営業アカデミー

副収入は安全&確実に稼ぐ|サラリーマンや主婦が月5万円稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
副収入TOP

副収入を得ている人は少なくありません。その代表的な例が不動産所得や株式投資などでしょう。しかし、できるだけ安全&確実に稼ぐ方法もあります。

そこで今回は、副業で月5万円儲かる方法について解説していきたいと思います。

>>簡単に稼げる副業サイト|side bizz(サイドビズ)

副収入を得る人が増加中

副収入を得る人が増加中

本業の収入だけで十分という人もいますが、多くの人はもう少し収入を増やせないかと考えています。

その最も現実的な方法が、副業による副収入です。

本業以外に副収入が得られれば、家計も助かるし、自分の趣味に使うお金も増えます。

そういう観点から副業で副収入を得る人が増加しています。

ただ、副業をするということは、それだけ時間も取られますし、体力的な消耗もあります。

しかし、その努力をしてでも、副収入を得たいという人が多いのでしょう。

関連記事:副職はみんな何してる?おすすめの副業ランキング1位~5位

副業解禁でサラリーマンが動き出す!?

厚生労働省が副業に関するガイドラインを発表したことを受け、多くの企業では副業解禁への動きが加速しています

本業だけに従事するのが最も理想的な働き方だとされていたのが変わり、副業や兼業を行うのもよしとされるようになったのです。

このため、サラリーマンなどを中心に副業に携わろうとしている人が増えました。

実際に、副業を支援するサイトや企業も多くあり、副業自体とてもしやすくなっています。

今後はサラリーマンも積極的に副業探しができるようになり、探せばきっと良い副業が見つかる可能性も大きいです。

したがって、副業環境という点で恵まれているのが現代の日本と言えるでしょう。

もし本業の収入だけに満足できない人がいたら、遠慮せずに副業に手を出しましょう。

まずは、行動することが大切です。

関連記事:副業解禁しない会社はヤバい?副業を解禁した大企業40社の目的と理由

副収入で5万円稼ぐ方法

副収入で5万稼ぐ方法

副業でいくら稼ぐことができるかは、副業の種類、副業に携わる時間などによっても違ってきます。

副業をしたことがない人は、せいぜい2、3万円稼げればいいのではないかと思っているかもしれません。

しかし、昨今の副業事情を考えると、もう少し高い収入(月5万円)を稼ぐ方法もあります。

特に、最近はネット副業といって、パソコンやスマホだけあれば簡単に副収入を得る方法も確立されているので、月5万円という数字も決して達成不可能な数字ではありません。

では、どんな副業で月5万円稼げるのか見てみましょう。

月5万稼げるネット副業

まず、パソコンやスマホでネット副業をするには、その基本操作を習得しておく必要があります。

それができたら、自分に合った副業選びをしなければいけません。

一口に副業といってもさまざまな形態があり、その選別だけでも大変ですが、主な副業やサイドビジネスを挙げてみましょう。

  • クラウドソーシング
  • 仮想通貨(暗号通貨)マイニング
  • 株式投資やFX投資
  • 在宅コールセンター
  • データ入力(ライティング)
  • テストの添削・採点

このうちネット副業に該当するのもありますが、ある程度スキルがあり、時間も投入できるのなら、月5万円という収入は現実的です。

場合によったら、月5万円以上稼げるケースも十分あります。

関連記事:ネット副業は儲からない?サイドビジネスで月収50万を稼ぐ方法

副収入はクラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシング

月5万円稼げる副業としてクラウドソーシングを紹介しました。

そのクラウドソーシングは大変充実していて、その種類も豊富です。

ネットで検索すればおわかりになると思いますが、いくつも種類があって選択に迷うほどです。

また、どのクラウドソーシングのサイトを覗いても、自社の優れた点を訴えています。

したがって、どのサイトも利用したくなるでしょうが、ここではそんな中からクラウドワークスサイドビズを紹介していきましょう。

関連記事:クラウドソーシングの副業は稼げない?初心者でも安心できる仕事

クラウドワークスとは

クラウドワークスとは、総合系のクラウドソーシングサービスと言われており、様々な企業が多様なジャンルで仕事の依頼をしています。

その内容は様々で、以下のような案件を受託することができるようになってます。

【依頼されている仕事の一例】

  • 名刺のデザイン依頼
  • キャラクターの作成依頼
  • プログラミング(システム開発)の依頼
  • データ入力、記事作成(ライティング)の依頼
  • ECサイト、ネットショップ構築
  • アプリ、スマートフォン開発

「クラウドワークス」に登録、仕事へ応募するにあたっては費用が一切かかりません。

ただし、それでは「クラウドワークス」側の収入がないので、システム利用料として報酬額から5~20%が差し引かれます。

報酬が多くなると、このシステム利用料の割合は低くなるので、可能ならば頑張って報酬額を増やしましょう。

そして「クラウドワークス」の仕事内容ですが、「仕事カテゴリー」という欄からさまざまな職種を選べるようになっています。

多様なジャンルが用意されているので、比較的容易に自分に合った副業の検索が可能です。

サイドビズとは

side bizz(サイドビズ)とは、営業系のクラウドソーシングサービスで、営業マンや個人事業主、法人が誰でも簡単に代理店として無料登録することができるサイトです

これまで営業マンの副業といったものは少なく、選択肢が無かったですが、営業系の副業支援サービスが出てきたことで、営業フリーランスとして活躍することができるようになってきました。

営業といっても実際のお仕事は「紹介営業」なので、掲載企業に対して見込み案件を紹介するだけで報酬が発生する仕組みになります。

その金額は数千円~数十万円まで幅広く、報酬の支払い形態によっても異なります。

紹介営業では、ほんの数分で5万円以上を稼ぐことも十分可能なので、効率良く儲かる副業という意味では最有力候補ではないでしょうか。

副収入の税金

副収入の税金

副業収入を得られたら、税金を支払う必要があります。

サラリーマンの場合、本業の収入の税金は天引きによって納められているので確定申告をする必要はありませんが、副業の収入となるとそういうわけにはいきません。

もし確定申告の手続きを省略すると、追加の税負担が生じるなど決していいことはありません。

副業収入が得られたからといって喜んでいるだけでは済まないのです。

といっても、課税がされる額には決まりがあるので、その金額を見てみましょう。

副業で課税がされる所得の額は、必要経費を差し引いた場合で年に20万円超となったケースです

したがって、副業収入が少なく、それほど得をしていない人は確定申告の必要はありません。

では、必要経費とはどのようなものを指すのかというと、業務に関連する経費(業務に必要な経費)や、業務遂行上やむを得ない借入金やその利息、修繕費などが該当します。

簡単にまとめると、業務に関連するものは全てということになります。

関連記事:ダブルワークの税金や注意点は?ダブルワークの基本から解説

副業経費の扱いについて

それでは、休日に自宅で副業した場合、その家賃はどうなるのでしょうか?

もちろん経費として扱うことができますが、実際の利用分で按分しなければいけません。

例えば、家賃6万円の自宅を活用して、土日(月8日間)で副業した場合には「6万円÷30日×8日間=16,000円」がざっくり経費の対象となります。

他にも水道光熱費や文房具など、業務で利用したのであれば按分して経費にすることができます。

詳しくは税理士に相談したり、国税庁のホームページを確認すべきですが、必要経費を引いて所得が20万円以下なら確定申告の必要はなく、無理に手続きをしようとしても(そんな人がいればの話ですが)税務署は受け付けません。

関連記事:副業収入を非課税にする方法|経費を活用した節税&確定申告

関連記事:確定申告が必要な所得とは?知っとくべき副業の経費とやり方

副収入のすすめ

副収入のすすめ

平均年収が下がっている現在では、副業をして副収入を得るのはいいことです。

会社側で副業を禁止していないのであれば、積極的に副業探しに取り組みましょう。

その場合、どこから情報を得るかですが、副業に関するサイトや副業支援サービスがあるので、そこを閲覧すれば有益な内容の副業を見つけることができるでしょう。

以前は副業というと、単純労働や内職、パチンコなどが主でした。

しかし、最近は副業も多様化し、さまざまな形態があります。

その中から自分にマッチした副業を選ぶのは決して難しいことではありません。

副業をするにはやりやすい時代になっていますが、その副業選びでは注意点もあります。

まず、本業に影響が出ない副業を選びましょう。

リファラル営業募集サイト

副業選びの注意点やコツ

本業があるのに、副業に手を出すことは時間的にも体力的にも一つのチャレンジになります。

そのチャレンジを成功させるためには、決して無理なことをしないことです。

それから、場所にとらわれずにできる副業を選ぶのも悪くはありません。

クラウドソーシングのコーナーでも紹介したような在宅でできるものなら、時間や体力の制約をそれほど気にせずに取り組めます。

これも本業との関連性でいえば好ましい働き方になります。

他にも、本業とシナジーがある副業を選択することをおすすめします

例えば、プログラマーはプログラミング、デザイナーはデザインの副業、営業マンは営業系の副業などです。

このような副業をすることで、本業のスキルアップに繋がる為、プロフェッショナルとして価値が高まりやすくなります。

副業を利用して自分自身の価値を上げることができれば一石二鳥です。

ぜひインターネットを利用して上手に副業探しをしてください。

関連記事:会社員が副業をする場合の注意点&個人でも稼げるおすすめ副業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイドビジネス・副業情報が満載「side bizz」

サイドビジネスを探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、経営者の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で簡単に稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる