完全出来高制の給与はどう決まる?フルコミ業務委託として働く決意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
完全出来高制の給与TOP

完全出来高制の給与は高いことで有名です。営業職の人であれば一度は興味を持ったことがあると思います。

そこで今回は、完全出来高制で働くフルコミの給与の決め方や、完全歩合制で働く意味について解説していきたいと思います。

完全出来高制の給与はいくら?

完全出来高制の給与はいくら?

労働基準法は、労働時間に応じて賃金が保障されなければならない旨を明記しています。そのため、完全歩合制(フルコミッション制)が法律に適合しているか否かが、しばしば議論の対象となっています。

完全歩合制を採用している企業の場合、スタッフ1人1人を個人事業主として扱い、当事者間の業務委託契約に基づいて給与計算を実施しています。スタッフの契約件数や売り上げを考慮した上で、契約内容に従って報酬を算出します。最低賃金という概念が存在していないものの、成果を上げていないスタッフの報酬額を平均賃金を60パーセント程度に設定しているケースが多いです。

完全歩合制で働く場合には、仕事量や勤務時間が給料に直結しないことを理解しておきましょう。同時に、スタッフ個々が出した成果がどれだけ給料に反映されるのかを確認しておく必要があります。

スタッフに支給・還元する割合を低く設定している企業では、成果が正当に評価されにくいため、モチベーションが低下する可能性を否めません。スタッフの出来高が一定の水準を超過した際には、インセンティブを支給する企業が理想です。インセンティブの支給方法は企業によって異なるため、就職前にチェックしましょう。

完全出来高制は業務委託

完全出来高制は業務委託

前述した通り、フルコミッションは完全歩合制の業務委託契約になる為、1ヶ月当たりの給与が固定されていません。自身の業績によっては、月ごとに給与が著しく変動し、家計が不安定な状態に陥る可能性があります。

1ヶ月間、1度も遅刻・欠勤していなかったとしても、皆勤手当はつきません。仕事に取り組む姿勢よりも、どれだけの収益を上げられたかという実績のみが重要視されています。また、フルコミッションの営業マンは出勤・退勤時にタイムカードを押していますが、残業代が支給されません。給与計算の折に、勤務時間が反映されることは殆どありません。規定の勤務時間外に労働しても時給が発生しない実状を理解しておきましょう。

尚、企業がフルコミッションを採用して実力主義を徹底することは困難です。成績が悪いスタッフに対して企業が最低賃金を下回る報酬を支払い続けた折には、違法行為になり厳しい処罰の対象になってしまいます。また、風評被害も発生しかねません。一方的に労働条件を提示しているブラック企業として世間に認知されることでしょう。

企業が直接雇用しているスタッフに対し、「成績が一向に改善されない」という理由で減給・解雇などの処分を下すことは難しいのが実情です。よって、企業の大半は、業務委託会社のスタッフを完全歩合制で雇用しています。成果を上げられない業務委託会社のスタッフには、直ぐに契約打ち切りを告げています。

完全出来高制のメリットとは?

完全出来高制のメリットとは?

フルコミッション制を採用している企業で勤務するスタッフは、モチベーションがアップしやすいです。自身が営業活動を頑張った結果、目で確認できる成果を上げられた時には、しっかりと給料に反映されます。自身の業績に応じた報酬を得られるため、業務に意欲的に取り組めます。自らが進んで創意工夫を凝らし、生産性や作業効率の向上を図れるでしょう。自身のアイディアを生かして試行錯誤する中で、効率よく稼げるメソッドを見つけられる可能性が高まります。

さらに、フルコミッションの営業マンは、時間にとらわれることなく働けるため、仕事とプライベートの時間を区別しやすいです。自分のライフスタイルに応じた働き方を模索できることから、隙間時間を有効活用したい方々にピッタリの職種です。

フルコミッション

実際、フルコミッションの保険外交員の中には、育児中の女性や家庭を持っている方々が少なくありません。一般の企業では、他の社員の顔色を窺い、無駄に残業しなければならない場面が多々あります。自身の抱えている仕事が終了していても、居残りで他の社員の業務を手伝わなければならないことも頻繁にありますよね。

しかし、フルコミッション制の場合は、自分1人で作業スケジュールを決められるため、残業時間が増大しにくいです。

完全出来高制の社会保険

完全出来高制の社会保険

完全歩合制の社会保険は、歩合給を含めて算出します。毎年4月~6月に支払われた3ヶ月分の給与から平均月給を計算し、この金額に基づいて9月以降1年間の保険料を算定していますよ。

但し、完全歩合制は固定給が設定されていないため、7月以降に急激に成績が悪化して給与が低くなる可能性がありますよね。万が一、4月~6月の給与が通常よりも極端に高くなり、7月以降の給与の水準が低下したとしても、9月以降の保険料は安くなりません。

この時、月々の給与と社会保険料のバランスが悪くなっているため、スタッフにとって不都合な事象が発生しかねません。高額な社会保険料によって多大な経済的負担が生じることもあります。また、賞与をはじめとする各種手当を支給されない方々は、家計を補填できず、日々の生活において窮屈に感じる場面が増えるでしょう。

尚、企業に直接雇用されていないフリーランスや個人事業主など、業務委託の場合には自らが保険に加入する必要があります。各種社会保険に加入しておかなければ、働けない状況に陥った折に不便します。体が健康な時には社会保険の必要性を感じにくいものの、転ばぬ先の杖として加入の手続きを済ませておきましょう。

完全出来高制の営業職とは?

完全出来高制の営業職とは?

完全出来高制の営業職、人脈やコネクションを活用して営業活動を展開する方法にはいくつかやり方があります。その中でも近年注目が高まっているリファラル営業についてご紹介します。

リファラル営業とは、代理店の仕組みの一部である紹介店・取次店という仕組みになります。リファラル営業を支援する「リファラル営業募集サイト」では、この仕組みをクラウドソーシングとして提供している為、個人の副業や法人が副商材を仕入れるのに最適なサービスになっています。

リファラル営業は、代理店と同様の役割を担いますので、受注率の向上、仕事の合理化に役立ちます。主な業務は、不特定多数の人々の中から、見込顧客を探し出してメーカーに引き合わせることです。このように聞くと難しく聞こえるかも知れませんが、簡単に言えば「人と人をマッチングさせるだけ」なのでお見合いの感覚に似ています。見込顧客とメーカーが対面する場を提供するマッチングが業務内容になりますが、商品・サービスの提案や契約業務には一切タッチしませんので、気軽に取り組むことができます。

実績に応じて紹介した人には紹介料としての報酬が支払われます。この報酬の金額は、商材のタイプによって全く異なりますが、非常に単価が高い商材の場合には、100万円以上の報酬が支払われるケースもあります。

因みに、リファラル営業を活用するシーンは、多岐にわたっています。例えば、企業が本命の儲かる商材を売り込みたい場合には、まず顧客の懐に潜り込むことが大切です。そのようなケースでは、無料の商材をフックに用いて対面する機会を作り、本命の商材の有用性を丁寧に説明します。コスト削減に繋げられることが顧客に伝われば、契約が成立する可能性大です。

本命商材の販売だけでなく、顧客が抱えている課題に応じた商品・サービスを提案することも営業マンの使命です。例えば、父親の転勤に伴って引っ越しと新居探しを検討している家族には、知り合いの不動産屋を紹介すれば課題解決に貢献できるので喜ばれますよね。それと共に、自分自身も利益を得られる効率的な仕組みがリファラル営業になります。

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る