営業アカデミー

出来る営業マンの特徴3選|一流&優秀な営業マンの思考と共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出来る営業マンTOP

出来る営業マンはあなたの周りにもいると思いますが、そのような優秀な営業マンと自分の違いを認識できている人は決して多くないと思います。

そこで今回は、できる営業マンの特徴や一流営業マンの共通点について解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

出来る営業マンの共通点

出来る営業マンの共通点

毎月大きな実績をあげているトップセールスマンには、どんな共通点があるのでしょうか。

ここでは、優秀な営業マンの共通点を紹介していきたいと思います。

行動的でアクティブ

売れる営業マンの共通点の一つに、「そもそも活動量が圧倒的に多い」という点が挙げられます。

優秀な営業マンは、日々エネルギッシュに営業活動を行っています。

例えば、次のアポイントまでの空き時間があれば、近くの既存顧客に顔を出したり、ときには飛び込み営業を行っている営業マンもいるようです。

営業手法が優れている、顧客心理を読むことに長けているという特徴もあるようですが、より多くのトップセールスマンに共通しているのは、その活動量の多さ&行動力だといわれています。

「ランチを食べたり、歩くスピードが速い営業マンは優秀だ」という見方もあるようですが、これはその分の時間を営業活動に回せているからだと考えられます。

関連記事:トップセールスの営業ノウハウを大公開|トップ営業マンの心得

関連記事:営業のコツをつかんでトップセールスマンになる方法

営業職を楽しむことが大切

トップ営業マンが積極的に多くの仕事をこなせる理由は、「営業の仕事を楽しんでいる」からだと言われています。

売れる営業マンは、

  • 営業の仕事は面白い
  • やりがいがある
  • 営業の仕事が好きだ

と感じているケースが多いようです

好きなことであれば、ランチタイムや休憩時間を惜しんでも頑張れることは当然といえるでしょう。

もちろん年収や給与が高いということがモチベーションになりますが、それ以前に「営業が楽しい!」という気持ちがあるようです。

このように前向きな思考で仕事をしているのが、トップセールスマンの特徴と言えます。

関連記事:できる営業マンの共通点とは?優秀な営業マンの特徴&思考を徹底解説

出来る営業マンの特徴

出来る営業マンの特徴

活動量の多さのほかにも、一流営業マンには特徴があります。

ここでは、できる営業マンの特徴について解説していきたいと思います。

特徴①:服装や持ち物にセンスがある

できる営業マンの代表的な特徴は、「服装や持ち物にセンスがある」という点です。

出来る営業マンは自分本位ではなく、「相手からどう見られているか?」ということに細心の注意を払っているようです。

そのため、スーツや靴、鞄(カバン)といった身の回りのものにも、しっかり気を配っています。

ビジネスシーンで活用する服装や持ち物に関しては、自分の好みよりも相手から好印象になることを優先している営業マンが多いため、一流営業マンはファッションに関してもセンスがあるという印象を持たれているようです

また、トップ営業マンは、いつでもお客様に貸すことができるように、モンブラン(MONTBLANC)パーカー(PARKER)などの上質なボールペンを持ち歩いているケースもあるようです。

商談相手が経営者(社長)であれば当然の気遣いといえるでしょう。

関連記事:営業職の服装は何がベスト?営業成績を上げる男性&女性の服装

関連記事:新規営業の種まきセオリー|できる優秀な営業マンの特徴と共通点

特徴②:細やかな気遣いができる

この他に、一流営業マンの特徴として、細やかな気遣いができる点があります。

お客様に対して常に気を配っているため、顧客が要望を口にする前に気づいて提案ができたりと、数歩先のサービスを考えて実行できる力があるといわれています。

またお客様の自宅や得意先のオフィスを訪問する際、マナーも完璧に身につけているというのが特徴の一つです。

こういった特徴から、出来る営業マンには気遣いやマナーに精通している人が意外に多いといわれています

そのような特性から、出来る営業マンには女性が多いことも特徴と言われています。

これは女性特有の気配りや細やかさが要因になっています。

関連記事:女性が活躍できる営業職とは?女性が営業する際のメリットと注意点

特徴③:異性にモテる

あくまで一般論ですが、できる営業マンは異性にモテると言われています。

その理由は明確で、

  • 相手のニーズを汲み取ることが上手い
  • 細やかな気遣いができる
  • 一緒にいてストレスがない

などが挙げられます。

相手の恋愛対象とされる人を演じることもできるので、営業マンが異性にモテることは当然と言えるでしょう。

できない営業マンの思考回路

できない営業マンの思考

一方で、一般的に「できない営業マン」といわれてしまうような人には、どのような特徴があるのでしょうか。

大きな特徴の一つは、その思考回路にあるといわれています。

できない営業マンは、全ての物事をネガティブに捉えがちだと言われています

顧客からかけられた言葉や会社からの自分への評価を、常にネガティブに捉えてしまうケースが多いようです。

たとえばお客様に一度でも提案を断られてしまうと、「もうこの顧客から契約をもらうことは無理だ」と考えてしまったり、少しでも気に入らない部署への人事異動が出れば、「自分の会社人生は終わったも同然だ」と思い込んでしまうようです。

そのため、顧客訪問や新商品のサービス提案をするのが億劫になってしまい、結果的に活動量が減ってしまいます。

関連記事:無能な営業&上司で組織が崩壊する|有能な営業マンになるコツ

関連記事:営業メンタルはネガティブが常識|やる気にさせるメンタルトレーニング

ダメ営業マンの特徴

このようなループに陥ってしまうと、契約件数を伸ばすことができず、顧客対応も後手に回ってしまいがちになり、いわゆるダメ営業マンになってしまいます。

できない営業マンは、ネガティブな姿勢で営業活動を行っているため、お客様からの評判は上がりにくく、会社からの評価も悪くなってしまいがちです。

そのため、

  • 営業の仕事は自分には向いてない
  • こんなつらい仕事は早く辞めたい
  • 良い条件の転職先はないか

と思いながら、営業活動しているケースが多いようです。

そのような場合には、いっそのこと転職を検討することも選択肢の一つと言えます。

出来る営業マンの服装

出来る営業マンの服装

先程、優秀な営業マンはセンスのある服装や小物を身につけていると紹介しましたが、具体的にはどういったファッションを好む傾向があるのでしょうか。

出来る営業マンの服装は、すっきりと綺麗にまとまってスマートなケースが多いです。

自分にぴったりのサイズを理解しているので、スーツやシャツ等、身につけているものにはセンスが光ります。

またアイロン掛けがこまめにされていて、ズボンやスカート、シャツなどを大切に扱っている営業マンが多いようです。

関連記事:営業スーツを紺とグレーにする理由|色とネクタイで魅力UPさせるコツ

関連記事:営業マンのネクタイ選びは心遣い|できる営業マンの特徴と共通点

細かいところまで演出する

出来る営業マンの服装は、デザインが古めかしかったり奇抜すぎたりせず、意味のある時流にあった清潔感があるものを選ぶことが多いと言われています。

一流と呼ばれる営業マンの中には、行きつけの販売店とショップスタッフを決めていて、服装についてさまざまなアドバイスを受けている人もいるようです

中には、専属のスタイリストがいるというトップセールスマンもいるくらい見た目は重要です。

もしファッションセンスに自信がなくても、プロから助言を得るという手段はおすすめです。

他に出来る営業マンが気を配っているものには、靴や鞄といった革小物が挙げられます。

革小物は高価なものが多く、さらにこまめな手入れを必要とします。

一流の営業マンは購入しっぱなしではなく、日ごろから手入れをしっかりしていることが多く、つややかで劣化の抑えられた靴や鞄とともに営業活動に励んでいるようです。

他にも腕時計に拘っていたり、自分を演出することに余念がありません。

関連記事:営業カバンはこれで決まり!おすすめのブランド営業バッグ10選!

出来る営業マンの新規開拓

出来る営業マンの新規開拓

実績をあげているトップ営業マンに対して、「あいつは良く発注の出る企業を担当できたからラッキーだよな」と職場の同僚が嫉妬めいたことを言うケースがあります。

しかし、出来る営業マンは、既存顧客のフォローアップ営業だけでなく、新規営業にも注力しているといわれています。

また新規開拓においても、優秀な営業マンはしっかりコツをつかんでいるようです。

見込み顧客を徹底的に管理する

出来る営業マンは、新規営業において徹底的なリスト管理をしているようです。

まず新規開拓のターゲット顧客を選定し、リストを作成したうえで、アプローチしています。

ターゲットリストの中には、

  • 今は必要ないけど年度末にそのサービスが必要になりそうだ
  • こういった商品が発売されたら知らせて欲しい

という見込み顧客になりえるケースがあります。

出来る営業マンはこういったニーズをしっかり記録し、タイミングを見計らって再度アプローチをかけています。

やみくもに新規開拓に取り組むのではなく、しっかり計画し、データをとって、次の営業活動に活かすことを鉄則にしている営業スタッフは、いい実績を残せていることが多いようです

また新規開拓における心持ちにも、出来る営業マンとそうでない営業マンには大きな違いがあります。

売れる営業マンの多くは、新規営業で断られても「簡単に折れない鉄のハート」を持っています。

この点が、ネガティブになりがちな売れない営業マンとの違いといえるでしょう。

関連記事:新規開拓営業&ノルマ達成させる営業の鉄則|結果に繋がるコツ4選

関連記事:顧客とは会社の支持者|消費者やクライアントを新規開拓する方法

トップセールスマンの新規開拓手法

出来る営業マンは、会社を代表する「トップセールス」や「トップ営業マン」として活躍している人だと思います。

そのようなトップセールスマンが活用している新規開拓に「紹介営業(リファラル営業)」という方法があります

紹介営業とは、見込み顧客を知人・取引先などから紹介してもらう営業手法を言います。

この営業手法の最大の特徴は、他人(他社)の人脈や販路を新規開拓に活用できることです。

人の人脈は限られますので、アプローチできる対象も自ずと限られてしまいます。

しかし、他人の人脈や販路が活用できるとなれば、簡単にアプローチできる先が無限大に広がっていくことになり、営業の最大効率化が図れていきます。

特に忙しいトップセールスマンは、新規開拓に割ける時間が限られていますので、この紹介営業を上手く活用して新規開拓のスピードを緩めない工夫をしています。

最近ではリファラル営業プラットフォームという紹介営業を支援するサイトが出てきていますので、簡単に紹介者を探すことができるようになっています。

気になる営業マンはチェックしてみると良いでしょう。

関連記事:リファラル営業とは何?紹介営業の仕組みや業務内容を解説

関連記事:新規顧客開拓は紹介営業で楽しよう!効率的な集客方法と開拓プロセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる