営業アカデミー

テレアポ代行はBtoBの法人営業に最適|営業代行を活用するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレアポ代行TOP

テレアポ代行という仕事があります。新規見込みとのアポイント獲得をアウトソーシングすることができるので、クロージングに集中したい企業に向いているサービスです。

そこで今回は、BtoBの法人営業に最適な営業代行やアポイント代行の選定ポイントをご紹介していきたいと思います。

テレアポ代行は業務委託(アウトソーシング)

テレアポ代行

テレアポ代行のサービスは、外部へテレアポの業務を依頼するアウトソーシング(業務委託)です。

テレアポ代行サービスを提供している業者はたくさんあります。アポイント代行を専業で行っている会社は多く、特定の業種に強みを持っているテレアポ代行会社も多く見られるようになりました。

営業代行

テレアポ代行はBtoBが多い

アポイント代行を提供している会社には、業界の事情に詳しいテレアポ代行会社がたくさんあります。例えば、ITや不動産、化粧品などで業種特化しています。

このような会社は、テレアポを通じて新規顧客の開拓や見込み顧客へのアプローチといった業務を代行してくれるのが特徴です。

しかし、テレアポ代行サービスのアプローチ対象になるのは、法人(BtoB営業)のみで、個人や個人宅をターゲットにしたテレアポ代行はほぼありません

売上を上げるための包括的なサポートをしている会社もあり、単なるコールセンターの業務を超えたサービスを提供してくれるのが魅力になっています。

専業の会社は営業代行の実績が豊富なので、初めて電話をかける顧客にも、しっかりと話を聞いてもらえるようなトークスクリプトを用意していることが多く、営業代行のプロならではの成果が期待できます。

電話営業のアウトソーシングであるテレアポ代行サービスは、本来やるべき業務に専念したい企業から特に人気があります。

関連記事:セールスレップと営業代行、代理店の違いは?気になる報酬を解説

テレアポ代行は格安で依頼できる

テレアポ代行は格安

テレアポ代行を利用する会社が増えている理由の1つは、電話営業のコストを減らせる為です。

自社でテレアポの電話営業を行うときには、テレアポ要員を確保する必要があります。場合によっては、経験豊富な人材を新たに雇用する必要が出てくるかもしれません。

また、自社の社員にテレアポを任せる際には、外部の講師にトレーニングを依頼しなければならないこともあります。そのようなテレアポ要員を自社で抱えると、稼働した成果に関係なく給料を支払うことが必要になります。

アポが取れても取れなくても人件費(給与)がかかるため、状況次第では採算が合わなくなってしまうこともあるでしょう。

よって、テレアポ業務は外部にアウトソーシングすることが一般的になってきています。

>>新規アポイントを増やしたいなら|side bizz(サイドビズ)

テレアポ代行は成果報酬型

テレアポ代行が利用しやすい理由は、成果報酬型だからです。イニシャルコストが掛からないので、気軽にお試しすることができます。

成果報酬型のテレアポ代行を利用する場合、自社でテレアポ要員を雇うときのような無駄な固定費がかかりません。成果報酬型は一定の実績が得られたときにのみ費用が発生するため、企業にとって合理的と言えます

また、このようなスタイルのサービスは、業務の質が高いのが一般的です。なぜなら、成果報酬型では、アポイントが成立しないと成果報酬が入らないので、ちゃんとしたアポイント設定を行うようになるからです。

プロが行う電話営業は、目的を確実に達成できる可能性が高く、コストパフォーマンスに優れています。

成果報酬型のサービスは、初期費用などが必要ないケースが多いので、まとまった資金を用意しなくてもすぐに利用開始できるのがメリットです。

関連記事:営業代行の成果報酬はいくら?売りやすい商材ランキング5位まで紹介!

テレアポ代行の成果報酬はいくら?

テレアポ代行の成果報酬

テレアポ代行のサービスには、成果報酬型が取り入れられているケースが多いです。

成果報酬型は、アポイントを取った相手と実際に商談ができたタイミングで報酬が発生するのが1つの定義になっています。

例えば、商品提案の営業を行う場合、見込み顧客と電話がつながり、営業訪問などのアポイントが取れて、実際に会って商談できたタイミングで初めて費用が発生します。

この業務の中でテレアポ代行業者が行うのは、商談のアポイントを獲得&設定するまでです。契約締結などの以後のクロージング業務は、クライアントが自ら行います。

関連記事:営業アウトソーシングの種類6選と営業代行の料金&成果報酬

テレアポ代行の費用相場

アポイント代行で発生する成果報酬は、アポイント1件につき15,000円から50,000円ほどが相場です。

テレアポ代行の料金には、完全成果報酬型、固定報酬と成功報酬を組み合わせたハイブリッド型などがあります

成果報酬の金額は、案件の難易度によって若干変わってきます。一般的に難易度が高いのは、経営者や医師に限定したアポイントなどです。

こういった相手のアポイントを代行するときは、電話をかけるスタッフに営業代行のプロとしてのスキルが求められることが多く、成果報酬の料金もやや高くなる傾向があります。

難易度がいくぶん低くなるのが、総務や人事担当、営業担当などへのアポイント代行をするときです。

関連記事:営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

テレアポ代行はBtoB(法人営業)に最適

テレアポ代行はBtoB(法人営業)に最適

アポイント代行がおすすめなのが、法人を対象にしたBtoBです。法人を対象にしたサービスを提供している会社や商材にはテレアポ代行がピッタリです。

そもそもテレアポ代行は、個人向けの商材には余り向いていません。

個人を対象にした営業代行では、

  • 自宅にいる時間が限られる
  • 個人の感情左右される
  • 単価の安い商材が多い

などのデメリットがあるので、そのような観点からもテレアポ代行は法人営業に適していると言えます。

また、事業法人である企業は電話受付の業務がルーティン化しているため、一度作成したトークスクリプトを使いまわすことができます。その為、スクリプト作成コストが追加発生しません。

関連記事:営業支援サービスは使わないと損!?営業代行システム&ツール10選

アポイント

個人宅向けのテレアポ代行は儲からない

実際、個人宅を対象に電話営業をする場合は、相手が確実に在宅している時間帯を狙うのは現実的に難しいケースもあります。

また、在宅していても相手が必ず電話にでてくれるとは限りません。営業の電話を避けるために留守番電話をセットしている人も多いため、何度も電話をかけても一向に相手と話ができないこともあります。

こういった気まぐれな個人をターゲットにした営業代行は、成果を上げるのにも苦労する可能性が十分あります

さらに単価が安い商材となれば、ビジネスになりにくいので、アポイント代行では必然的に個人向け営業が避けられていく傾向にあります。

関連記事:営業代行で起業する前に必ずやるべきこと|独立・開業のコツ&ノウハウ

関連記事:個人でも営業代行はできる?起業方法と営業代行サービスの手数料相場

テレアポ代行会社の選び方

テレアポ代行会社

テレアポ代行会社を選ぶときは、アポ獲得の実績があるかどうかが1つのポイントになってきます。同じテレアポ代行の会社でも、実績にはそれぞれ違いがあります。

公式サイトなどを見てみると、その会社にサービスを外注した企業などがチェックできるかもしれません。クライアントからの評判が良いテレアポ代行会社は、やはり相応の実績があることが考えられます

また、サポートしてもらえる業務内容もチェックポイントの1つです。電話をかけた後のフォローコールや資料の送付などをトータルで請け負ってくれる会社なら、業務の負担を大幅に減らせる可能性があるでしょう。

関連記事:営業代行会社の選び方は?営業代行を使う理由ランキング3選!

関連記事:営業代行の契約書でチェックすべき注意点|失敗しない契約締結

テレアポ代行会社は東京など大都市が理想的

テレアポ代行会社の拠点も、チェックしておいたほうが安心です。業務を依頼する際には、担当者との打ち合わせが必要になります。理想的なのは、東京や大阪、名古屋などの大都市に拠点が設けられている会社です

このような会社なら、打ち合わせがスムーズに進められるでしょう。規模が大きい会社だと、複数の拠点があるケースも少なくありません。

サービスの申し込みはサイトからもできる場合が多いですが、会社の雰囲気などを知るには実際にオフィスに足を運んだ方がよい場合もあります。

テレアポ代行会社を選ぶときには、アクセスしやすい場所に拠点があるかどうかを、しっかりとチェックしておきましょう。

関連記事:営業代行で副業開始!紹介するだけで稼げる営業系の副業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる