営業アカデミー

プレイングマネージャーの役割とは?必要とされるコツやスキル8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プレイングマネージャーTOP

プレイングマネージャーとは営業とマネジメントの両方を担っている役割の人を言います。しかし、プレイングマネジャーはとても辛い仕事と言われており、その役割も多岐に渡ります。

そこで今回は、プレイング・マネージャーという働き方にフォーカスして解説していきたいと思います。

>>営業職の副業&複業サイト|side bizz(サイドビズ)

プレイングマネージャーに必要なスキル

必要なスキル

プレイングマネージャーとは、「プレイヤー+マネージャー」の言葉で、事業責任者や執行役員、スポーツの世界では選手兼任監督と呼ばれたりしています。

成長著しい会社には、「優秀なプレイングマネージャー(PM)」がいるというケースが多いので、ある程度認知されていると思います。

その人はこれまで素晴らしい実績を出してきており、会社への貢献度も高く、所属している会社から認められたからこそ「プレイングマネージャー」という地位を任されているのだと思います。

つまり、目指すべき将来のキャリアは社長や役員レベルといえるでしょう。

企業にとってプレイングマネージャーを設置するメリットは、

  1. コスト削減
  2. 業務効率化

の2点が挙げられます。

本来は「プレイヤー」と「マネージャー」の2人が必要な業務を、1人に担わせることで、企業としてはコスト削減が実現します。

それ故に、プレイングマネージャーには、高いレベルの「マネジメント能力」と「営業スキル」が同時に求められます

その為、必要とされるスキルの全てがチームメンバーのお手本として評価される必要があります。

以下がプレイングマネージャーに求められる代表的なスキルになります。

【最低限必要とされるスキル】

  1. チームを率いるリーダーシップ力
  2. 適切な指示が出せる判断力
  3. 会社からの指示を正確に伝えられる共有力
  4. 信頼関係を構築できるコミュニケーション力
  5. 取引先にサービス企画をする提案力
  6. しっかりとクロージングできる営業力
  7. 社内外での交渉力
  8. 行動に移せる実行力

他にも特筆するような特殊な技術やスキル、資格などを持っていると、部下から尊敬される可能性があります。

当然のことながら、部下は上司が自分より劣っていると思えば命令も聞き入れませんし、ついて行こうとは思いません。

なので、全てのスキルにおいて「部下より優れている」ことが理想的ですが、高いレベルで安定していることは最低条件と言えます。

不足している能力は補うように常に努力しましょう。

関連記事:営業マネージメントの具体的方法|営業マネージャーの組織強化プロセス

プレイングマネージャーは信念が大切

プレイングマネージャーは、「自分に厳しい」という側面が求められます。

やはり、自分を律するということは、部下を持つ上で非常に大切な要素になります。

その理由は明確で、マネージャーという部分だけをみれば、実質的には「経営者」の立ち位置になるからです。

部下を指導・教育する立場としては、厳しく接しながらも、日常業務を教えていくことになります。

そんなとき、自分だけに甘い姿を見せてしまうと、「口だけの頼りない上司」と評価されてしまいます。

例えば、目標達成する為にがむしゃらに実践するような姿を見せるだけでも、部下の心を打つ可能性があります。

また、「勉強熱心」であることも部下から信頼されるためには必須のスキルといえます

「自分の能力に限界はない!」と一生懸命勉強して日々自己成長をしていれば、謙虚な気持ちになれるので、役職の違いによる傲慢な態度が表に出てくることはありません。

そうすれば、謙虚でありながらも確固たる信念を持つことができます。

そうなると部下は、「この上司と一緒に会社を大きくしたい!」と自然に思えるようになるのです。

関連記事:部下に慕われる上司になる方法|部下がついてくるコミュニケーション術

プレイングマネージャーの基本思考

基本思考

プレイングマネージャーを担う上で、基本となる考え方があります。

それは以下の3点になります。

  1. 部下を動かす
  2. チーム力を高める
  3. 生産性を上げる

ここではこの3点について、詳しく解説していきたいと思います。

部下を動かす

まず、「部下を動かす」ことについて解説していきたいと思います。

当たり前の話ですが、ビジネスは1人でするよりも、10人、100人と大人数で仕事をした方が効率が良くなります

よって、仕事とは「大勢の人が一つの組織になって行うもの」と言い換えることができると思います。

その為に必要なことが部下のマネジメントです。

大変有名な書籍に「人を動かす」というデール・カーネギーの本がありますが、いつの時代も部下を動かすことは難しいと考えられてきました。

まだ読んでいないビジネスマンには、ぜひオススメの名著になりますので、リンクを記載しておきます。

>>【amazon】人を動かす

もし上手く部下を動かすことができれば、自分一人で仕事をするよりも格段に生産性が向上します。

仕事とは、「いかに業務効率化をするか?」なので、名著はこの部分を改善する為の重要なエッセンスになるはずです。

関連記事:見込み客とは潜在顧客(リード)|優良な見込顧客の見つけ方&集め方

チーム力を高める

チーム力を高めるということは、生産性を高めることではありません。

チーム力とは「絆」を意味します。

つまり、チームメンバー全員が参加してお互いに助け合ったり、一緒にゴールを目指す意思のことを言います。

このチーム力が無ければ、決して強い組織にはなりません

その為に重要な要素は「マネジメント」と「リーダーシップ」になります。

「マネジメント」と「リーダーシップ」を理解する

マネジメントとは、ざっくり言うと「現状維持させる力」を言います。

つまり管理能力を意味しますが、最低でも組織を現状維持させることが目的になっています。

実は、大きな組織になればなるほど、現状維持が難しくなっていきますので、このマネジメントの能力が必須になってきます。

また、リーダーシップとはビジョンを掲げて、組織を引っ張っていく統率力を言います。

このリーダーシップは先天的な要素が強いので、乏しい人は努力して身に付けるようにしましょう。

関連記事:新規営業の種まきセオリー|できる優秀な営業マンの特徴と共通点

生産性を上げる

マネージャーとして組織を率いていく以上、今よりも生産性を上げていかなくてはなりません。

逆に生産性が下がるようであれば、マネージャーとしては二流ということになります。

それでは、どんなやり方をすれば生産性を上げることができるのでしょうか。

それは前述した「部下を動かす+チーム力を高める」ということが鍵になっています。

やはり、どんなに優秀な人でも、自分一人で全ての仕事をしているようでは100%の実力が発揮できません。

なので、生産性を上げようとすれば、自分以外のリソースを有効活用することが重要になってきます。

具体的には、担当者を決めながら分業していくということになります。

例えば、自動車を製造しようとした時、自分一人で全ての工程を行ってしまうと一日に製造できる自動車はせいぜい1台が良いところでしょう。

しかし、部下と分業して各作業に特化した担当者制を採用することで、生産性が飛躍的に向上します。

理想的には、メンバーが勝手に動く最高のチーム作りをおすすめします。

関連記事:営業に才能は関係する?結果が出ない凡人と優秀と言われる天才の違い

プレイングマネージャーの役割

プレイングマネージャーの役割

プレイングマネージャーに求められる役割の中に「人材育成」が挙げられます。

自分が営業を回って成果をあげるだけなのであれば、プレイングマネージャーではなく、ただのプレイヤーになってしまうので注意しましょう。

マネージャーであるからには、部下の特性を理解しながら、管理・育成することが必要になってきます

自らが率先してトップ営業マンとしての姿勢を見せながら、部下に指導・教育を繰り返しながら、一人前の営業マンに育て上げていきます。

プレイングマネージャーの立場になると、組織(チーム)としての実績で評価されるようになるため、極端な話では自分の実績はあまり関係なくなります。

逆に言えば、常にチームの状況を把握&認識していることが求められるのです。

すでに個人としての実績を作り上げてプレイングマネージャーというポジションになったはずなので、これまで培ってきたノウハウを部下に伝承するために、多くの時間を割くことが必要になります。

関連記事:報告・連絡・相談の違いを徹底解説|上司にはどこまで報連相する?

部下の模範になる

プレイングマネージャーは事業責任者になるので、いかに強い組織を作っていけるかが重要なポイントになります。

そこにはスキルだけではなく、「人間力を身につける」ことによって、強い組織が作られるということを理解する必要があります。

よって、常に部下の模範となるような姿勢が求められますし、勉強することも休むことができません。

読書をして知識を取り入れたり、外部の人と交流したりするので、日常業務に忙殺されることもしばしばあります。

しかし、プレイングマネージャーになれば、その分の高い給料&賞与が十分期待できます。

関連記事:できる営業マンの共通点とは?優秀な営業マンの特徴&思考を徹底解説

優秀な部下を育成する

プレイングマネージャーは、経営者の視点で自分の後継者となり得る、優秀な社員を育成しなければいけません。

逆に言えば、それができないと、自分が昇進・昇格することが難しくなります。

しかし、部下の育成はそう簡単なものではありません

なぜかというと、部下は生身の人間なので、それぞれ価値観や考え方が異なっています。

なので、入社時や人事・採用活動から関わっていない場合には、とても大変な業務になると思います。

しかし、仕事に対する考え方や熱意、仕事への取り組み方などが正しく伝わっていないと、会社にとって悪い影響を与える存在になってしまう可能性があるので十分注意しましょう。

そのようなトラブルメーカーにならない為に、会社や社長の代弁者となって、部下にやる気や働き甲斐を持たせることが求められているのです。

補足的な話になりますが、ビジネスライクな関係でなく、プライベートでも連絡を取り合って、信頼関係を構築することでさらに強い絆になっていきます。

関連記事:優秀な営業マンの共通点3選|他とは違う一流営業マンの特徴

コツは組織の能力を上げること

組織の能力を上げる

プレイングマネージャーは自分自身のスキルが高いので、どうしても自分で処理したくなってしまいます。

部下の慣れない様子を見ていると、経験豊富なプレイングマネージャーはついイライラしてしまって、「もういい!俺がやる」と何でも自分でやってしまうのです。

しかし、これは新米マネージャーが陥る罠なので、それだけは絶対に避けるようにしましょう

このようなことをしてしまうと部下のやる気は下がりますし、スキルの向上や経験値も期待できません。

何よりも、チームの底上げができず、一向に自分が楽になりません。

また部下達が、「自分達のことを全く信用してないんだな…」と勘違いしてしまう危険性すらあります。

このような状況になってしまうと、チームは崩壊したも同然で、良い実績や業績など出せるはずがありません。

具体的な施策としては、まず部下を信用することから始めましょう。

チームとして最大効率化する為には、部下を信頼して、チーム一丸となる必要があります。

そして、プレイングマネージャーの視点(基準)で部下を評価せず、各社員のレベルで評価することが大切になります。

もっとわかりやすく解説すると、「減点方式ではなく、加点方式で評価する」ということになります。

このような意識をするだけで、部下の長所や短所、良い部分が浮き彫りになってくるのでチーム作りにも活かすことができるようになります。

関連記事:営業職のコツは気合と根性論ではない!?売れる営業マンのスキル3選

成功することは難しい?

プレイングマネージャーは難しい?

プレイングマネージャーとして与えられた仕事を、全て達成することはかなり厳しいものがあります。

業務内容が多岐に渡るのがプレイングマネージャーの特徴なので、

  • 戦略策定
  • 販売計画
  • 管理運営
  • 教育指導

を一手に引き受けなければなりません。

難しいポジションなのは言うまでもありませんが、それだけ会社の中枢を担っている重要なポジションであると言えます。

とはいえ、会社をうまく機能させるには、業務をひとりに集中させることは得策ではありません。

全てできるようにすることは理想的と言えますが、すべてを同時にする必要は本来ないからです。

役割の分担は、プレイングマネージャーの役目を正常に機能させるために重要なポイントになります。

最初のうちは、業務を任せることができず部下の育成に時間を取られてしまいがちですが、長い目でみたときには、部下が成長すれば業務の分散化が実現できます。

そうなれば、プレイヤー&マネージャーとしての本領発揮ができる為、企業としても大きなメリットが期待できます。

プレイングマネージャーとして本来のやるべきことに集中する為には、役割分担して部下にタスクを与えることも重要な業務のひとつになるということです。

関連記事:無能な営業&上司で組織が崩壊する|有能な営業マンになるコツ

プレイングマネージャーは時間管理が重要

時間管理が重要

プレイングマネージャーには多くスキルを多く求められるので、肉体的&精神的にストレスが溜まりやすいポジションだと言われています。

その為、会社に貢献しているという「充実感が無い」という特徴が挙げられます。

役割をこなしているだけなので楽ですが、それではすぐに飽きがきてしまいます。

そのようなストレスをあまり感じない為には、ダラダラ仕事するのではなく、時間管理をすることが重要になります。

  • 販売
  • 管理
  • 教育
  • 指導

をする役割を与えられている上に、高度なスキルまで求められてしまうと、ベストパフォーマンスを出すことが難しくなってしまいます。

その為に、時間管理をすることが大切になります。

関連記事:営業職として大切なスキル&テクニック|優秀な営業マンに共通する特徴

仕事に優先順位をつける

時間管理は、学生時代の「時間割」に似ています。

社会人になると物事が流動的に動くので、毎週決まったスケジュールは作れません。

しかし、やるべき事に優先順位をつけて、「この時間に●●をする!」とはっきり決めてしまえば、あとはそれを行動に移すだけです

やることが多いからといって、いくつか同時並行でやろうとしても、「結局何も進まなかった…」というケースは往々にしてあります。

部下のスキルアップを目指したいなら教育に集中し、管理が必要なら現状の把握に努めるなど、今やるべきことを明確にして、そこに意識的に集中することこそが本当の時間管理になるのです。

よって、ポジションが上になるほど時間管理が重要になっていきます。

関連記事:時間管理を意識すれば売上が増える?タイムマネジメントのツール5選

プレイングマネージャーに限界を感じたら

プレイングマネージャーに限界を感じたら

プレイングマネージャーになったのに、「結局自分でやるのが一番早い!」と言って自分ひとりで全部やり切ってしまう人がいます。

しかし、これは全く意味がなく、絶対に避けなけばいけない状況だといえます。

せっかくプレイングマネージャーになったのに、プレイヤーに逆戻りしてしまうこの現象は様々な現場で起こりがちです

実際、自分が残業してまでやろうとすると、部下や会社に対しての不満が高まり、マイナスの感情しか出てこなくなります。

そうなるとストレスが溜まり、体調不良になってしまうかもしれません。

それでも休めないとなると、「しんどい」「辞めたい」という気持ちがだんだん大きくなってくる可能性があります。

ですが、いったん立ち止まってよく考えないといけません。

それは、

  • 現状を打破しようと何か改善策を練ったのか?
  • アクションを起こして、自分から変化を作ろうとしたのか?
  • 部下を上手く活用する手法を考えたか?

という点についてです。

プレイングマネージャーの本質は、「マネージャー部分」にあります。

この仕事を放棄することは、もはやプレイングマネージャーに値しない働き方といえます。

関連記事:営業がしんどい&辞めたいと言うのは甘え|営業が辛い時の対処方法

部下を活かすことを考える

「なぜ部下を使うのか?」、実はこの質問に答えるのはとても簡単です。

部下を使う理由とは、

  • 自分のパフォーマンスを最大化させ
  • 会社への貢献度も最大化させる

ことができる為です。

今いる人材と課題を把握して、リソースを最大限に有効活用し、最大効率を追求することこそ、プレイングマネージャー本来の仕事といえます。

ストレスを溜め込んで、しんどい現状を嘆くことはとても簡単なことです。

ただ、プレイングマネージャーに限界を感じて投げ出してしまうのは、社会人、ましてや役職者としてあるべき姿ではありません

一人でやることにこだわる必要はないので、部下を育成&成長させることによって、自分の分身を増やす方法だって考えることができます。

つまり、サラリーマン的な考え方ではなく、経営者的な考え方に発想を転換させなければいけません。

部下の成長度合いによって、ある程度の権限移譲をすることだってできます。

両立が難しいと言うのであれば、どうやって解決できるかを考えることが大切なのです。

そして、解決するための行動を起こすことが「本質的なプレイングマネージャーの仕事」と言えるでしょう。

ここまで解説してきたコツやノウハウをぜひ参考にして、ぜひあなたの事業を成功させてください。

関連記事:営業職の適正チェック13選|天才的&営業に向いてる人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる