営業アカデミー

副業がバレるとどうなる?正社員の副業・兼業マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
副業がバレるTOP

サラリーマンや会社員の副業がバレると色々な問題が発生します。特に会社内での不都合や問題がメインになりますが、就業規則をよく確認する必要があるでしょう。

そこで今回は、正社員が副業・兼業する際の注意点についてわかりやすく解説していきたいと思います。

>>簡単に稼げる副業サイト|side bizz(サイドビズ)

無断で副業するリスクはある?

副業するリスク

会社に無断で副業すると、とても大きなリスクがあります。

副業解禁になっている会社であれば、大きな問題になることはないかもしれませんが、それでも副業に関する細い規定をされているのが一般的です。

例えば、代表的な例としては、競合他社で副業を禁止しているケースが多いです。

競合他社で副業をしていると、会社の内部情報がライバルに流れる危険性があるので、就業規則で厳しく制限されています。

勤めている会社で培った内部技術などを、競合他社に流した場合などは重罪とみなされます

ましてや、勝手に行った副業が原因で、勤めている会社に損失が生じたとなれば、重い処分を下されることは間違いありません。

このように就業規則に違反をしたダブルワークや、副業禁止をした場合のリスクは会社によって異なります。

最悪のケースでは懲戒解雇になることもありますが、軽いものであれば戒告や譴責くらいで済む場合もあります。

関連記事:副業は法律違反?副業禁止の対処方法と処罰対象になるケース3選

副業禁止は会社によって異なる

そもそも副業に対する考え方が会社によって異なるので、処罰の程度も異なっています。

働き方改革によって副業を認める決定をした会社では、無断で副業しても「ちゃんと申告をするように」と注意を受ける程度です。

これは副業を従業員の権利と認めているため、大きなリスクがないパターンです。

一方で、副業を全く認めていない会社では懲戒解雇になる可能性もあります

特に会社に不利益や損害をもたらす可能性があると判断されれば、即解雇されるかもしれません。

リファラル営業募集サイト

正社員の副業がバレた場合

副業がバレる

正社員の副業がバレた場合、在籍している会社で不利益を被ることがあります。

就業規則で副業禁止になっていると、懲罰対象になる可能性もあるでしょう

しかし、会社員がいきなりクビになる可能性は非常に少ないです。

現実的な話として、勝手に行った副業が原因で配置転換や異動になったとしても、就業規則を破ったのであればなかなか反論ができません。

しかし、親の介護費用のためにバイトをしていたという理由であれば、そこまで重い懲罰が無いかもしれません。

そのような正当な理由がなく、他社でサラリーマンとして働いていたとなれば、懲罰対象になるかもしれません。この辺のさじ加減は非常に微妙です。

従業員の働き方改革をしている会社であれば、副業を推進している会社も多いので、無断で副業しても重い懲罰を与えることはほとんどないです。

しかし、顧客情報や情報管理をしっかりしなくてはいけない会社では、副業を全面的に禁止にしています。

特に製薬会社や研究機関などでは、競合他社で副業をすることなどありえないでしょう。

副業解禁が原因で情報漏洩したとなれば、経営者の責任逃れは難しいです。

また、副業をしているというだけで、「他社に情報を漏らしているのではないか?」と疑われる可能性すらあります。

このように、副業がバレたときの対応は、勤めている会社が副業を認めているか否かなどによって、大きく変わっていきます。

関連記事:サラリーマンや正社員におすすめの副業10選

副業がバレる理由

副業がバレる理由

副業がバレる理由として代表的なのが、同僚からの密告です。副業をして稼げるようになると、同僚に自慢したくなるのが人の常です。

新しい収入源ができることで、気持ちが大きくなり、同僚に奢ったり、人に自慢したくなるからです。

しかし、全ての同僚が味方だとは限りません。一人の同僚に話したことが噂になって、会社中に広まっていくことも考えられます。

同僚は密告をしているつもりがなくても、広まった噂はきっと総務部や人事部に届くことでしょう。

このように気軽に話したことが原因で副業がバレる理由になるのです。

副業は住民税に要注意!

副業は住民税でバレることがあります。

住民税は会社から天引きされていることが多いですが、基本的に前年度の給料に照らし合わせて、住民税が決定しています。

それを会社の給料から天引き(源泉徴収)されているのです。

しかし、その住民税の額が急に上がっていれば、会社の経理担当者は不振に思うでしょう。

他に収入がなければ、住民税が上がることは無いからです。

源泉徴収で所得税を引かれているので、翌年以降の住民税に影響を与えます。

基本的に給料が変わっていなければ、住民税は変わらないです。

会社が把握しているのは自社で支払っている給料だけです。

そのため、住民税が上がったときにはすぐに察知できます。

同じ給料をもらっている二人が違う住民税であれば、会社は不振に思うでしょう。

そこが調査するきっかけになるのです。

その事実を会社側が知った時に、副業していることを疑われることになります。

しかし、住民税の支払いを天引きではなく、自分で支払う普通徴収にすれば会社側に気づかれることはありません

ただ、副業を始めたばかりだと知識不足も重なって、そこまで配慮できる人が少ないです。

稼いだお金に税金が掛かることを知っておかないと、会社にバレる一因になるのです。

つまり、住民税の変動を会社が察知できないようにしないと、結果的に会社にバレることになります。

報酬が手渡しなら会社にばれない?

手渡し

副業で稼いだ報酬が手渡しなれば、会社にばれることがないと思っている人がいるかも知れません。

しかし、これはなかなか難しいです。その理由は所得を隠すことになるからです。

年間20万円未満の所得であれば大丈夫ですが、それ以上稼いでいるのであれば、それは脱税行為になっていきます。

そもそも副業とは、そのような違法行為をしてまでするべきことではありません。

関連記事:みんなの副業報酬はいくら?会社や勤務先にばれない為のコツ

副業でも確定申告は必要

副業とはいえ、確定申告は必要です。

確定申告は受け取ったお金を税務署に申告するものなので、利益が出た場合は手続きが必須になります。

ただし、副業で確定申告が必要になるのは年間20万円以上の所得が出たときです

それ以下であれば、申告の必要はありません。

先に源泉徴収されている場合は確定申告によって、税金が戻ってくる(還付される)場合もあります。

申告すべき所得税よりも源泉徴収で支払ったお金の方が多ければ、確定申告することで戻ってくるのです。

先に支払ったお金は確定申告をしないと戻ってこないので、しっかりと確定申告しておく必要があるでしょう。

関連記事:副業収入を非課税にする方法|経費を活用した節税&確定申告

おすすめの副業

おすすめの副業

ここではおすすめの副業を5つご紹介していきたいと思います。

どれも気軽に始めることができるサイドビジネスなので、ぜひ検討してみてください。

  1. 内職
  2. アルバイト
  3. アフィリエイト
  4. 転売(せどり)
  5. 在宅ワーク

関連記事:副職はみんな何してる?おすすめの副業ランキング1位~5位

副業の種類は様々

まず、代表的な副業と言えば内職が挙げられます。

もくもくと作業ができる人にとって、内職は向いている副業と言えます。

特に、時間があって家から出ずに稼ぎたい人には合っています。

内職の種類はたくさんありますので、色々と検討してみると自分に合ったものがきっと見つかることでしょう。

次に副業としておすすめなのが、アルバイトです。

アルバイトは時間で給料が支払われますので、働いた時間で確実にお金をもらいたい人には向いています。

ただし、場所や時間は限られますので、副業でするなら終業時間後か土日、祝祭日に働くことになるでしょう。

関連記事:副業におすすめのアルバイト5選!副業バイトに確定申告は必要ない!?

他にはアフィリエイトという仕事もあります。

アフィリエイトはwebサイトを作ったり、ブログを書いたりするスキル&能力が求められます。

ネット系の副業といえば、実質的にはブログ運営が該当することでしょう。

よって、すぐに稼げるものではないので、ある程度の助走期間が必要です。

稼げるようになるとリターンも大きい副業になるので、それまでの間に時間&コストを投資できる人には向いています。

関連記事:おすすめ副業ネットビジネス5選|パソコンやスマホで月収10万円を稼ぐ秘訣

さらに、ヤフオクやメルカリを活用した転売という副業もあります。

安くモノを仕入れて、高く売るという商売の基本なので、誰でもできることが特徴です。

売れ筋の商品を見つける能力があれば、この稼ぎ方が向いています。

関連記事:初心者でも稼げる転売サイドビジネスのコツ|ヤフオク&メルカリ編

もう一つおすすめなのは在宅ワークです。在宅ワークは名前の通り、家の中で仕事できることがメリットです。

ライティングやデータ入力、アンケート回答などの単純作業になりますが、家から出ずに仕事をしたいという人には、在宅ワークが向いているでしょう。

関連記事:安全に稼げるおすすめ副業|女性や大学生に最適な在宅ワーク

最近人気になっている副業ではリファラル営業があります

副業の難しさとして一番挙げられるのが、「時間管理」についての問題です。

副業に取り組んでみたものの、時間管理ができなくて本業に支障をきたしたり、体調を崩す人が続出しています。

リファラル営業にはこのようなデメリットが発生しない仕組みになっているので、サラリーマンの副業として人気になっています。

リファラル営業では「ノルマなし」「在庫リスクなし」「時間管理不要」「好きな時に稼げる」という特徴がありますので、気になる人はチェックしてみてください。

関連記事:リファラル営業とは何?紹介営業の仕組みや業務内容を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業支援|営業系の副業情報サイト「side bizz」

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、主婦、大学生の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる