営業アカデミー

営業フリーランスが簡単に仕事を獲得する方法|仕事探しのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フリーランス営業TOP

営業フリーランスとして独立起業する際に、クライアント探しをすることになります。現代ではweb広告を活用して探すのが一般的ですがフリーランスに仕事を依頼する企業が簡単に見つかることはありません。

そこで今回は、営業フリーランスが簡単に仕事を獲得する方法や、仕事探しのコツをご紹介していきます。

フリーランスとは?

フリーランスとは?

会社勤めではなく、独立して自営業を営みたいと考える人が多くなっています。しかし、独立をしてみたが結局上手くいかず、後悔している人も少なくありません。新たに個人が事業を起こすのは簡単なことではなく、利益を上げられずに苦労することは多いのです。

ただ、自分で会社を設立したり、店舗を持って商品やサービスの提供をしたりするのは難しくても、フリーランスなら成功できたという事例もたくさんあります。

フリーランスとは主に法人をクライアントとして業務を請け負い、その対価として報酬を手に入れるという働き方です。個人事業主として大抵は単独で働きますが、店舗などは用意せずに自分の能力を武器にして労働力の提供や成果物の納品などを行って収入を得ています。

フリーランスは初期費用が少なくて済むのでリスクも低く、独立するときの選択肢に含める人が増えてきました。フリーランスになるにはどうすればいいかというのは重要なポイントですが、専門のサイトに登録して仕事の依頼を探すのが一般的です。

企業がフリーランスの人材を探して求人を出しているので、その中から自分ができるものを申し込み、クライアントと交渉して契約を締結した上で業務を行うという流れで仕事をすることになります。

フリーランス営業が急増中

フリーランス営業が急増中

フリーランスになろうと考えたときにどんな仕事をしていくのかは人によってかなり異なります。フリーランスの人が活躍している分野としてよく知られているのがIT業界で、エンジニアの中にはいつかは独立してフリーランスをしたいと考えている人も大勢いるのが現状です。

エージェントに登録して案件を紹介してもらうと簡単に自分に合った仕事が見つかるので、基本的な技術が身についたらすぐに独立している人も多くなっています。エンジニアは他の人にはない技術を売りにできるので、フリーランスとして働きやすいのは確かでしょう。ただ、このような技術力を持っていない人でもフリーランスをしていることがよくあります。

例えばフリーランス営業がそれに当たります。フリーランス営業は近年急激に増えてきている働き方です。販売活動を行っているほとんどの企業は社内に営業職を抱えていますが、それ以外にも外部の人材を使う傾向が増えてきました。フリーランスの人材を使って営業を任せるというケースもしばしば見られるようになっているのです。

この背景には人材難が挙げられます。世の中で最も就業人口が多いのが営業職と言われていますが、それでも人口減少の影響はあります。また、売上を急増させたくても、人件費は上げたくないという経営者の思惑とも合致して、フリーランス営業のニーズが増えてきています

フルコミッション

営業には基本的なノウハウが必要なのは確かですが、習得するまでに何年もかかるような難しい技術や専門知識が必要ありません。比較的短期間の準備で独立できるという点でフリーランス営業が選ばれるようになっています。

フリーランスには営業力が必須

フリーランスには営業力が必須

フリーランスは自営業の一種で、クライアントになる企業に自分を売り込んでいかなければ仕事を手に入れられません。技術力が優れているエンジニアが必ずしもフリーランスを始めて成功できるわけではなく、実は案件が手に入らずに苦労していることもよくあります。

エンジニアは技術職なので営業ノウハウがないことが多く、技術的には優れていてもクライアントから目を向けてもらえないことも多いのです。そもそもフリーランスをするには営業力が必要と考えると、営業力を武器にして働いてしまうという発想も十分に納得できるものでしょう。

フリーランス営業の働き方は多種多様です。ルート営業を担当することはあまりありませんが、ほとんどの営業業務の代行を任せられる可能性があります。新規開発営業は典型的なもので、飛び込み営業やメール営業などを駆使して新規顧客を獲得できると報酬がもらえるというフルコミッションの案件はよく見かけられます

一方、クライアントのオフィスに常駐して現場の営業スタッフと一緒に営業活動をしたり、営業方針の提案を任せられたりする案件も少なくありません。一般的な営業代行業者が行っている業務はほとんどがフリーランスにも求められているのが現状となっています。

フリーランスには営業代行がおすすめ

フリーランスには営業代行がおすすめ

フリーランスで起業しようと考えている人は営業代行を利用するのが賢明です。まずは自分の専門的な能力を活用できる状況を作り出すために、営業に使う労力は最小限にするのが無難だからです。クライアントの多くは営業職を専門とする人に任せてしまい、自分は獲得した案件の遂行に専念するという形が合理的でしょう。

余力が出てきたら自分で営業を行うようにすれば十分という考えを持っておくのが適切です。もし実際に営業をしてみて自分には営業スキルがあるとわかったら、副業として営業代行や営業支援をするというのも魅力的な稼ぎ方になります

営業代行

一方、フリーランスを始めてみたいけれど、何をしたら良いかわからないという人もいるでしょう。その場合には営業代行をするのがおすすめです。営業職で働いてきた経験がある人ならすぐにでも自分のクライアントを見つけられる可能性があります。そうでなくとも営業支援という形で案件を獲得するのはそれほど難しくはありません。

フリーランス営業のニーズが高まっているので、営業代行をメインにして働こうと思えば求人はたくさんあります。最初のクライアントを見つけて実績を作れれば、それを売りにして次々に仕事を獲得できるでしょう。

フリーランス営業の副業

フリーランス営業の副業

フリーランスとして営業代行を行う場合、副業も合わせて考えておくことが大切です。営業代行業務を本業で行っていればそれで十分と思うかもしれません。

しかし、営業スキルを伸ばすためにも、営業を通して培ってきた人脈を無駄にしないためにも副業を検討してみましょう。フリーランスの場合には会社勤めとは違って副業に関して制限を受けることはありません。時間的に余裕があるなら別の仕事をするのは自由なのです。隙間時間を使って色々な仕事に手を出せば、営業職としてさらに高いレベルを目指すことができるでしょう

しかし、フリーランスを始めてから失敗しないためには副業に時間や労力を費やし過ぎないことが大切です。あくまで余力がある範囲で副業に従事できるようにしましょう。その際に役に立つのがリファラル営業募集サイトです。

リファラル営業募集サイトは、クラウドソーシングの仕組みによって営業の仕事を依頼したい企業と、営業リソースを提供できるフリーランス営業とのマッチングを行っています。営業系に特化した副業情報が手に入るのが特色です。

扱う商材や活動する分野などを限定して検索することができるので、自分に合っている仕事を簡単に見つけることができます。リファラル営業(紹介営業)に特化して使うこともできるため、本業で培ってきた人脈を活かす手段としても適しています。気軽に副業をしたいと考えたらまず使ってみると良いサイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる