営業アカデミー

フリーランスの名刺はどうすればいい?営業に役立つ名刺作成のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フリーランス名刺TOP

フリーランスとして独立起業した時に必要になるのが自分の名刺です。会社員の頃は会社から支給されていましたが、自分の名刺となると話は別です。人それぞれこだわりもあるはずです。

そこで今回はフリーランスの営業に役立つ、名刺作成のコツをご紹介していきたいと思います。

名刺の役割

名刺の役割

社会人なら自分の名刺を持っているのが当たり前で、毎日名刺交換をすることでしょう。

これはフリーランスでも例外ではなく、渡したり貰ったり働いている間に、名刺の重要性を実感すると思います。

関連記事:フリーランサーとしての働き方|フリーランスと自営業の違い

名刺を持つ意味

名刺を持つ意味は、自分に関する情報を端的に相手に伝えることができるという点にあります。これはタイミングを逃さずビジネスを行うためには非常に大切なことです。

名刺のメリットは、1枚の紙に仕事における自分の情報を全て載せられることにあります

名刺を配ることで、長々と説明をしなくとも、自分がどういう仕事をしていて、何という名前で役職の者なのか、わかりやすく明確に相手に伝えることができます。

名刺を配る目的

名刺交換をすれば、それだけで基本的な情報交換もすぐに完了します。個人が主体のフリーランスにとっては、心強い味方が名刺とも言えます。

上場企業に勤務している人であれば、例え名刺がなくても、自分の会社名や役職を相手に伝えれば、社会的な立場や過去の実績がある程度イメージできます。しかし、フリーランスでは全く異なります。

もし名刺を持っていなければ、相手は自分のことを、会話するまでわかりません。ビジネスをする上で名刺を持っていないことは論外だと自覚しましょう。そんな人とビジネスしてくれる会社は世の中にありません。

名刺1枚あればわかる数々の情報をわざわざ話で伝えるのは、時間を無駄に使っているとも思われかねません。ビジネスにおいて時間を効率的に使えないことは大きなマイナスポイントです。

時間の使い方が下手なビジネスマンを信頼し、一緒に仕事をしたいと考える人はそういないでしょう。ビジネスにおいて信頼を得るためにも、名刺は最低限必要なツールの1つだと言えます。

関連記事:営業の名刺入れはどう選ぶ?営業成績に差がつく名刺交換のコツ

名刺に記載すべき項目

名刺に記載すべき項目

名刺にどのような項目を記載すべきかも考える必要があります。名刺1枚の中に情報を記載することで、相手に短時間でいくつもの情報を伝えることができます。

それと同時に、名刺に載せる情報が少ないと、渡す意味自体が薄れます。また、名刺のもつ有効性を活用しきれていないということになります。

かといって、あまりにも情報を詰め込み過ぎると、非常に煩雑でわかりにくい名刺になってしまい、レイアウトも崩れてみた目が悪くなってしまいます。必要なことを過不足なく記載し、かつデザイン的にも美しい名刺を作成しましょう。

氏名、住所、肩書、電話番号、メールアドレス、事業内容などは必ず記載すべき事項と言えます。肩書が複数ある場合はできる限りすべて記載した方が良いですが、もし記載しきれない場合は、ビジネス的に優先順位の高いものから選んで載せるのも1つの方法です。

あるいは肩書別に名刺を分けて作り、渡す相手によって使い分けるのもおすすめです。LINEやface bookはすぐに連絡が取れるSNSツールとして、プライベートだけでなくビジネスの場でも活用されているので、より気軽に連絡できる方法としてIDやQRコードを記載するのも良いでしょう。

また、ちょっとした工夫としては、顔写真を入れると相手は誰からもらった名刺かすぐにわかるようになります。

他にも、裏面は空白のままにするのではなく、事業内容などを記載するとよりスペースを有効活用できます。

フルコミッション

名刺はインパクトが重要

名刺はインパクトが重要

名刺は大量にもらうものです。気が付いたら名刺入れの中やデスクに名刺が何十枚も溜まっていた、などということもあるでしょう。

そんな数多くの名刺の中には、後から名刺に書かれていることを見ても、もらった相手のことが全く思い出せないものもあります。これはフリーランスにとってビジネスチャンスを逃すことにも繋がります。

これを避けるには名刺にキャッチフレーズやアイコンなどを設置してインパクトをつけることがおすすめです。何かしら印象深い名刺であれば、それに絡めて本人のことも覚えやすくなります。

>>フリーランスが副収入を得るなら|side bizz(サイドビズ)

名刺は印象に残ることが大切

印象に残る名刺を考えるのは簡単ではありません。しかし、フリーランスやビジネスマンは様々な工夫をしています。

例を挙げると、印刷業界で使われる名刺は、用紙や印刷を工夫しているものが多くあります。質感のユニークな紙を使ったり、多色刷りや加工などを用いたり、自社の印刷技術を示す1つのアピールポイントとしても有効です。

木に関連する業界は、名刺の用紙を薄い木にすることもあります。美しい木目や木の香りが楽しめる名刺は非常にインパクトがあります。

また、顔写真の代わりに似顔絵を載せるアイデアもよく使われています。写真ではなく敢えて似顔絵を載せることで名刺のユニークさが増し、渡した相手に興味をもってもらいやすくなります。

このように、名刺にインパクトをもたせるような工夫をし、相手に自分を覚えてもらうきっかけづくりをすることが大切です。ビジネスに有利な「売れる名刺」をつくり、ほかの名刺と一線を画しましょう。

関連記事:フリーランスとは個人事業主|副業から自営業として独立する方法

フリーランスは名刺交換しまくる

フリーランスは名刺交換しまくる

フリーランスで働いている場合は、さらに名刺が重要度が増してきます。

フリーランスでは、とにかく名刺を数多く渡すことが大切です。この数に比例してビジネスチャンスが増えていくと言っても過言ではありません。

企業などに所属している場合は、まずそこの企業の人間だという肩書があります。その企業のブランド力によって、一緒に仕事してもらえる場合もあります。

個人の営業努力はもちろん必要ですが、企業としての信頼性が高ければ、たとえ営業担当が変わっても、継続して仕事を依頼してくれることも多々あると言うことです。

しかし、フリーランスには会社という後ろ盾がありません。実績がないうちは、ビジネスの話を聞いてもらう機会をつくってもらうことも難しいでしょう。

関連記事:営業フリーランスが簡単に仕事を獲得する方法|仕事探しのコツ

異業種交流会にも積極的に参加する

フリーランスがチャンスをつかむためには、ひたすら名刺交換をすることです。ビジネスに直結する相手か否かに関わらず、とにかく自己紹介のつもりで、できる限り多くの人に名刺を渡すのです。

ビジネスのきっかけはどこにあるのか誰にもわかりません。全く予想していなかったところからビジネスに発展し、大きな仕事に結びつく可能性もあります。

フリーランスは後ろ盾がない分、自由に動き回れることが強みでもあります。

個人事業主向けの交流会や異業種交流会など、イベントも豊富に開催されています。ぜひ参加者全員と名刺交換するくらいの意気込みで積極的に参加してみましょう。

行動すれば、必ず結果が付いてきます。

おしゃれな名刺をデザインしよう

おしゃれな名刺をデザイン

おしゃれな名刺はそれだけで目を引きます。

目を引くセンスのいいデザインなら、名刺を持っている本人も良いセンスを持っているのではないかという先入観をもたれます。そして名刺の内容にも、真面目に目を通してもらうことができます。

名刺のデザインは初対面の時に会話のネタにもなります。もしほかの何十枚もの名刺と一緒になってしまっても、おしゃれな名刺であれば目に留まります。それだけお洒落でセンスの良い名刺にはパワーがあるのです。

サラリーマンであれば会社に名刺のテンプレートがある場合も多いですが、名刺でビジネスに差をつけたいなら、そのまま使用するのはあまりおすすめできません。

フリーランスの人であれば、ぜひ個性的な名刺に拘って欲しいと思います。

関連記事:副業の業務委託は当たり前?副業フリーランスという自由な働き方

外部のデザイナーを活用する

自分にデザインセンスが無いのであれば、センスのいい名刺をデザイナーに作成してもらうのも良いでしょう。

自社にデザイナー職のスタッフがいる場合は、自分の考える名刺のイメージを伝えながら専門的な視点でも意見を聞き、名刺デザインを考えてもらうのも1つの方法です。

渡した相手にセンスが良いと思ってもらえるような名刺を作るため、第三者の意見を取り入れるのが有効です。この観点からも外部のデザイナーを活用する価値はあると言えます。名刺はビジネスの顔とも言える重要なアイテムです。

おろそかにしてせっかくのビジネスチャンスを逃してしまわないよう、記載する情報やデザインなどをしっかり考え、自信をもって渡せる1枚を用意するようにしましょう。

関連記事:営業フリーランスとして独立・起業するには?求人や募集の探し方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立起業の支援!新規商材探しなら「サイドビズ」

起業や独立を目指すなら「サイドビズ」を要チェック!

サイドビズを利用すれば、一気に100商材以上の仕入れが完了

 

起業準備に役立つ情報が盛りだくさん!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる