営業アカデミー

営業マンがトップセールスを目指すべき理由と意義とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トップセールスTOP (2)

営業マンであれば誰でもトップセールスに憧れたことがあると思います。トップ営業マンとして表彰されることはとてもカッコイイですよね。

そこで今回は、トップセールスマンを目指すべき理由と意義についてわかりやすく解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業マンがトップセールスを目指す理由

営業マンがトップセールスを目指す理由

毎月のノルマを達成するために、日々奮闘する仕事が営業職です。

営業職は数字が全てだと言っても過言ではない職業なので、数字が人格とまで言われることがあります。

故に、営業の仕事に就いている人ならば、一度でもいいから「頂点を極めたい」と思うのが普通ではないでしょうか。

関連記事:【営業の極意4選】商材を売るために必要な営業のコツとは何か?

トップセールスマンになるメリット

もしトップセールスになれれば、会社の中で自分の意見がある程度通るようになります。

毎月安定して数字を残せるようになれば、先輩や上司から文句を言われることも少なくなり、自由にやらせてもらえるようになるので「しんどい」「きつい」と感じることが少なくなるでしょう。

また、トップセールスマンになれば、上司からの評価がアップしたり、給料が増えます

全営業マンの中で、自分が最も稼いでいるという事実は誇らしいことでしょう。

できる部下を持つということは、上司にとっても嬉しいことです。

上司からの評価が上がれば、その後の出世にも大きな影響を与えます。

よって、トップセールスマンになることで、自分の意見が通るようになったり、周りからの評価が上がったり、給与が増えたり、様々な恩恵を得ることができます。

関連記事:営業のコツを全網羅!セールスマン必見の営業ノウハウ【永久保存版】

トップセールスであれば楽しく仕事ができる

トップセールスマンになれば圧倒的な成果を出すことができるので、営業の仕事がどんどん楽しいものになるでしょう。

営業という辛い仕事では、このように成果を出すことが一番大事です。

シンプルに営業という仕事が楽しくなるのは「受注がたくさん獲れる」からです。

思うように受注が獲れれば、周りからとやかく言われることもありませんし、当然居心地も良くなります。

このような状況で仕事がつまらない、仕事が辛いと愚痴を言う人はいないでしょう。

よって、営業マンであればとにかく結果を出すことが仕事を楽しむ上での最善策と言えます。

営業で結果を出すためには、現状に満足せず、常に高みを目指すということが大切です

現状維持を目標にしては、トップセールスマンになれる可能性は低くなり、自身のキャリアに傷をつける可能性すらあります。

関連記事:営業トークこそが最大の武器|口下手でもトップセールスマンになる方法

トップセールスは女性に多い

トップセールス女性

女性には男性営業マンにはない魅力があります。

営業は男性が多い職業ということで、女性の営業は珍しく貴重な存在でもあるのです。

女性が過酷な飛び込み営業をしていたり、営業の電話をかけたりすると、お客様は目新しさを感じ、ちゃんと話を聞いてくれることがあります。

関連記事:女性が活躍できる営業職とは?女性が営業する際のメリットと注意点

女性営業は見た目で差をつける

営業では、見た目、第一印象が特に重要です。

トークや知識力が十分だったとしても、見た目が悪く、少しでも悪い所が見えてしまえば話をすぐに切りあげられてしまいます。

一般的に男性はスーツに身を固めなければなりませんが、女性の場合は服装や髪型、メイクやアクセサリーなど様々な部分で差別化でき、ファッションの幅も広いです。

相手に印象付けたり、好印象を与える身なりをすることが、女性のセールス手法の一つだと言えるでしょう。

関連記事:営業職の服装は何がベスト?営業成績を上げる男性&女性の服装

女性としての特徴をセールスに活かす

女性は女性ならではの気配りをすることができます。

礼儀やビジネスマナーは大事ですが、それよりも大事なのは、お客さんに対する自然な気配りです。

お客さんの心に上手に寄り添うことができれば、信頼関係を築きやすくなります。

女性は、男性よりも親和性や共感性が高いと言われており、女性の営業員の方が良い結果を出しているケースが多いです

女性ならではの強みを存分に生かすことができれば、女性でもトップセールスマンになることができますし、実際にトップセールスマンになった女性はたくさんいます。

せっかくであれば、女性営業ならではの特徴を活かしてみることをおすすめします。

関連記事:営業職のネイルは怒られる?マナー違反にならないデザインと色

トップセールスマンの性格

トップセールスマンの性格

優秀な営業マンには、明るくて前向きな性格の人が多いです。

物事をネガティブではなくポジティブに捉えることで、営業を続けるモチベーションにもなりますし、失敗から得られることも多くなります。

笑う門には福来るということわざがあるように、笑顔は相手をリラックスさせる効果があります。

営業の仕事は営業センスがあるかどうかも大切なことですが、笑顔でお客さんと接し、なるべく早く信頼関係を築くということが必要です。

お客さんが営業マンに対して十分警戒しており、心に壁を作っている、そんな状態ではどんなに巧みなセールストークをぶつけても上手く行くことはありません。

関連記事:出来る営業マンの特徴3選|一流&優秀な営業マンの思考と共通点

できない営業マンと売れる営業マンの違い

できない営業マンは、不安や緊張によって顔がこわばってしまうことが多いですが、無表情だったり、何を考えているのかわからなかったりする相手には、お客さんは何を話したらいいのか分からず、気まずい空気が流れてしまいます。

売れる営業マンは、相手の警戒心を解き、上手にお客さんの話を聞きだすことができます。

トップセールスマンは面白い話が得意なので、話術を駆使し、お客さんを笑顔にさせることができるでしょう。

笑いが起れば、商談の場は和やかな空気に包まれ、営業が上手く行くようになります。

よって、営業マンであれば万人に対応できる話のネタを事前に仕込んでおくことも大切でしょう

>>営業系の副業支援サイト|side bizz(サイドビズ)

トップセールスマンの習慣

トップセールスマンの習慣

できる営業マンになる人は理由があります。一日24時間というのは万人対して平等に与えられる時間です。

営業マンは限られた時間の中で最大限の営業成績を追及するのが目的になってくるので、優秀な営業マンは時間を無駄にしません。

トップセールスマンに多い習慣で「朝が早い」というものがあります

早起きは三文の得なんて言葉もありますが、朝早い時間帯は人が少なく、一日のスケジュールを決めたり、業務に集中できたりするので、雑務を片づけもし易いです。

また、朝はアイデアが浮かびやすいので、営業戦略も立てやすくなります。

丁寧に仕事をしたとしても、時間をかけてやっていては非効率です。

できる営業マンは時間の管理がしっかりできているという共通点があり、残業をすることがほとんどありません。

関連記事:トップ営業マンの特徴や習慣を大公開|トップセールスの共通点

トップセールスマンは読書が好き

また、優秀な営業マンは本を読む習慣があります。読書は語彙力や思考力を養うことができます。

世の中にはたくさんの本があり、トップ営業になるために参考になるような本もたくさん売られているのです。

優秀な営業マンは読書をすれば営業マンとして成長できるのを知っているので、電車に乗っている時間や、朝起きた時、寝る前などに本を読む習慣を作っています。

売れる営業マンになるには、トップセールスマンの習慣を真似することが近道になります

意外な特徴や習慣だったとしても、トップセールスマンが行っているならば何か理由があるはずです。

まずは真似してみることから始めてみていかがでしょうか。

関連記事:トップセールスの営業ノウハウを大公開|トップ営業マンの心得

営業が売れない時の対処法

営業が売れない時の対処法

一生懸命頑張っているのに成果がでない、そういう時は誰にでもあります。

売れない時期というのは辛いと感じることが多くなりますが、焦ると余計に営業が売れなくなってしまいます。

売れない新人の営業マンに多いのが、無駄に張り切りすぎるということです。

やる気があるのは良いことですが、せっかくだからお客さんに色んなことを知ってもらいたいと、自分の意見を押し付けるのは逆効果になります。

営業は自己満足ではいけません。

こちらが言いたいことを言うのではなく、お客さんが望んでいることを理解し、それに応えることで結果が変わっていきます。

営業の本質とは「顧客の課題を解決すること」です

関連記事:「売れない営業マン&売れる営業マン」の違いとは?売れる人の特徴5選

営業のやり方を変えてみる

営業マンが売れない時は、トップ営業マンの真似をするということも大切です。

売れない営業マンは、捨てるべきプライドにこだわり、自分の考え方や、自分のやり方を貫いて成果を上げようとします。

しかし、トップ営業マンになる人は、自分なりに努力し、確かな営業センスを持っていることがほとんどです。

営業しても売れないのであれば、トップ営業マンと自身の間に大きな差があるということをまず自覚しましょう

その上で、まずはその事実を素直に受け入れる必要があります。

売れる営業マンになるために、トップ営業マンの性格、習慣を真似し、良い部分をできるだけ多く吸収していくことで、トップセールスマンに近づくことができるようになるでしょう。

関連記事:営業スランプは一流へのステップ|売れない時こそ仕事に邁進すべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる