アイスブレイクのネタでビジネスを和ませる|おすすめのクイズ&ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイスブレイクネタTOP

アイスブレイクは商談や打ち合わせで使われることが多い営業のテクニックです。営業以外でも飲み会や交流会など様々な場面で登場する手法になります。

そこで今回は、営業マンが知っておきたいアイスブレイクについて解説していきたいと思います。

アイスブレイクとは

アイスブレイクとは

「アイスブレイク」とは、初対面同士での会話の場面、会議やプレゼンなどの緊張感を解きほぐして、円滑なコミュニケーションをはかり、積極的な発話や意見交換を活発にする効果がある会話手法のことです。

多くは本番の会議や研修、プレゼンの冒頭10分から5分くらいで交わされる雑談に似た、いわゆる話の枕のようなものです。

アイスブレイクの効果

アイスブレイクのメリットとしては

  • 出席者の緊張を和らげ、コミュニケーションを円滑にすること
  • お互いを知ることにより、話し合いやすい雰囲気を醸成する

ことなどが挙げられます。

主にビジネスシーンにおいて使用されるテクニックですが、とくに営業マンの方がこのスキルを身につけていると、飛び込み営業で新規顧客を獲得する確率が高まったり、顧客からのクレーム処理において円満に解決に導いたりと、単なる話術にとどまらない仕事上で必須のスキルになっています

「難しそうだな」と感じるかもしれませんが、アイスブレイクはちょっとしたコツがあり、このコツを理解した上で、実際の現場で練習を繰り返していけば、誰にでも簡単に使えるテクニックです。

仕事以外の場面でも円滑な人間関係を構築することができるので、ぜひ身に付けたい大人の能力と言えます。

リファラル営業募集サイト

アイスブレイクは営業で必要

アイスブレイクは営業で必要

フェイストゥフェイスの営業の場面以外にも、アイスブレイクの手法を生かしている営業マンの方も多くいます。電話営業や突然の来訪者の接客などの場面です。

これらが苦手であるという方の多くは、初対面ゆえに混乱してしまって、いきなり本題の提案を切り出してしまいがちです。これでは本来まとまる商談もまとまりません。

アイスブレイクには始め方がありますので、しっかりとチェックしていきましょう。

関連記事:営業プレゼンは5分で終える|プレゼン提案のコツと話し方

アイスブレイクの始め方

お互いに相手がどんな人間なのか分からない状態での新規営業ですから、その場で受注&契約が成立したり、その電話で新規顧客がいきなり獲得できるはずもありません。

すぐに本題に入るまえに、相手が興味を持ってくれそうなネタをアイスブレイクとして用いて、円滑な日常会話のやり取りができるようになってから本題に入るのが理想的な営業の流れです

ときには数週間以上、数ヶ月以上通いつめて、軽い雑談や会話を継続的に交わし続けることで、半年後にやっと新規契約が取れたという事例もあります。

出会ってすぐにプロポーズするのではなく、まずは世間話から始めてみるようなものです。

関連記事:営業の流れをマスターすればトップ営業マンになれる|商談の5ステップ

アイスブレイクのコツ

営業を苦手としている方もこのアイスブレイクのコツを掴んで、日々の現場で実践すれば身につけられます。よく言われているのが「木戸に立てかけし衣食住」です。

「季節」「道楽」「ニュース」「旅」「テレビ」「家族」「健康」「仕事」の頭文字と衣食住を組み合わせた言葉で、この内容なら多くの人の意見がだいたい一致し、誰でも会話に加わることができます。

関連記事:営業マンに教えたい紹介のもらい方|紹介営業でバカ売れするコツ

自己紹介のアイスブレイク

自己紹介のアイスブレイク

会話のきっかけとしての自己紹介はアイスブレイクの基本です。よく言われているのが「積み木自己紹介」と「実は自己紹介」そして「他己紹介」です。

自己紹介ゲームを活用する

「積木自己紹介」とは、5〜6人程度が集まる初対面のときに場が盛り上がるテクニックとして知られています。

たとえば最初の人が「山田です」と自己紹介したとすると、次の人が「山田さんの隣の佐藤です」となり、その次の人は「山田さんの隣の佐藤さんの隣の鈴木です」という要領で、積み木を重ねていくように自己紹介をする手法です。

ただし大人数だと最後の人が覚えきれない場合があり、逆に盛り下がってしまうので注意が必要です。

「実は自己紹介」は、初対面から数回経ったあたりで使うと有効なテクニックです。「何度か会を重ねましたので、ここであらためて自己紹介をしますが、今回は名前のあとに必ず『実は』をつけて、そのあと軽いエピソードを続けてください」といった感じです。

「実は」のあとには少し笑いが取れるような内容がふさわしいとされています。「他己紹介」は最初に2人ペアで自己紹介やインタビューをし合い、そのあと全体の場でその人のことを紹介するというやり方です。

淡々と自己紹介をするよりも記憶に残りやすいですし、すでに知っている人の意外な一面を垣間見ることができて新鮮な気持ちになれます。

関連記事:営業のチラシ配りにはコツがある|効果的なチラシ作成&自己紹介

アイスブレイクのネタ

アイスブレイクのネタ

ここでは営業などビジネスの場で使えるアイスブレイクのネタについて紹介します。

まずは「木戸に立てかけし衣食住」のうち商談相手と共感できるネタを見出すところから始めます。健康についてなら「先日人間ドックを受けまして」のように会話を切り出してみたり、道楽なら「実は休日にはバンド活動をしてまして」といった具合です。

相手の反応が今ひとつなら話題を切り替えていくなど、喰いつき具合でネタを取捨選択していくようにします

「実は私も肝臓の数値が・・・」とか「私も学生時代にギターを弾いていてね」となればアイスブレイクがうまくいったことになります。

関連記事:営業ネタで釘付けにする|鉄板ネタを仕込めるネタ探しの方法

関連記事:営業成績と直結する話のネタ|鉄板トークになる雑談ネタ10選

ビジネスではやり過ぎに注意

また相手のことについて話すのもアイスブレイク鉄板のテクニックです。

「きれいなオフィスですね」「駅から近くて羨ましい」「受付の雰囲気がモダンですね」といった具合です。ただし「センスのいいネクタイですね」とか「お若く見えて羨ましい」など商談相手を直接褒めていくのは、効果がある場合と逆効果になる場合があります。

逆効果になる場合とは、いわゆる「太鼓持ち」で調子がいいと思われてしまう可能性があることや褒めたポイントが相手のこだわりとズレてしまう可能性があるためです。

相手の会社全体についてさりげなく褒めていくのがビジネスアイスブレイクのコツです。

関連記事:もう営業の話題作りに困らない!おすすめの雑談ネタ5選とNGワード

アイスブレイクの注意点

アイスブレイクの注意点

緊張を解きほぐす効果があるアイスブレイクですが、やりすぎには注意が必要です。

緊張を和らげ、参加者の心理的ハードルを下げるために行うアイスブレイクには少なからずゲーム的要素が加わってきます。問題はこのゲーム的要素が必要以上に場の空気を支配していくことです。

あくまでもアイスブレイクは緊張をほぐしてコミュニケーションを円滑にするための「手段」に過ぎないのですが、気がついたらアイスブレイクで行なっているゲームそのものが「目的」になってしまうことがあります。

注意すべき点は「手段と目的を履き違えない」ということです。

もう一つの注意点は「適切に行う」ことです。

まずは「適切な長さ」です。いつまでもダラダラと本題に関係ないことを続けて話していると、相手から「忙しいのに邪魔だな」「早く帰らないかな」などと思われてしまうかもしれません。長過ぎないことが大切です。

盛り上がる話題は一つでも十分なので、ひとしきり盛り上がったら、さっさと切り上げて本題に入るよう心がけます。

また「適切な内容」も大切です。あまりにも幼稚な内容や簡単な手順だと相手が白けてしまうかもしれません。相手の好奇心を刺激するレベル設定も大切です。

関連記事:営業会話で無駄な雑談はしない|トップ営業マンが実践するコツと話し方

アイスブレイクの重要性

アイスブレイクは商談で受注を獲得する為には必要不可欠とも言えるテクニックです。商談だけではなく、人間関係を円滑に回す為に必要不可欠とも言えるでしょう。

逆説的にはアイスブレイクを上手く使いこなせない営業マンは、いつまで経っても結果が出せないということにもなり得ます。

まずはアイスブレイクを駆使して営業実績を積み重ねていきましょう。

関連記事:営業トークこそが最大の武器|口下手でもトップセールスマンになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る