独立するための準備&必要なこと|起業を失敗させない為の心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独立するTOP

独立するためには様々なことが必要です。サラリーマン時代とは比較にならないほどの責任も生じてきます。

そこで今回は、独立開業までに準備することや必要なこと、起業を失敗させない為の心得をご紹介していきたいと思います。

独立する前にやること

独立する前にやること

脱サラをして独立する前には、必要なことがいろいろあります。

例えば、関係者への挨拶回りです。ショップやカフェなどを開業する場合は、これから顧客になってくれそうな近隣の人や取引先などに挨拶をしておくと、スムーズに事業をスタートできる可能性があります。

退職をするときには、同僚や上司などにも一通り挨拶をしておきたいところです。サラリーマン時代と同じ業界で事業を始める場合は、こういった身近な人への挨拶回りが欠かせません。独立前には、もちろん事業の準備もしっかりと進めておく必要があります。

関連記事:脱サラは家族を不幸にする?独立起業という選択肢に悩んでいる人は必見

独立する為の準備

起業には一定のリスクが伴いますが、しかるべき準備をしてから事業をスタートすれば、順調に開業まで漕ぎつけられます。社会的な信用が高い資格を取得したり、テナントとして安く利用できる物件を探したりして、早めに準備をしておくと安心です。

事業の開始に当たって届け出が必要な場合は、開業のスケジュールに間に合うように手続きを済ませておくのが基本です。

また、今後使用するクレジットカードの準備も忘れずに済ませておきましょう。事業に関するお金の支払いは、クレジットカード決済のみの場合もあります。事業主としての信用を得るためにも、クレジットカードは独立前に用意しておきたいアイテムです。

関連記事:起業のきっかけと理由は?個人でも簡単に独立開業できる方法

独立は国がバックアップしてくれる

独立は国がバックアップしてくれる

独立開業する際に問題になりやすいのが、運転資金です。資金ゼロからいきなり事業を始めるのは、リスクが高く精神的なプレッシャーも大きくなります。

独立前にはある程度の資金を用意している人が多いですが、貯金だけでは十分な金額が確保できないケースも少なくありません。

このような場合に役立つのが、国や自治体の助成金、補助金です。国や自治体では返済の必要がない様々な助成金、補助金を用意しており、事業を始める人をバックアップしています。

関連記事:フリーランスとは個人事業主|副業から自営業として独立する方法

助成金&補助金で資金調達する

経済産業省が実施しているのが「地域創造的起業補助金」です。この補助金は、起業をして雇用を新たに創出したり、経済を活性化させたりする事業主が対象になっています。補助金の金額は、50万円から200万円です。

また、「小規模事業者持続化補助金」も経済産業省の補助金の1つです。こちらは、経営計画にそって販路開拓をする事業者が対象。審査に通れば、50万円まで補助金が受け取れます。

このような公的機関の制度以外にも、日本政策公庫の創業融資などが利用できます。創業融資は、原則として返済が必要です。ただ、この融資は1,000万円を超えるお金が借りられるなど、資金調達できる金額が大きいのがメリットになっています。

関連記事:独立開業支援!副業OKなフランチャイズ&おすすめ店舗ビジネス5選

独立したい理由

独立したい理由

ある調査では、サラリーマンが独立や開業をしたい理由の第1位は「退職後の収入に不安を感じる」になっています。

ちなみに、第2位は「副業やパラレルワークに興味がある」です。この他にも、「自分の裁量で働きたい」や「より多く稼ぎたい」などの理由が挙げられています。独立、開業したい理由でとくに目立つのが、収入などの経済的な問題やワークライフバランスに関する内容です。

副業をしていないサラリーマンの場合、退職後は年金だけで生活をしなければならないケースもあります。このような生活スタイルに不安を感じて、独立を希望する人も多いようです。

関連記事:マイクロ起業で自由に生きる方法|マイクロ起業家におすすめな業種5選

自分らしい働き方を希望して、独立を考えている人もいます。独立をした場合、仕事に従事する時間や働き方などを自分で決められることが多いです。

経営の全責任を背負わなければならない反面、仕事の自由度がかなり高くなるところは、独立の大きなメリットです。ワークライフバランスを意識した生活も、独立をすると実現しやすくなるでしょう。

また、自分のスキルや能力を生かすことを目的にして、独立を志す人も少なくありません。会社という組織に縛られずに自由に能力を発揮したい人は、あえて独立開業という選択をするケースもあるようです。

>>独立起業の準備をするなら|side bizz(サイドビズ)

独立するために必要なこと

独立するために必要なこと

独立する前には、挨拶回りや必要な手続きの準備だけでなく、事業に関する知識の習得も行っておく必要があります。

例えば、販売などのサービスを手掛けるときには、商材の仕入れ方や取引先を確保する方法などをじっくりと学んでおきたいところです。

事業を始めた直後などは、知識を学ぶ時間が確保できなくなる可能性があります。必要な勉強は、できるときに早めにスタートしておくのがベストです。

関連記事:サイドビジネスで起業する方法|サラリーマンが独立開業するアイデア

独立開業に必要な知識

事業に関する知識を蓄えることは、これから経営をしていくうえでも重要です。ビジネスでは、予想外のトラブルなども起こり得ます。

業界知識や法制度などにも目を向けておくと、ビジネスセンスが磨かれて、トラブルを回避できることがあるかもしれません。ビジネス書や業界誌を読んだり、セミナーに参加したりして、知識の習得に力を注いでおくと経営者としてのスキルを高められるでしょう。

独立開業をテーマにしたセミナーや講座は、全国各地で開催されるようになっています。このような企画に参加してみると、新しい情報が得られるかもしれません。

業界のイベントなどは、人脈づくりや顧客の獲得に役立つことも考えられます。独立する前には、イベントに積極的に参加してみるのも1案です。

独立・起業

独立するには勇気が必要

独立するには勇気が必要

サラリーマンとして働いていた人が会社を辞めて独立する場合、かなりの勇気が必要になるでしょう。独立をしたときに心配の種になりやすいのが、収入についてです。

独立開業をしたのちは、毎月決まった額の給与は得られません。経営が安定しないうちは、収入が不安定になることもあるでしょう。サラリーマンを辞めて起業する場合、安定した生活を捨ててまで行う意義や強い熱意が必要になってきます。

起業はリスクが伴う分、成功したときのリターンが大きいです。順調に収益が上がれば、経済的に豊かになるだけでなく、満足感の高い働き方ができる可能性もあります。

成功した場合の大きなメリットを考えると、「自信がない」や「リスクが心配」などの理由で起業を諦めてしまうのは少し惜しいかもしれません。

関連記事:営業フリーランスとして独立・起業するには?求人や募集の探し方を解説

「人生一度きり」と思い切って起業する

ビジネスで成功した人の場合、「人生一度きり」と割り切って、独立・起業をしたケースも少なくありません。「収入の不安定さ」などの起業のリスクは、さまざまな方法でコントロールが可能になっています。

例えば、「補助金や助成金を利用し、自己資金をできるだけ減らさない」などは、比較的トライしやすいリスク管理です。また、事業以外の収入源を確保しておくことも、リスク管理の1つになるでしょう。

関連記事:新規事業で独立起業する!成功する為の新規ビジネスのアイデア8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独立起業の支援!新規商材探しなら「サイドビズ」

起業や独立を目指すなら「サイドビズ」を要チェック!

サイドビズを利用すれば、一気に100商材以上の仕入れが完了

 

起業準備に役立つ情報が盛りだくさん!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る