営業アカデミー

営業支援サービスは使わないと損!?営業代行システム&ツール10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業支援TOP

営業を支援してくれるサービスには様々な種類がありますが、数が多すぎて迷ってしまうことでしょう。

ここでは「営業支援サービス」にフォーカスして、その有用性や意義などを解説していきたいと思います。

営業支援サービスとは?

営業支援サービスとは?

会社にとって事業を拡大させるためには、営業活動が欠かせません。しかし会社によっては、思うように新規開拓などの営業活動が進んでいないケースも少なくありません。

そのような場合、営業支援サービスを利用して活動を効率化させることも1つの方法です。営業支援サービスとは、 顧客の拡大や関係維持を目的として、営業プロセスの一部をアウトソーシングすることで、効率化をはかっていくサービスのことです

現在、様々な企業から営業支援サービスのパッケージが販売されています。一口に営業支援サービスといっても、SFAやCRM、営業代行、営業支援EXPO(展示会)などがあります。

関連記事:営業代行の成果報酬はいくら?売りやすい商材もランキング5位まで紹介!

代表的な営業支援サービス

SFAとはSales Force Automationの略称であり、営業支援ツールや営業支援システムのことを指します。SFAは営業活動をデータ主導で改善させるためのツールとして、多くの企業から注目されつつあります。

CRMとは、顧客情報や顧客対応履歴を蓄積して管理する顧客管理システムのことです。顧客の情報を一元管理できるため、経営管理ツールとして重宝されています。

営業代行システムとは、電話やメール、FAXなどの非対面営業をサポートするサービスです。営業マンを新しく増やすことなく、新規顧客へのアプローチが可能です。

このように様々な営業支援サービスを活用することで、営業活動の問題点を見つけたり、効率化を図ったりすることができます。

営業代行

営業支援を依頼する理由

営業支援を依頼する理由

日々の営業活動をサポートし、営業力の強化や効率化をはかるために欠かせない営業支援サービス。

そもそも営業支援サービスとは、営業がもつ課題を明確にするために用いられるサービスのことです。今ある営業結果を出すためには、現在のプロセスを分解して、改善しなければなりません。

分析した結果、発見した課題の改善に取り組んで営業コアタイムを増やすことが、営業支援サービスを依頼する目的と理由になります

営業コアタイムとは、営業マンが見込み客にアポイントを取ったり、現状課題をヒアリングしたりする時間のことを指します。

また新規顧客や既存顧客に対しても、ルート営業をかける時間も立派な営業コアタイムと言えます。

アポイント

売上増加に役立つ

売上強化を図るためには、見込み客や既存顧客と関わる時間帯を多く設ける必要があります。顧客側としても営業マンと接する時間が多ければ、安心や信頼につながります。

しかし一口に営業活動といっても、顧客に接すること以外にもたくさんのプロセスが存在します。1人の営業マンがいくつものプロセスをこなしていると、なかなか顧客と対面する時間が取れなくなってしまいます。

そこで営業支援サービスを依頼して、営業プロセスの効率化や改善をはかる必要性が出てきます。その結果、営業コアタイム時間を増やして、売上強化をはかるのです。

営業支援を依頼するときの目標

営業支援を依頼するときの目標

ところで営業支援サービスを依頼するときには、ただ闇雲に利用すれば良いというものではありません。営業支援サービスを利用するからには、成果を最大化させる必要があります。

関連記事:営業スローガンで売上をあげるコツ|一致団結する為の目標設定

営業成果を最大化させるためには、営業支援サービスに何を求めるのか、その課題や目標を設定することがとても大切です。

営業活動の課題や目標として、よく挙げられるのが営業プロセスの可視化です。一口に営業活動といっても、様々な手順から成り立っています。

関連記事:営業の見える化とは自動化すること|属人的な営業から脱却するコツ

一例を挙げると、リスト作成から始まって、アポ獲り、見込み客への訪問を行います。そして見込み客からニーズを聞き出し、それを基に提案を行い、見積もりを提示して契約という流れが一般的です。

当然これ以外にも様々な営業プロセスが存在し、営業活動は思いのほか複雑です。

このようにいくつものプロセスを踏んで営業が成り立つわけですが、営業活動は複数の案件が同時進行しています。そのため、どの案件がどこまで進捗しているのか分からないことが、営業活動の大きな課題です。

そんな時に営業プロセスの可視化を行えば、1人1人の営業マンの進捗管理がしやすくなり、次へのアクションも起こしやすくなります。

関連記事:営業目標の立て方とノルマ達成するためのコツ&法則を大公開!

営業支援サービスを利用することで、営業活動における成功パターンを見いだすことができ、営業成果を最大化させることが可能です。このように課題や目標を明確にして、それを実現させることが営業支援サービスと言えます。

営業支援サービス一覧

営業支援サービス一覧

世の中には営業支援サービスを、商品として提供する企業が増えています。先述した通り営業支援サービスにはクラウド型のSFAやCRM、営業代行システムなど様々なサービスがあります。

このような営業支援サービスは、大手の企業からベンチャー企業まで、様々な企業が利用しています。営業支援サービスを提供している会社はかなりの数になりますが、数ある営業支援サービスから、おすすめのサービスをご紹介していきたいと思います。

関連記事:営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

関連記事:営業代行会社の選び方は?営業代行を使う理由ランキング3選!

SFA

SFAとは、英語の「Sales Force Automation」の略語になります。営業活動を見える化できる為、データを分析して営業の生産性を向上させることができます。

様々なSFAツールが存在しますが、今回は厳選した3つをご紹介したいと思います。

その1:knowledge suite(ナレッジスイート)

ナレッジスイート株式会社が提供するknowledge suite(ナレッジスイート)は純国産のクラウド型サービスです。名刺管理とSFA、CRM、グループウェアが一体化していることが特徴です。

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/

その2:Sales Cloud(セールスクラウド)

セールスフォース・ドットコムは言わずと知れた世界NO.1のSFAツールです。大手企業が採用しているケースが目立ちますが、中小企業でも多く利用されています。

導入時のコストが高いことで有名ですが、その分の機能や価値があるということでしょう。

https://www.salesforce.com/jp/

その3:Senses

株式会社マツリカが運営するSensesも多くの企業で導入されています。安価な料金と充実した機能で支持を集めています。

営業を効率化する営業支援ツールを最初に導入するにはおすすめのツールと言えます。

https://product-senses.mazrica.com/

CRM

CRMとは、Customer Relationship Management (カスタマー リレーションシップ マネジメント)の略語で、自社の顧客を見える化することを目的にしたソフトウェアです。

ここでは厳選したCRMツールを3つご紹介したいと思います。

その1:HubSpot(ハブスポット)

Hubspot社が提供するHubSpot CRMは無料で使うことができるツールです。一般的に必要な機能は実装されているので、まずCRMを試してみたいという場合には最適でしょう。

https://www.hubspot.jp/

その2:eセールスマネージャー

ソフトブレーングループ社が提供するeセールスマネージャーはCRMとSFAの機能が搭載されています。

営業支援システムとしては老舗で、導入から仕組み化するまでサポートしてくれます。業種業態を問わず大手企業から中小企業に至るまで様々な企業の営業改革を支援しています。

https://www.e-sales.jp/

その3:Zoho CRM

外資系のCRMツールです。圧倒的なコストパフォーマンスが特徴で、CRMとSFAの機能がついています。

顧客管理・営業支援システムとしての一般的な機能は搭載されているので、最初に導入するツールとしてはおすすめです。見込み顧客の獲得から商談、受注、既存顧客との関係性構築まで、営業を加速させる為のシステムと言えます。

https://www.zoho.com/jp/crm/

営業代行

営業代行サービスと一言にいっても様々な種類があります。ここではおすすめの営業代行をご紹介していきたいと思います。

その1:アポハンター

アズ株式会社が提供するアポハンターは営業代行の中でもアポイント代行と言われるサービスです。アポイントを納品することを目的にしており、クロージングはクライアント側が行います。

料金はアポ1件につき●円という仕組みで、成果報酬で料金が発生します。

その2:セレブリックス

株式会社セレブリックスが提供する営業代行サービスは営業コンサルティングとも戦略的営業代行サービスです。営業を仕組み化することが特徴であり、売れる仕組みを納品してれます。

そういった意味では、本質的な営業代行サービスと言えるでしょう。

その3:完全成果報酬

株式会社完全成果報酬が提供する営業代行・営業支援サービスは名前の通り「成果報酬」で提供している営業代行サービスです。

実績を基にした様々なノウハウを駆使して、営業支援と販路拡大をしています。新規顧客の開拓から、新規事業の立ち上げまで、営業に関する悩みを解決してくれます。

新しい営業支援サービス

営業支援サービス

最近は営業支援サービスの中でも、「リファラル営業」という言葉が注目されています。リファラルとは紹介や推薦、委託などを意味する単語であり、リファラル営業とは「紹介営業」のことを指します。

関連記事:リファラル営業とは何?紹介営業の仕組みや業務内容を解説

これは知り合いから見込み顧客を紹介してもらう営業行為のことです。知り合いを通すことで、100%は難しくても高い確率で成約に至ることができるメリットがあります

一般的な営業活動では、見込み客を見い出すことから始まります。ただし見込み客を見い出すためには、様々な営業プロセスが必要です。この営業プロセスを効率化&簡略化させるために、リファラル営業を活用する企業が増えています。

関連記事:リードナーチャリングとは?電話&メールの活用方法を徹底解説

リファラル営業を導入するには?

リファラル営業を仕組み化する為には、まずリファラル営業サイトに掲載することから始めます。掲載は無料のサイトが多いので、初期コストは抑えることができるでしょう。

サイトに掲載した情報を見た紹介者(個人・法人)が、「あの人を紹介できそう!」と感じたら掲載企業に対して見込み顧客を紹介します。

そして、その紹介実績に応じて紹介者には報酬が支払われる仕組みです。見込み顧客を紹介してくれる人は、サラリーマンや会社員、個人事業主、法人まで様々です。

営業系の副業として注目されている関係で、紹介者が増え続けており、リファラル営業プラットフォームによって紹介営業を仕組み化することができることでしょう。新しいカタチの営業支援サービスになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる