営業アカデミー

営業代行人材の募集方法|個人の副業フリーランスを活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業代行募集TOP

営業代行を活用しようと検討する段階で何種類か選択肢が出てくると思います。1つは外部の営業代行会社に依頼する方法で、他にも個人の副業フリーランスを活用する方法などもあります。

そこで今回は「営業代行」をテーマに、その選択方法や、自社に最適な活用方法までをご紹介していきたいと思っています。

営業系の個人フリーランスとは

営業系の個人フリーランス

営業職というと、企業に所属している従業員がその企業の商品・サービスを宣伝するというイメージが強いですが、働き方が多様化する中で、自社の従業員だけが営業をする状態ではなくなっています。

営業職は、自社の従業員以外にも外部の人間を取り入れて行うことも増えてきています。営業に特化した仕事を行う人々がいて、営業系の個人フリーランスや営業代行などがそれらにあたります。

営業系の個人フリーランスというといまいちイメージが湧きにくいという人がいます。個人事業主との違いや自営業との違いも判らない人も多いです。フリーランスとは、特定の企業・組織に属さず、仕事ごとに契約を結ぶ働き方を言います

一方で個人事業主とは、法人を設立せずに個人で事業を営むことです。つまり、個人事業主は税務上の区分のことで、フリーランスとは契約や働き方を意味しています。働き方改革によって副業の存在が多く認められるようになったことから、このようにフリーランスとして働く人が増えてきています。

しかし、フリーランスとなったからと言って必ずしも稼げるというわけではありません。フリーランスであるからこそ、専門的な能力や必要なスキルを有していることが重要です。逆に、営業職として能力や経験、ノウハウをより生かしたいのならば、フリーランスの営業代行として働くことが一番です。

関連記事:営業代行で起業する前に必ずやるべきこと|独立・開業のコツ&ノウハウ

営業代行の活用方法と費用

営業代行の活用方法と費用

フリーランスの営業職、営業代行といわれても、いったいどのように営業の仕事をしていくのかがいまいちわからないという人も多いことでしょう。

企業に所属する営業職の従業員とは働き方が異なりますが、どのように異なるのか、そして費用や営業の効果の違い、メリットとデメリットもしっかりと理解したうえで活用することが重要です。

営業代行サービスには、様々な活用方法があります。顧客の開拓から契約成立までの営業のすべてを営業代行で行うこともありますが、それだけではありません。

営業代行

部分的な営業代行やアポイント代行、常駐型の営業代行まで様々な活用方があるので、自社企業の商品・サービスや営業にかかるコストなどを計算したうえで、選ぶことが大切です

部分的な営業代行の費用は、一律ではありません。見積もり次第で様々に変わるので、どのような部分を営業代行に依頼するのかをしっかりと吟味することが必要です。

しかし、費用の相場はあり、常駐型の営業代行で固定報酬で月100万円/名以上、アポイント代行では、売れたときに売れた分だけ報酬を支払う成果課金型で1アポが15,000円~50,000円くらいとなっています。ただし、アポイント代行の場合は、アポイントが取れなければ課金が発生しません。

関連記事:営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

マッチング募集サイトの活用方法

マッチング募集サイトの活用方法

営業代行には、様々な活用方法があるので、どの営業代行を選べば「最も自社の商品やサービスを販売することができるのか?」といったことが問題となります。

関連記事:営業代行の成果報酬はいくら?売りやすい商材もランキング5位まで紹介!

営業代行を依頼したことがない場合には、どの営業代行業者に依頼して、どの代行方法を選べばよいかわからず、適した営業代行の方法を選ぶことができないために、営業代行のメリットを最大限生かすことができない状態になってしまいます。

このようなことを避けるためには、マッチング募集サイトを活用することがおすすめです。マッチング募集サイトでは、様々な営業代行を行っているフリーランスの人々と、営業代行を求めている企業を結び付けてくれます

関連記事:代理店で独立開業する!代理店募集サイトを無料で活用する方法

一見求人サイトに似ている内容に聞こえますが、中身は全く異なります。マッチング募集サイトは、企業だけではなくフリーランスにとってもありがたいサービスであり、副業をしたい・人脈を生かしたいというフリーランスの人々に最適な企業や商材を紹介してくれるので、望んだ働き方を実現することが可能です。

マッチング募集サイトはその形式も内容も多種多様にあります。営業代行会社と依頼主との一括見積りサイトや、営業フリーランスと依頼主をマッチングするリファラル営業募集サイト、代理店募集サイトまで様々です。

関連記事:無料で使える代理店募集サイトの探し方|厳選ストックビジネス5選

副業で営業代行する人が増加中

副業で営業代行する人が増加中

営業職は、企業に勤めて行うだけでも重労働であるという話はよくあります。そのため、フリーランスで営業代行をするような人はあまりいないのではないかと思う人もいます。

しかし、実際副業で営業代行をする人は増加し続けています。その背景としては、働き方改革によって、副業を解禁することが推奨されるようになったことがあります。

関連記事:営業代行で副業開始!紹介するだけで稼げる営業系の副業とは?

また、働き方改革では現役の社員の副業解禁という効果だけではなく、シニアの人々がそれまでに築き上げてきた経験や知識、人脈やノウハウをより一層活用することも推奨されるようになっており、現役を引退したシニアの人々が、営業代行という形で再び働くということにもつながっています。

副業が解禁され、シニアの人々の再雇用や副業が盛んになったことによって営業系のフリーランスは大いに増えました。

また、営業系の仕事は、個人の人脈や営業スキルに大いに影響される仕事です。営業の能力は、意欲的に自ら獲得しなければ身に付きません。

営業系の人々を手助けするようなマッチング募集サイトも増えてきたこともあり、ビジネス経験の浅い人から培ってきた経験を活かしたい人々、より一層営業の能力を高めたい人々までサイドビジネスとして営業代行が行われるようになっています。

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

営業代行会社は社長をチェック

営業代行会社は社長をチェック

営業系のフリーランス・個人事業主として働く人々は数多くいます。営業代行で起業する人も、数が多く、今後も数を増やしていくことが予想されます。

営業代行の仕事は、商品が営業サービスとなるので、他の企業のように商品を作り販売することは基本的にありません。そのため、初期投資も少なくすみ、在庫リスクを抱える危険性も少なく、非常に起業しやすい事業です。

しかし、数多くの営業代行業者やフリーランスの営業職が存在していると、どの営業代行業者・フリーランスの営業職に依頼すればよいのかが迷うところです。営業代行を依頼する場合には、その業者の社長の経歴や、過去の営業実績などをチェックすることが大切です

経営者でもある社長の過去の経歴や営業の実績がどのようなものであるのかを知れば、その営業代行の営業力を判断することが可能になる為です。

経歴や営業の実績が良ければよいほど、マネージャーの知識や経験が豊富であると想定される為、よい営業を期待することができます。

もちろん、経歴や実績ばかりに気を取られてはいけません。その経歴や実績が自社商品の営業に適しているのかも判断することが必要です。得意としている分野をはじめ、サービス対象の地域、サービスの内容もしっかりと確認します。

そのうえで、報酬体系とコンプライアンス管理がどのようになっているかを確認することがおすすめです。

関連記事:営業代行会社の選び方は?営業代行を使う理由ランキング3選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる