完全歩合制の仕事って辛いの?正社員とは反対の業務委託という働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
完全歩合制の仕事TOP

完全歩合制の仕事を検討している人にとって、その仕事内容は気になる部分だと思います。実際に、フルコミッションは「きつい」とか「辛い」とか言われることが多い仕事の為、不安になってしまうことでしょう。

そこで今回は、業務委託という働き方について解説していきたいと思います。

完全歩合制の仕事とは?

完全歩合制の仕事とは?

完全歩合制の仕事はフルコミッションとも呼ばれます。これは給与体系として固定給が設定されていないもので、成果に応じて報酬が支払われる仕組みになっているのが特徴です。成果の基準は職種によって異なりますが、歩合を計算しやすいことから売り上げという場合が多いでしょう。

完全歩合制の仕事は個人事業主の人がよく行っている働き方で、個人タクシーの運転手が代表例です。タクシーの運転手の場合にも売り上げの一定割合が給与として与えられる形になっているのが通例です。この他にもトラックのドライバーや不動産会社の営業マンなど様々な人が完全歩合制で働いています。

完全歩合制で働く魅力は、努力次第で年収が大幅に高くなることです。完全歩合制でしっかりと働いている人の中には月70万円以上も稼ぐ人もいます。どれだけ収入が高いかは仕事に費やす時間や仕事への工夫などによって大きく変化するのが特色です。逆にあまり仕事をしないとお金があまり手に入らないというデメリットはありますが、自分なりのワークライフバランスを整えて働くことができるとも言えるでしょう。効率を上げて働けばプライベートの時間も確保しやすくなり、公私ともに充実させられる魅力がある働き方が完全歩合制です。

完全歩合制の反対は?

完全歩合制の反対は?

完全歩合制は固定給がなく、出来高制になっているのが特徴です。これと反対の給与体系は完全に固定給になっていて、どれだけ売り上げなどに貢献したとしても月次給与が変わらないものです。正社員やアルバイト・パートなどで雇用契約を結んで働く場合には、最低賃金を保証しなければならず、完全歩合制とは真逆になります

ただ、雇用契約を締結した場合でも売り上げに応じて収入が変化する場合もあります。その理由は、給与規定の中に歩合制が盛り込まれている場合があるからです。その場合でもフルコミッションではなく、固定給+出来高に応じたインセンティブを追加して支給するタイプの給与体系になっています。

雇用契約を結んで働く場合には労働条件についても厳しく規定されます。どの曜日にいつからいつまで働くのかが定められていて、それ以外の時間に働いた場合には残業代も支払われます。

また、夜に働けば割り増しで残業代を出してもらうことも可能です。有給休暇の取得も認められていて自由に取得できる原則になっています。さらに少なくとも正社員であれば社会保険は完備されていて、年末調整もしてくれるので確定申告をする必要はありません。雇用契約を結ぶと提供されるメリットとして知っておいた方が良いでしょう。

完全歩合制は業務委託

完全歩合制は業務委託

完全歩合制で働くためには正社員として雇用してもらう道は諦める必要があります、最低賃金法による規定で、正社員として雇用契約を結んでしまうと雇用主は固定給を支払う義務を負うからです。フルコミッションで働きたいと思ったら独立して働くことが原則になります。

個人事業主として独立した後に、企業と業務委託契約を締結して働く場合には、完全出来高制にすることができます。ただし、基本的にはフルコミッションにするかどうかは交渉次第で、相手企業がどのように考えるかによって固定給が定められる可能性もあります。

フルコミッション

業務委託契約をして働く場合には業務時間が重ならない限りは幾つの企業と契約を締結して働いても問題はありません。ただ、それぞれの仕事に対して自分だけで責任を負って働くことが求められるので注意しましょう。フリーランスで働くときには信用が重要になり、もし与えられた仕事を満足にできないと次の依頼をもらえなくなるリスクがあります。

そして、企業の要求に応えられれば収入が増えますが、仕事をしなければ収入はゼロになる可能性もある働き方です。本気で仕事に取り組もうという気持ちを持っている人にとって魅力が大きい働き方だと言うことができるでしょう。

完全歩合制の社会保険

完全歩合制の社会保険

業務委託契約をして働く場合には正社員として雇用してもらっているときとは与えられる待遇が大きく異なるので注意しましょう。雇用契約を結ぶと労働者として守られる権利が発生するため、有給休暇を取得できたり、残業代を支払ってもらったり、社会保険をカバーしてもらったりすることができます。

雇用主としては義務なので、コストをかけてでもこのような労働環境を提供しなければいけません。しかし、業務委託で働く場合には依頼主の企業と雇用関係にはないため、このような待遇を受けられなくなります。

完全歩合制で契約すると固定給や基本給はゼロになりますが、特に契約書に記述がない限りは残業代や休日出勤手当なども支給されることはありません。健康保険や雇用保険などの各種社会保険も自分で加入手続きをしなければならないのが原則です

また、年末調整もしてもらえないので自分で税額を計算して納税し、確定申告の手続きをする必要があります。手間がかかるのは確かですが、個人事業主として働く上では不可避になります。

ただ、負担に感じられるなら税理士などに依頼して確定申告をしてもらうこともできます。その費用は経費として計算できるので節税にもなることでしょう。

完全歩合制の募集情報

完全歩合制の募集情報

このようなフルコミッションのメリットやデメリットを考慮して、モチベーションを上げるのに良い働き方だと思う人も多いでしょう。完全歩合制のスタッフを募集している企業は着実に増えてきていて求人も豊富にあります。

正社員の営業職として働いていた人を即戦力として募集していることも多いですが、大学生のような営業未経験者が、副業として働いているケースもあるのが実情です。営業職は体力と根気が求められることが多い為、若い大学生を重宝している企業もあります。年齢を問わずに探してみることができる働き方と言えるでしょう。

完全歩合制の仕事を探すにはウェブサイトを使うのが便利です。営業職の仕事に特化しているサイトとしては、side bizz(サイドビズ)が代表的なサイトになります。フルコミッションの求人が豊富にあり、営業に強みを持っている人であれば有効活用できることでしょう。

フルコミドットコムはフルコミッション専門のサイトで、様々なフルコミ案件が豊富に掲載されています。業務委託で働きたいという人にとって広い視野で仕事を探せるのがメリットでしょう。DODAのような大手転職サイトでもフルコミッションの業務委託の求人があります。このようなサイトを駆使してみると自分に合った待遇の仕事を見つけられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる