営業アカデミー

部下に慕われる上司になる方法|部下がついてくるコミュニケーション術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
部下上司TOP

営業部であれば上司と部下の関係が売上に影響してくることでしょう。上司であれば部下がついてくるようなコミュニケーション術を持ちたいところですよね。

そこで今回は、部下と上司が信頼関係を構築するコツやノウハウについて解説していきたいと思います。

部下と上司の関係

部下と上司の関係

部下と上司の関係はお互いに信頼できる関係を作り上げることが重要です。

部下と上司の共通点は仕事ですので、信頼関係の構築は一緒に仕事を通して築いていくしかありません。

特に仕事でピンチが起きたら一緒に汗を流して全力で仕事に取り組むと、信頼できる部下と上司になれるでしょう。

ただ、関係悪化で信頼できない上司になってしまうと、上司が信頼を取り戻すには生半可な努力ではできません。部下の窮地を救うほどの行動が必要になります。

また、部下と上司は恋愛関係に似ているかもしれません。

お互いに努力をしなければ、すぐに壊れてしまう関係なので、信頼を失わないように部下と上司がお互いに努力すると、いい関係を継続できます。

そんないい関係になるには、言葉だけでは伝わりません。行動で示すことが大事になります。

クレームや失敗などから体を張って守ってくれた、上司のことを部下は忘れないでしょう

部下は上司の期待に答えるため、ひたすら努力をすると信頼されるようになります。

失敗をしてもいいので、一生懸命仕事をすることです。

そうしている間に、上司と部下の関係は深まっていきます。

最初は衝突したとしても、お互いに認められれば信頼関係が築けます。

部下と上司のコミュニケーション

部下と上司のコミュニケーション

部下と上司の関係が悪化する理由に、コミュニケーション不足があります。

部下は上司から話しかけられないことを不満に思い、上司は部下から相談されないことを悩みます。

そのように話しかけられない場合は、上司が部下に興味を持てていないと考えられます。

そうなると、積極的にコミュニケーションを取らなくなるのです。

コミュニケーションを取らなくなると、次第に関係が悪化していきます

そうなる前に、コミュニケーション研修を受けることが重要です。

部下と上司のコミュニケーションについて学ぶことができれば、悪化していた関係を改善できる可能性があるでしょう。

部下と上司に絞った研修もありますので、それであれば新しい関係を構築する役に立ちます。

また、信頼できる部下と上司になる具体的なコミュニケーション方法は、話すことです。

話題はなんでもいいですが、お互いにプライベートや仕事についての考えなどをできる限り話すことで、お互いのことを知る良い機会になります。

そのような世間話でも続けていれば、気心を知れたように思えるものです。

これができれば第一段階成功なので、次のステップに移ります。

次は本心で話せる関係を築くことです。お酒が入っていてもいいので、本音をぶつけあうコミュニケーションをします。

これができれば、コミュニケーションで上手くいかなくなることは少ないです。

上司に歯向かう部下の扱い方

上司に歯向かう部下の扱い方

上司に歯向かう部下を対処する為に、部下を叱りつける必要はありません。

それをしてしまうと、むしろ逆効果になるでしょう。

上司に意見することや批判する為には、周りが認めるくらいの実績を示す必要がありますが、意見や批判は会社の利益になる可能性もありますので、紳士に耳を傾けることが大事です。

しかし、ただ文句をいう部下に対しては無視をしてもいいでしょう。

文句を言うことで自分を正当化したり、ストレス発散にしている可能性がある為です。

しかし、上司に逆らう人は出世すると間違えた考えを持っている部下には、諭しておくといいです

上司に逆らってもいい評価をされるとは限りませんし、むしろ上司と衝突するトラブルメーカーとして認識されるリスクがあります。

会社は組織で動いていますので、和を乱す人にいい評価することは少ないです。

また、「上司に逆らってはいけないのか?」という理屈で動くような人には会社から指導してもらうことも必要でしょう。

上司は会社を引っ張ってきた功労者です。

その上司に逆らうのであれば、それに見合うだけの成果と実績を提示することが必要です。

そこまで考えて逆らっている人は少ないでしょうから、会社側から言われれば大人しくなります。

元気がいい部下を制御するのも上司の力量です。

単純に歯向かってくるときには取り合わずに、部下が落ち着いてからゆっくり話すようにしましょう。

部下からパワハラ上司と言われる

部下からパワハラ上司と言われる

部下からパワハラ上司と言われるリスクでありますので、パワハラにあたる言葉などには注意が必要です。

ただ、部下によっては、普通なら気にならない言葉がパワハラだと思う人もいます。

そう考えると、上司は発言に細心の注意を払う必要が出てきます。

基本的に高圧的な言動はパワハラの範疇に入りますし、大きな声も部下が恐怖を感じれば認定されるかもしれません。

色々な部分にパワハラの要素が落ちています。

また、仕返しとして、逆パワハラもあります。

部下が上司に対してパワハラをする行為です。

気の弱い上司だと、部下が高圧的な態度で接してパワハラをするのです。

このようにパワハラは双方向で起きる可能性があるので、相談窓口を社内に用意しておけば随時対処することができます

しかし、改善する為には、パワハラをなくす意識自体を高めることが大切です。

社内にパワハラの要素が蔓延していると、いつまで経ってもパワハラはなくなりません。

そんなパワハラが多い会社ではチーム一丸となって利益を上げることは難しいです。

会社にとってもパワハラは経営リスクになり得るので、なくすべき行為になります。

パワハラがあったら、確実に潰していくことを心がけましょう。

その上で、パワハラも逆パワハラも随時解消されることをおすすめします。

部下に対する上司の責任

部下に対する上司の責任

上司が部下に対して全面的に責任を持つことがマネージメントでは大切です。

部下のミスを上司の責任で処理しないと、部下は決してついてきません。

そのような積み重ねが信頼関係になっていきます。

また、部下の不祥事に関しても上司の責任になります。

全く知らないところで不祥事を起こしても、上司は責任を取る必要があります。

会社と関係のないところで起こした不祥事であれば問題ないですが、仕事に関連することであれば責任は免れません。

部下が独断で行ったミスでも、上司は知らなかったではすまないのです

他にも部下の健康面も上司の責任と言えるでしょう。

よって、適切な仕事量を配分し、健康管理を徹底させることが必要です。

故に、長時間労働はさせられないのです。

長時間働いていれば、止めて帰らせるくらいの感覚が必要です。

部下がなかなか帰らないからといって、健康を害したときに個人の問題だけにはなりません。

部下の健康を維持させる責任が上司にはあるからです。

他にも、部下のモチベーションを上げることが挙げられます。

部下のモチベーションが上がっていないときには、上司が率先して挙げる努力をすることが大事です。

チーム全体の士気が下がっていると、売上にも影響します。

そう考えると、モチベーションを上げる努力は必須です。

ただ、モチベーションアップを上手くできなければ、むしろ逆効果になることもあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる