果が出せれば楽しいのですが、努力しても結果に結びつかないときの悲しさは表現のしようがないほど切ないです。

そんなときは「自分は営業に向いていないのかな?」という弱気な気持ちが頭をよぎったりします。

関連記事:営業職は楽しいけど大変!きつい営業ストレスを面白く感じるコツ

営業職が嫌だと言われる理由

ある程度、営業職の経験を積んで力がついてきた人には、企業を相手とする法人営業が任されるようになります。

大きな企業と交渉する際は、契約金額が大きくなるのでストレスが増えたり、気を遣う場面が多くなってきます。

当然、営業マンは会社の看板を背負って交渉していくことになりますが、それは相手も同じです。

利益を出すためにビジネスの場で戦うわけですから、神経を使い一瞬の判断で知恵を絞って商談をまとめなくてはいけないのです。

しかし、成功したら達成感は大きいので、それを励みに営業マンたちは日々頑張っています。

顧客から誘われれば、休日のゴルフや接待、飲み会なども嫌だと断るわけにはいきません

営業職にはこのようなきつい側面やデメリットがあることも理解しておきましょう。

関連記事:営業職の適正チェック13選|天才的&営業に向いてる人の特徴

営業職にも楽な職種がある

楽な職種

営業職は辛い、きつい面ばかりでなく楽な一面もあります。

特に、飛び込み営業などがない「ルート営業」は、比較的楽な営業職だといわれます。

ルート営業とは、既に顧客となっている得意先を回って営業活動をすることです

ルート営業では、顔なじみの会社や団体を巡って挨拶をしたり、新商品を紹介したりする仕事なので、「営業ノルマを達成しなければならない」という重圧やストレスが少ないと言われています。

よって、新規開拓営業よりも楽しく働くことができます。

>>営業職の副業・複業サイト|side bizz(サイドビズ)

メーカー営業は楽チン?

製造業の会社に営業する場合は「メーカー営業」と呼ばれ、既に納めている製品のメンテナンスや確認、フォローアップが中心の仕事になります。

OA機器のメーカーや複合機のメーカーが代表的ですよね。

つまり、メーカー営業はおなじみの企業を回るルート営業が多いのです

相手は土日などの休日をきちんと取っているホワイトな会社であることが多く、その対応をする営業マンも必然的に休日出勤をする必要がありません。

お客さんとの関係を引き続き良好に保つことが何より大切とされるメーカー営業では、新規契約などの成果を出すことは期待されないため、負担が少ないのです。

関連記事:営業から転職して成功する秘訣|営業職を辞めたい人の転職相談室

代理店営業は楽チン?

「代理店営業」も比較的ストレスが少ない楽な仕事と言われています。

この仕事の内容は、自社の商品を売ってくれている販売代理店を回って、売り上げを確認したりアドバイスを行ったりすることです。

この中には、もちろん新規の代理店開拓も含まれます。

そもそも代理店は自社に属している仲間(パートナー)であり、どちらかというと自社が指示を出す側の立場にあります。

よって、代理店に売り込みを行ったりする必要がないので、いうまでもなく顧客を相手にするよりは気楽です

このように、ルート営業を中心とする営業職は楽な部分が多いと言えるでしょう。

関連記事:代理店営業が辛い理由は?成功する為のコツとやりがいをご紹介!

営業職は自己成長できる

自己成長

営業職には、新規開拓や飛び込み営業、顧客との商談や価格交渉など大変な仕事がたくさんあります。

しかし、そういう厳しい環境に身を置かれたときこそ、人間は成長するのです

「できれば楽な仕事をしたい!」と思うのが人間の性でしょう。

けれども、楽な仕事をするだけでは、人間としても社会人としても厚みを出すことが難しいのではないでしょうか。

自分自身を成長させるために、あえて厳しくても成長できる環境に身を置くこともひとつの考え方です。

関連記事:営業マンの基本マナー&行動|トップ営業マンだけが心得ているルール

営業職は人脈が広がる

営業職に就くと、人の気持ちを汲み取り対応する能力や、人の話を聞きながら自分の考えを説明する力が身につきます。

コミュニケーション力に不安を持っていた人が思いきって営業職を始めたら、人と楽しく話せるようになることがあります。

意外にちょっとしたことで人間は変われるのです。

また、営業職を通じて、「人脈」というかけがえのない財産を手に入れることも可能です

人脈はこれから生きる上で大きな助けをもたらすことでしょう。

これは、営業職の大きなメリットです。

関連記事:営業に転職するなら30代が最高!営業未経験におすすめの職業&職種

失敗を恐れずに挑戦する

どんな仕事も楽しいことばかりではありません。

時には自分が期待するような成果が上がらないこともあるでしょう。

しかし、決して失敗や挫折を恐れて尻込みしてはいけません

なぜなら、失意から立ち上がるときこそ、人が成長するときだからです。

営業職のような成長できる仕事を通じて、自分の人生を充実したものにしましょう!

関連記事:営業職の魅力を大公開!営業に転職する志望動機とやりがい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業職・セールス職に特化した転職支援サービス!

利用料0円!営業職の転職希望者は必見!

 

実績豊富な転職エージェント達が、

業界最多の求人情報からご希望に沿った求人案件をご紹介!

※非公開の求人情報も多数あり!

 

優秀な「セールス転職エージェント」が、

あなたの転職活動を成功に導きます!


詳細を確認する