営業アカデミー

アポイント代行と営業代行の違いは?気になる料金と仕組みを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アポイント代行TOP

アポイント代行というサービスがあります。

営業のアウトソーシングに活用されるサービスですが、営業代行との違いを理解できていないケースが散見されます。

そこで今回は、テレアポ代行の気になる料金体系や、アポイント代行の仕組みについて詳しく解説していきたいと思います。

>>新しい営業代行サービス|side bizz(サイドビズ)

アポイント代行とは

アポイント代行

テレアポ代行とは、営業代行の一種になります。

アポイント代行の会社は大都市を中心として、全国に存在しており、様々なビジネススキームが存在しています。

しかし、営業代行のビジネスモデルは意外に泥臭くて労働集約型と言われています

多くの会社では時給1,500円ほどでアルバイトを1名採用します。このアルバイトが、商材に応じた顧客リストに対して架電を行い、1時間で単価1万円以上のアポイントを最低1件以上とるという労働集約型のビジネスモデルになっています。

つまり、1時間で「1万円-1,500円=8,500円」が粗利になるという考え方です。

このアポインターの人数が「10人なら85,000円」「100人なら850,000円」と多ければ多いほど粗利が増えていくことになります。

アポイントの質にばらつきがある

テレアポ代行会社のアポインターが、テレアポ経験の長い人であれば良いですが、電話営業の未経験者が架電をしているケースもあります。

そのような場合は、受注に至るアポイントメントが取れるかどうかの保証はありません。

そのような部分を調整しているのが、アポインターを取りまとめるマネージャーの仕事です。

テレアポ代行で働く方の多くはアルバイトの人なので、取れるアポの質には、ばらつきがあるものだと理解しておきましょう

マネージャーがどんなに敏腕でも、相手はアルバイトです。アポ質が劇的に向上することも無ければ、仕事に対しての忠誠心もありません。

関連記事:営業代行の契約書でチェックすべき注意点|失敗しない契約締結

成果報酬型なのでコスト削減になる

ほとんどのテレアポ代行会社では、アポ取りを始める前に商材やサービスに対する前提知識をインプットする、事前研修を実施しています。

商材やサービスに応じたターゲット層に対して、適切なアプローチを実施していくことで、成約に結びつけられる確度の高いアポイントメントが取れるようになるからです。

依頼するクライアント側は、代行会社を活用することにより、自社の社員にアポ取りをさせる時間や手間が無くなり、営業マンがアポ取り後のクロージングのみに集中できるというメリットがあります。

外注を使うことによりコストが嵩むのではと考える方もいますが、多くのテレアポ代行会社では成果報酬型の料金体系が採用されているので、余分なコストがかかる心配はありません。

営業代行

アポイント代行は業務委託

アポイント代行は業務委託

アポイント代行を行う会社の多くは業務委託の形式を取っています。

アポイント代行をサイドビジネス的に提供している会社も少なくはありませんが、アポ取りを専門に行う会社の方が多い傾向にあります

多くの会社では、独自の架電リストやCRM・SFAシステムなどを導入しているケースが多く、商材やサービスに応じた適切なターゲット層への効率的なアプローチを実施することが可能になっています。

契約形態は月単位で行うケースが多く、長い場合は半年のような長期に渡って依頼ができる会社もあります。

関連記事:セールスレップと営業代行、代理店の違いは?気になる報酬を解説

契約形態やサービス内容は様々

アポイント代行業者によっては、個人向けの営業を行う会社から、法人向け営業(BtoB)を行うところに至るまで様々な会社が存在しています。

しかし、アポイント代行はB2B営業に向いているサービスなので、その点は注意が必要です

業務を依頼する形態も、アポ取りのように部分的な依頼から、成約までの一連の流れを一括して委託できるところまでと、目的に応じた様々な形態のサービスが提供されています。

会社によっては電子機器のような専門性の高い商材を扱う代行会社もあったりと、目的に応じて適切な利用ができる点もアポイント代行会社を活用するメリットになります。

アポイントの取得を外部に委託する際は、インターネット上の比較サイトなどを参考にしながら、実際の利用者の口コミや評判を参考にしながら選ぶのが良いでしょう。

関連記事:営業代行会社の選び方は?営業代行を使う理由ランキング3選!

アポイント代行と営業代行の違い

アポイント代行と営業代行

アポイント代行を行う会社の多くでは、新規のアポ取りを行うまでが主な業務になっています。

つまり、商材やサービスに適した見込み客を掘り起こすまでが主な業務となり、成約に結びつくかどうかまではコミットメントしていません。

しかし、営業代行では見込み客の掘り起こしと、受注までをコミットメントしてくれるケースもあるので、提供されるサービス内容をよく確認する必要があります

回線営業などのアウトソーシングの場合は、新規顧客の開拓から申し込みなどに至るまでの、営業活動における一連の流れを委託できるところも少なくありませんが、そのようなケースは営業代行というよりも代理店のスキームが近くなります。

関連記事:代理店とは業務委託と同じ?代表的な代理店制度5種類とその役割を解説

営業代行で起業&副業する人も多い

営業活動を外部に委託(アウトソーシング)するのが、アポイント代行や営業代行システムですが、フリーランスで起業したり、サラリーマンで副業をする人も多くなり、個人が営業代行を請け負うケースも多くなっています。

これは働き方改革の影響と言えますが、パラレルワークやパラレルキャリアを個人が求めている象徴でもあります

個人の就業形態によっても異なりますが、空いている時間を活用して、自身の経験を活かした分野でのアポ取りや契約を行うことで報酬を得る方が増えていく傾向にあります。

殆どの場合は成果報酬や成功報酬で営業代行を請け負っていますので、余分なコストをかけることがなく、自社の営業活動をアウトソーシングしていくことができます。

アポ取りや電話営業の経験が長い人に依頼していけば、短期間で効率的に成約に結び付けられるアポを取れるようになることでしょう。

初めて扱う商材など「売り方が分からない商材」を少ないコストで成約へと結びつけるためには、経験やノウハウが豊富な外部の営業フリーランスを活用するのも良いでしょう。

関連記事:営業代行で起業する前に必ずやるべきこと|独立・開業のコツ&ノウハウ

アポイント代行の料金は成果報酬が多い

成果報酬

テレアポ代行を扱う場合には、どの程度の費用が掛かるかイメージできない方が多いものです。

業務委託形式で活用するテレアポ代行業者の多くは、成果報酬型の料金体系を採用しているものです。

アポイント代行の料金は、初期費用0円が多く、アポイント1件につき10,000円から50,000円ほどの成果報酬が相場です。

成約に至るアポ取りが実現したタイミングで料金が発生する形式になりますので、余分な営業コストがかかる心配もなく、自社の営業マンもクロージングに向けた営業活動に専念することが可能になるのがメリットです。

テレアポ代行の業務委託を依頼するコストは、扱う商材やサービスによっても違っていきます。

経営者向けや病院向け商材など成約に至る難易度が高い案件(商材)の場合は、費用が高額になってしまうのが一般的です。

しかし、アポイントが取りやすかったり、商談に進みやすい人気商材、法人でも総務などアポが取りやすい商材の場合には少ない成果報酬で委託できるようになっているのが普通です

営業代行会社によって架電を行う顧客リストやクロージングを行うためのトークスクリプトも異なっていますので、実際に利用した人の口コミや評判を参考にしながら適切な代行会社を選んでいくのが良いでしょう。

個人向けの架電が得意な営業代行会社か、法人向け(BtoB)の架電が得意なアポイント代行会社かで判断基準も変わってくるものです。

可能な限り少ない費用で成約できる商談の機会を増やすことを目指し、営業代行選びを進めていきましょう。

鮮度の高い架電リストと熟練したアポインターを抱えている業者選択が重要になります。

関連記事:営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

悪徳業者に注意する

悪徳業者に注意する

アポイント代行を請け負ってくれる会社は全国にたくさんあります。しかし、その一部には悪徳業者が紛れ込んでいます。

テレアポ代行というサービスでは成果報酬体系が多いので、アポイントが成立しなければお金になりません

よって、この数を最大化させることのみに集中している業者もいます。

そこでポイントになるのが顧客獲得コストです。顧客獲得コストとは、1件受注する為にクライアントが投資できるコストを意味します。

例えば、100万円の商材であれば、そのうち10万円は先行投資できるというような具合です。

アポイント代行業者と商談すると、この顧客獲得コストを必ず聞かれます。その理由はとても明確です。

関連記事:営業代行の成果報酬はいくら?売りやすい商材ランキング5位まで紹介!

アポイント代行サービスの落とし穴

実はアポイント代行会社には「必ずアポイントが取れる見込顧客リスト」が存在しています。

それは、あなたの会社にもいたかも知れませんが、営業アポイントを断らない人のリストです。

アポイント代行会社がテレアポを実施する中で、毎回アポイントが取れる暇な人が見つかります。この人をリスト化するのです。

このリストでは、どの会社のどの部署の誰というところまでが記載されています。このような人は大抵ヒマな人であり、決裁権も持っていません。

しかし、仕事している感じを出したいので、外部からのテレアポをほぼ受け入れてくれます。

このような人は、テレアポ業者にとってまさに金の卵と言えるでしょう。

よって、顧客獲得コストが10万円などと聞けば、このようなアポ要員を必ず数件入れ込んできます。

実際に相手は暇なので話を聞いてくれますし、アポイント自体は成立してしまいます。

しかし、この部分は目に見えないブラックボックスになっており、クライアントがいつの間にか損をしているという状態になります。

このような無駄なコストが発生してしまうのを避けられないのが、アポイント代行の欠点であり落とし穴と言えます。

成果報酬ゆえに脇が甘くなりがちですが、発注する側が注意すべきポイントと言えます。

難易度が低いのに顧客獲得コストが高い商材は、アポイント代行会社のカモにされがちです。

関連記事:営業支援サービスは使わないと損!?営業代行システム&ツール10選

アポイント代行はBtoBにおすすめ

アポイント代行はBtoBにおすすめ

アポイント代行を依頼する場合は、BtoB営業の商材がおすすめです。

個人向けの商材の場合は、単価が安く、外部にアウトソーシングを行うにしても費用面で割に合わないケースが多いものです。

法人相手の架電とは違い、個人宅への架電の場合には、相手が気まぐれな場合も多かったりと、効率的なアポ取りが難しいケースも多いものです。

そのようなアポイント代行依頼は、業者が儲からないので、そもそも受けたがりません。

法人営業であれば、業務時間中(昼間)は必ず電話がつながりますし、アポイントも取りやすいです

BtoB営業の場合には、個人向けとは違い、電話に出ないということも少ないものです。

個人宅向けの営業で多い、「一日中電話をかけても成約に結びつくアポが取れない」ようなこともありませんので、アポイント代行会社を探す手間も少なくて済みます。

アポイント代行は営業効率が良い

また、法人向け商材でテレアポ代行を利用しても、成約後に継続的な取引が発生するので、将来収益で十分コストを回収することが可能です。

営業代行を上手に活用すれば、自社の社員にアポ取りをさせる必要もなくなり、成約に向けたクロージングの準備や資料作成などの本業のみに集中させることができるようになります

法人向け商材を扱う会社の場合は、コストと手間を削減する意味合いでも、外部の営業代行会社の活用を検討するのが良いでしょう。

営業代行会社によっては、架電結果を開示してくれるところも多くあります。

アポ取り状況を見ながら、営業展開を検討することもできることでしょう。

関連記事:テレアポ代行はBtoBの法人営業に最適|営業代行を活用するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる