営業アカデミー

男性がスマホで副業する方法|在宅で稼ぐネット系&営業系の副業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
男性の副業スマホTOP

会社員の副業解禁が影響して男性の副業が増加しています。特にスマホを活用したサイドビジネスが人気になっており、土日や隙間時間での活動が顕著になっています。

そこで今回は、男性が自宅で副業する方法や、在宅で稼げるネット系&営業系の副業をご紹介していきたいと思います。

男性が副業する理由

男性が副業する理由

近年、政府も副業を容認する方向になってきたことによって企業側も徐々に副業をみとめるところが増えていきました。そういった背景もあって現在正社員として収入を得ているサラリーマンが副業をする、または副業を考える動きが活発化しています。サラリーマンがサイドビジネスをするようになった理由としては、先に説明した会社側の副業に対する認識の変化が大きいですが、それ以外に平均年収の変化も大きな要因となっています

サラリーマンの平均年収はバブル崩壊後徐々に下がっている傾向にあります。しかし、年収と反比例するように税金や物価の上昇など支出面は徐々に上がっていく傾向にあります。年収が下がっているうえに支出が上昇しているわけですから、サラリーマンとしての稼ぎだけでは貯金が出来ないという人も出てきており、そういった人が毎月の生活費の足しや貯金をするために副業を始めています。

また近年ではスマホ1つで簡単にできる副業が増加傾向にあり、副業をはじめやすい環境になっているのも男性が副業をするようになってきた理由の1つと言えるでしょう。大企業に勤めて十分な収入がある人では知見を広げるという目的で異業種での副業を始める人たちが出てきています。

在宅や家で稼ぐ副業

在宅や家で稼ぐ方法

サラリーマンは平日会社に行って仕事をしているのでなかなか副業に時間を割くことができません。したがってサラリーマンが副業をして稼ぐのに最も適した方法は土日に自宅で副業をし、収入を得るという形になります。

自宅での副業で真っ先に思いつくのが昔からある単純作業を繰り返す内職です。実際に現在もこういった内職によってお金を稼ぐことは可能ですが、時間あたりの報酬は決して高いものではありません。他にも家で稼ぐ仕事としてお勧めできるものには「せどり」があります。せどりとは簡単に言えば転売のことで、古本屋やリサイクルショップなどで商品を安く購入し、購入した商品を買った値段よりも高く売るというのを繰り返して収入を得る方法です。商売の基本である「安く仕入れて、高く売る」というだけの単純なビジネスなので、誰でもすぐに始めることができます。

土日であればリサイクルショップなどに、掘り出し物を物色しに行く時間を十分確保できることでしょう。地元の古本屋やリサイクルショップに行けばそういった副業をしている人は決して多くないと思いますので、思わぬ掘り出し物を見つけられるかもしれません。

また、アニメグッズなどは海外でとても人気がある為、海外での転売をメインにするのも良い方法です。せどりはスマホさえあれば自宅でも簡単に取引ができますので、在宅で稼ぐには効率の良い副業と言えるでしょう。

スマホで稼げる男性副業

スマホで稼げる男性副業

先ほども少し触れましたが、現在ではスマホを使った副業で稼げる方法がとてもたくさんあり、スマホでのサイドビジネスを副業のメインにしている人もとても多いです。ギャンブル性は高いものの、当たれば一獲千金を狙える株式&FX投資といった副業も現在ではスマホ上で簡単に取引が可能です。

スマホは常に肌身離さず持ち歩いているため、その場で値動きの確認がしやすいことから株式やFXでの副業を考えているならばむしろスマホでおこなったほうが良いでしょう。

また近年副業としてWEB上で使用する記事のライティング作業(データ入力)をする人も増えてきています。記事のライティングではスマホで行えるクラウドソーシングサイトも出てきています。もちろんパソコンでも可能ですが、スマホを利用すると文字を音声入力することが可能になりますので、多少楽になります。

ライティング作業の場合、誤字や脱字が多いとせっかく書いた記事が承認されず報酬が得られないことがありますが、音声入力であれば文字の打ち間違いをすることが無いですし、タイピングが苦手な人でもライティング作業をおこなうことが可能です。また、人と会話をするのが得意だという人はチャットボーイもスマホでできる副業としておすすめです。在宅でできる副業ですが、上手くいけば空いた時間を利用するだけで10万円近く稼ぐこともできます。

男性向けのおすすめ副業

男性向けのおすすめ副業

男性が副業をしたいというのであれば、在宅やスマホでの副業もいいかもしれませんが、もっとアクティブに動いた方が短時間でお金を稼ぐことができるかもしれません。

普段身体を動かす仕事をしていて体力があるという人は、仕事終わりや休日を利用して身体を動かす副業をして収入を得るというのも1つの方法です。

例えば引っ越し業者などは日雇いでアルバイトを募集していたりするので、毎週そういったところで働けば確実に動いた分の収入を得ることができます。ただし仕事をしながらの肉体労働はそれなりにハードですし、会社によってはアルバイト自体を禁止しているところもありますので、アルバイトをする前には会社の就業規則をよく確認しましょう。

また治験のアルバイトも男性におすすめできる仕事の1つです。新薬のテストなので副作用の懸念はあるものの、かなり高額の副業になっています。

他にも、本業を営業職にしている人におすすめできるのがリファラル営業になります。リファラル営業というのは日本語に訳せば「紹介営業」という意味になります。リファラル営業では特定の企業の商品・サービスを知人または取引先などに紹介するだけで報酬が得られる仕組みになります。

リファラル営業をして欲しい企業と、副業としてリファラル営業をしたい個人をマッチングするリファラル営業募集サイトは近年とても注目されています。

副業は確定申告する

副業は確定申告する

このように、現在では気軽にはじめることができる副業がたくさんあります。もしも会社側が副業を認めていて自分でもできそうなものがあれば無理のない範囲で始めてみると良いでしょう。

ただし副業をおこなう上で必ずおこなわなければいけないのが確定申告になります。サラリーマンの会社収入に関しては総務の人が年末調整時に確定申告をおこなってくれますが、副業は本業以外の収入になりますので、副業の収入に関しては自分自身で税務署に出向き、確定申告をしなければいけません。副業収入がいくらから確定申告が必要になるかについて気になるところですが、年間20万円以下の所得の人は所得税がかからないので基本的に確定申告をする必要はありません。

逆に言えば年間の所得が20万円を超えている人は確定申告をおこなわなければ所得税を支払っていないということになり脱税扱いになります。金額によっては税務署からの調査が入り、未納分の税金をまとめて請求される場合もあります。とはいえやり方やいつ手続きをすればいいかわからないという人も多いでしょう。

簡単に説明すると確定申告は2月後半から3月中旬までにおこなうことと定められていて、手続きの方法としては税務署で配布される既定の書類に収入や経費を記載して計算から割り出された所得税や住民税を支払うという形になります。最近ではパソコン上でのe-Taxを利用する人が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業支援|営業系の副業情報サイト「side bizz」

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、主婦、大学生の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる