セルフブランディングの正しいやり方|起業する為に必要な戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブランディングTOP

セルフブランディングはこれからの時代に求められる手法と言われています。しかし、そのやり方を理解している人は少なく、手探りな状態が続いています。

そこで今回は、セルフブランディングをする意味や方法、そこから起業する道筋などをご紹介していきたいと思います。

セルフブランディングする意味とは?

セルフブランディングする意味

セルフブランディングという言葉が頻繫に聞かれるようになってきましたが、その意味や使い方について興味関心を抱くビジネスマンや個人事業主の方も多いのではないでしょうか。

そもそも、セルフブランディングとは読んで字のごとく、自分自身をブランド化する方法です

「自分自身をブランド化する」というと、いかにも難しいのではと思う人もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。ある程度の知識と経験を持ち合わせていれば、誰にでも成功を手中におさめることは可能です。

もちろん、特別な資格や多くの資金を用意することも不要です。

関連記事:「売れない営業マン」と「売れる営業マン」の違いを3つまとめてご紹介

有名人でなくてもセルフブランディングはできる

このようにセルフブランディングへの関心が高まっている背景には、ネットワーク環境の整備により個人でもブログやSNSなどを通じて、簡単に自分の意思や発想をアピールすることができるようになったことが挙げられます。

パソコンはもとより、スマホやタブレット端末があれば、自分の考えや強みを世界中に発信することができます。この点が従前とは格段に異なるポイントといえるでしょう。

情報化社会の躍進により、起業や独立開業をすること自体のハードルも下がることになりました。極端にいえば、ネット環境さえあれば誰でも起業や独立開業のチャンスがあると言っても過言ではありません。

独立・起業

セルフブランディングのやり方

セルフブランディングのやり方

「セルフブランディングを成功させるにはどうすればいいかわからない」と迷う人は多いことでしょう。

むろん、むやみやたらに挑戦すれば良いというものではありませんが、過度に構える必要もありません。自分の得意分野や特徴などについて冷静に分析ができていれば、やり方次第で好成績を残すことは十分に可能です。

テレビやネットなどのメディアを通じて、セルフブランディングを目指す人のセミナーなどの開催の話題が多く取り上げられています。

セミナーや説明会などに参加することは決して悪いことではありませんが、自分にとって有用な内容か否かを見極める必要性があります。明らかに自らの目指す方向性と異なるものであれば、参加しても時間が無駄になるだけです。

自分自身の強みを分析&理解する

セルフブランディングをしていく上で大切なのは、「自分自身の何をブランド化するか?」という点を考えることではないでしょうか。

他者に負けることがなく、世の中のニーズに合致する自分の強みは何なのか?と真剣に考えることで、その答えはおのずと出てきます

セルフブランディングの失敗例として見られるのが、服装やヘアスタイル、メイクアップなどの外見や出で立ちの違いを際立たせようとする試みです。見た目の良さをアピールしたところで、モデルや芸能人でなければビジネスとしての成功につながる可能性は低いと言えます。

仮に見た目のインパクトで一時的に人気を集めることはできたとしても、中身が無いので直ぐに飽きられてしまいます。

>>自分自身の価値を上げたいなら|リファラル営業サイトside bizz(サイドビズ)

有名人のセルフブランディング

有名人のセルフブランディング

これからセルフブランディングを考えるビジネスマンや個人事業主の多くが参考にすべきなのが、有名人のセルフブランディングかもしれません。テレビや映画、ネット上などで活躍する有名人ともなれば、自らのブランド化には長けているといえるでしょう。

そもそも、有名人になるためには、多くのファンやマニアと呼ばれる人に支持されなければなりません。派手な謳い文句や大袈裟なパフォーマンスを繰り返すだけでは、ただ目立つだけで、確固たる支持を得ることは難しいと言えます。

セルフブランディングに成功しているミュージシャンやアーティストは多くいますが、共通しているのは、唯一無二の実力(独自の強み)を持っていることではないでしょうか。具体的には、その人以外に代わりが務まらないという魅力や存在感になります。

絶対的&究極の価値を持つことが、セルフブランディングの成功を引き寄せるキーワードといっても良いかもしれません。

芸能人のセルフブランディング

有名人の中には、自らの成功体験などの本を出版するケースも多く見られますが、その中でも、売り上げを伸ばしているのは、自らのブランド化を確立し絶対的な価値が認められている人に限られます。

そのような有名人はオンラインサロンを開設し、熱心にファンを集めてコミュニティを形成しています。この状態は、固定の信者とも言えるコアなファンがいることを意味します

反対に、いくら文章力に優れていて面白い内容の本であっても、セルフブランディングが失敗に終われば、ファンはついてこないというのが現実です。

痛いセルフブランディングの例

痛いセルフブランディング

「痛いセルフブランディング」という言葉を良く耳にしますが、これからセルフブランディングを目指す人であれば、この辺りは理解しておきたいところです。

ここでいう「痛い」というのは、つまり「無理をしている」と置き換えることができるでしょう。言い換えれば自分の実力以上のことをしようとしているということです。

いうまでもなく、セルフブランディングを進めていく上では、マーケティングやデザインの力を活用することになりますが、そもそも、自分が考えて生み出したものでなければ、長続きしないことは容易に理解できます。火を見るよりも明らかと言えます。

よって、安易な発想や考え方では多くの支持を集めることはできません。

成功している人の真似や模倣も痛いセルフブランディングと言わざるを得ません。他人が発したカッコいい言葉や気の利いた謳い文句などをそのまま引用するというケースも多く見かけますが、これも明らかな失敗です。

まず第一に自分が考えを巡らして生み出した言葉や考えでなければ、説得力に欠けてしまいます。万一、記事に興味を持ってくれた人がいた場合でも、まともな受け答えができるとは思えません。

セルフブランディングを本物にするためにも、自分の言葉、自分の本心であることが重要です。

起業するならセルフブランディングが必要

起業するならセルフブランディングが必要

終身雇用や年功序列などの日本に見られた雇用体制が崩れ、ますますビジネスマンや個人事業主の一人一人の力が試される時代になってきました。ワークライフバランスや働き方改革などの取り組みも見られ、雇用のあり方も多様化しています。

そんな中、起業や独立開業を目指す人も急増中です。自らの力でビジネスを成功させるためには、セルフブランディングが何よりも重要といえるでしょう

自分自身の得意分野や強みを徹底的に活かし、なお且つブランド化することができれば、高確率で成功を手中におさめることが可能です。

関連記事:独立するための準備&必要なこと|起業を失敗させない為の心得

セルフブランディングの戦略が重要

従前のように、一流企業に入社してしまえば生涯安泰などということはありません。グローバル化が進んだこともあり、より不確実性が増しているのも現実を取り巻く環境といえるのではないでしょうか。

いつ何が起きてもいいように、日頃からセルフブランディングを意識しておくことも有用なことです。企業や組織の一員でありながらも、「これだけは絶対に誰にも負けない」や「この仕事は任せておけ」などのような分野を持っておくことも大切です。

極端にいえば、いつでも起業できるような覚悟を持っていることが大切です。その覚悟こそが自らの成長を後押ししてくれることでしょう。

その為にも常にセルフブランディングを意識して行動するようにしましょう。

関連記事:マイクロ起業で自由に生きる方法|マイクロ起業家におすすめな業種5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独立起業の支援!新規商材探しなら「サイドビズ」

起業や独立を目指すなら「サイドビズ」を要チェック!

サイドビズを利用すれば、一気に100商材以上の仕入れが完了

 

起業準備に役立つ情報が盛りだくさん!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る