営業アカデミー

優秀な営業マンの共通点3選|他とは違う一流営業マンの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
優秀な営業マン共通点TOP

優秀な営業マンには共通点があると言われています。しかし、それを聞ける機会はあまりないので、できる営業マンのノウハウはある意味で門外不出になっています。

そこで今回は、なかなか人から聞けない「一流営業マンと言われる人の特徴や共通点」について解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

優秀な営業マンの共通点

優秀な営業マンの共通点

一流と呼ばれる優秀な営業マンには多くの共通点があると言われます。

ここでは、できる営業マンの3つの共通点についてご紹介していきたいと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

共通点その1:営業センスがある

1つ目は「営業センスがある」ということです。

ここでいう「営業センス」とは、顧客の懐にスッと入っていって、一気に関係を深めることができるコミュニケーション能力のことを言います。

営業現場では、相手が1しか言わなくても、10を察することができるような営業マンが重宝されています。

これらは総じて「気遣い」や「心配り」ということもできますが、相手の痒いところに手が届くような感覚になります。

ただし、このような営業センスは決して先天的なものではありません

営業センスとは、セールスを経験していく過程で、次第に身につけることができる能力でもあります。

よって、営業マンとしての経験値が、センスに結び付いていくとも言い換えることができるでしょう。

関連記事:出来る営業マンの特徴3選|一流&優秀な営業マンの思考と共通点

共通点その2:情熱がある

2つ目は「商品への気持ちを熱く語ることができる」ということです。

これは実はとても重要なポイントで、このような情熱が無ければ決してトップセールスになることはできません。

例え商品そのものが競合他社に劣っていたとしても、できる営業マンはその商品にかける自分の熱い思いを相手に伝えることで、他社商品にない付加価値を与えることができるのです。

このようなクリエイティブな付加価値を与えることこそ、営業マンの本質的な価値だと言えます。

そして、お客様をワクワクさせることができれば、優秀な営業マンだと言えるでしょう。

関連記事:できる営業マンの共通点とは?優秀な営業マンの特徴&思考を徹底解説

共通点その3:準備周到である

3つ目は「万全な準備をしている」ということです。

優秀な営業マンは大切な商談の前に、何度も何度も「お客さんがこう反論してきたら、このように回答する」という商談シミュレーションを念入りに行っています

打ち合わせ前に万全な準備をすることで、突発的な事態にも落ち着いて対処することができますし、自分の思い通りに商談を進めていくことができるようになります。

また、必ず商談のゴールを設定するクセがついています。

それは「契約を獲る」というような単純なことだけではなく、

  • 相手と仲良くなる
  • 競合との取引状況について聞きだす
  • 社内の検討状況を聞き出す

などお客様との状況によって様々です。

このゴールを事前に設定しておくことで、商談でも迷わず進むことができるようになります。

関連記事:営業に才能は関係する?結果が出ない凡人と優秀と言われる天才の違い

できる営業マンの特徴

できる営業マンの特徴

できる営業マンにはいくつかの特徴があります。

まず言われているのが、みんな第一印象が爽やかで、接していて気持ちが良いということです。

決して「できる営業マンは美男美女」で、「できない営業マンは不細工」であるというようなことを言っている訳ではありません。

優秀な営業マンは、自分の身だしなみに気を使っていて、清潔感を大事にしているということです。

たとえどんなに優秀なセールスマンだったとしても、「清潔感が全くない」ような人とは取引したくないというのがお客様の本音だと思います

例えば、狭い商談ルームでタバコ臭い営業マンと商談するのは、とても不愉快な気持ちになります。

そんなタバコ臭い営業マンと話していると、商談はそっちのけで、「早く帰ってくれないかな…」と思ってばかりになってしまいます。

このような不愉快な思いをお客様にさせているのは、二流の営業マンです。

トップ営業マンを目指すのであれば、清潔感を大切にして、明るく振舞うように心掛けることが大切です。

そうすれば、その後の商談もスムーズに進んでいくはずです。

関連記事:セールスマンと営業マンは何が違うの?一流のトップ営業マンになるコツ

優秀な営業マンは相手を導く

そして、「相手に応じて態度を使い分けできる」というのも、一流営業マンの特徴です。

例えば「決断することができない気の弱い顧客」がいたとします。

このようなお客様に対して営業マンも弱気な態度をとってしまうと、商談は全く進まずに、ただ時間だけを浪費してしまうことになり得ます。

そんな時に優秀な営業マンは、弱気な顧客に対して、ズバズバと意見する気の強い態度をとります

こうすることで、お客様の決断を後押しするお手伝いができるようになります。

しかし顧客が気の強い人だった場合、営業マンも気の強い態度で臨むと意見が衝突してしまうので、そのような場合には腰を低くして柔らかい態度で接するように心掛けています。

このようなカメレオン営業を、優秀な営業マンは自然にできているのです。

関連記事:新規営業の種まきセオリー|できる優秀な営業マンの特徴と共通点

できる営業マンの持ち物

できる営業マンの持ち物

できる営業マンには、共通する持ち物があると言われています。

例えば、トップセールスの人達はブランド物への意識が高いことで有名です。

ブランド品のボールペンやノート、ブランド品のベルトや鞄などを必ずといって良いほど持ち歩いていますよね。

ペンやノートは社会人にとっての必需品だと思いますが、「ブランド物である」という点ができる営業マンに共通している点です

「ペンやノートなんて安物でOK!」なんて考えている人は、お客様に対しての気遣いが足りていない可能性があります。

その理由を次で確認していきましょう。

関連記事:営業の腕時計はどう選ぶ?年代別のおすすめ腕時計ブランド9選

ブランド品を身に着ける理由

トップ営業マンがブランド品を身に付けるのには、それなりの理由があります。

その理由は、ブランドを身に着けることで、自分自身をセルフプロデュースできることです

例えば、ルイヴィトンの鞄を持っていると、「これを買えるくらい稼いでいるんだぞ!」ということを暗にアピールすることができます。

お客様の立場からすると、やっぱり売れている営業マンと付き合いたいですよね。

でも、それを伝える為に営業マン自ら「私は売れている営業です!」と言ってしまうと、どうしても嫌らしさが出てしまいます。

そんな時にはブランド品をさりげなく身に付けて、「稼いでいる=売れている営業マン」という印象操作を行います。

このような考え方を否定する人がたまにいますが、それは「売れていない人の考え方」なので注意が必要だと思います。

例えば、商談の相手は経営者が多くて、そのような社長は過去実績が多くて、もちろん稼いでいる人が多いはずです。

それではここで質問です。そのような経営者の鞄や名刺入れはブランド品でしょうか?

答えはもうわかりますよね。つまり経営者は現在も過去も優秀な営業マンのはずで、できる営業マンと同じ立ち位置にいるので、自然と価値観も似てくるんです。

また、ルイヴィトン自体に「高級ブランド」「格式が高い」というイメージがあるので、それを使いこなすと「自分自身の価値」も上げてくれます。

他にも、契約書にサインするボールペンで、

  1. 100円のボールペンを渡される
  2. モンブランやパーカーの高級ボールペンを渡される

のでは、どちらが良いと思いますか?

ぜひ自分に置き換えてイメージしてみて貰いたいんですけども、絶対に②の高級ボールペンの方が気分良いはずです。

その理由は、「自分を大切なお客様として扱ってくれている」ことが伝わってくるからです。

そんな些細なことでも、営業現場では差がついてきますし、お客様は良い買い物をした気分にもなり得ます。

そのような細かな気遣いができる営業マンのことを、お客様は「できる営業マン」と思ってくれるんです。

これを信じて実行するもしないも自分次第ですが、試すことにリスクが無いのであれば、ぜひ実践してみることをオススメします。

関連記事:トップセールスとは会社の象徴|トップ営業マンになる為の心得

持ち歩くと便利なもの

営業マンには、持ち歩くべきアイテムがいくつかあります。

その代表例が、モバイルバッテリーです。

出先でスマホやパソコンの充電がなくなってしまうと、どこかで充電するまでお客様と連絡が取れなくなってしまうので、全く仕事が進まなくなってしまいます。

そのような事態を防ぐためには、どこでも充電できるモバイルバッテリーが欠かせません。

もし急いでいるお客様から発注の連絡がきたのに、電池切れでは失注する恐れもあります。

常に顧客と連絡を取って、仕事ができる環境を整えることも「優秀な営業マンの条件」といえます。

他にも、できる営業マンはオーラルケア用品を持ち歩いています

営業マンの中には、食後の口の臭いなどが気になる方も多いのではないでしょうか。

商談を進めるにあたっては、相手に不快感を与えるようなことがあってはなりません。

そこで優秀な営業マンは、歯ブラシなどのオーラルケア用品を持ち歩くようにしているのです。

時間がないときにマウスウォッシュで洗い流すくらいは、最低限の気遣いと言えるでしょう。

>>営業マンが副業・サイドビジネスを探すなら|side bizz(サイドビズ)

できる営業マンの服装

できる営業マンの服装

できる営業マンは、当然のことながら他の社会人と同じようにスーツを着こなしています。

それでは、できる営業マンの服装にはどのような特徴や共通点があるのでしょうか?

できる営業マンは相手(顧客)に対して真面目で信頼できる人というイメージを与えるために、無地かストライプのスーツを着ていることが多いです

カジュアルに見えてしまうようなチェック柄やドット柄のシャツやスーツはあまり着ることがありません。

また、彼らはスーツのサイズ感をとても大切にしています。

どんなに高価なスーツを着ていても、自分の身体にフィットしていないサイズを着ていたら、相手から「だらしない人」と思われてしまう可能性があります。

自分の身体にぴったり合うサイズ感のスーツを着ることで、相手に対しての印象操作をしているのです。

関連記事:営業職の服装は何がベスト?営業成績を上げる男性&女性の服装

できる営業マンの小物

さらに、腕時計やネクタイ、ネクタイピンやカフスボタンなどの小物選びにも気を使っています。

「どこのブランド時計を着けているか?」などによっても相手の印象は変わってくるので、小物選びに気を使うのは当然かもしれません。

ビジネスマンにとって必須と言えるワイシャツも同様です。

朝急いでいてアイロンのかかっていないワイシャツを着て出てきてしまったという経験はないでしょうか?

シワがあったり袖口が汚れているワイシャツを着ていると、それだけで相手からの印象は「だらしない人」になってしまいます

自分の身なりすらきちんとできない人が、他人のビジネスをきちんと支援できるはずありません。

相手に「だらしない奴だ…」と思われないために、できる営業マンはシワのないパリッとしたYシャツが欠かせないのです。

関連記事:営業マンの基本マナー&行動|トップ営業マンだけが心得ているルール

革靴のつま先までケアする

そして、彼らが最も大切にしているのが革靴の手入れです

靴は毎日使うものなので、どうしても細かな変化に気づきにくいものです。

しかしその反面、お客様にとってはとても目につくアイテムだと言えます。

例えば自宅にお邪魔する際には、靴を脱いで上がりますよね。

この時に、相手は脱いだ靴を見ることになります。

これがボロボロの革靴だったり汚い靴であれば、それだけでマイナスの印象になってしまいます。

法人営業も同様で、名刺交換の時などは下を向くので、どうしても革靴に目がいってしまいます。

些細な話になりますが、革靴の手入れができない営業マンは、「細かな気配りができない人」という印象を相手に持たれがちです。

営業マンであれば、「マイナス要素を如何に消すか?」ということを考えるべきなので、革靴の手入れは必須と言えます。

関連記事:営業マンのネクタイ選びは心遣い|できる営業マンの特徴と共通点

優秀な営業マンが退職する時

優秀な営業マンが退職する時

優秀な営業マンが退職してしまうのには、大きな理由があります。

それは、「今の環境に満足できなくなった…」というものです。

優秀な営業マンは、テキパキと仕事をこなしていて悩みなんて一つもないように見えるかもしれませんが、実は彼らは彼らなりに悩みがあります。

  • 今の状況に甘んじていて良いのか?
  • もっと上のレベルを目指せるのではないか?
  • 自己成長が止まっているのではないか?

というような、どちらかといえば前向きな悩みを抱えています。

また、会社の売り上げに多大な貢献をしているのに、あまり報酬面で報われないような場合には、会社に対して不満を抱くケースもあるでしょう。

そんな時に、成長中のベンチャー企業からヘッドハンティングされたり、もっと上を目指すことのできる環境を紹介されたりすると、優秀な営業マンはあっさりと現在の仕事をやめてしまいます。

それは「どの職場でも結果を残せる強い自信がある」ということは当たり前ですが、優秀な営業マンは「現状に甘んじる」ということを最も嫌い、常に自身のスキルアップを目指しているからです

関連記事:営業の引き継ぎ方法はどうする?挨拶の仕方や退職の時すべき事

独立起業するケースが多い

また他社からの引き抜きがなくても、自分のやるべきことを見つけた場合はとてつもない行動力を発揮します。

例えば「自分の力でビジネスしたい!」と思った場合には、独立起業をするために会社を辞めてしまうということもあります

実際、独立開業する人の場合は、ほとんどがこのようなケースになります。

優秀な営業マンに辞められてしまった会社は大きな痛手を受けることになりますが、優秀な営業マンの原動力は「現状に甘んじたくない!」という強い想いにあることを考えれば、仕方無いことだと言えるでしょう。

経営者であればその辺りを汲み取った上で、会社組織を作っていかないと、優秀な人材が社内に留まらないことになってしまいますので、社員が満足できる職場環境を提供することが本質的なマネージャーの役割なのかも知れません。

関連記事:副業から独立起業する!土日限定で無理なく営業できる仕事6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる