営業アカデミー

営業はもう無理と感じたらうつ病かも|辞めるタイミングと転職のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
無理TOP

「 営業は辛い」「営業はきつい」と良く言われます。その厳しさ故に、うつ病になってしまう人もしばしば見かけるほどです。せっかく自分で選んだ仕事なのに、うつ病になってしまっては目も当てられません。

そこで今回は、営業職の人が限界に感じた際の対処方法や、辞めるタイミングと転職について解説していきます。一人で悩んでいる営業マンの方は必見です。

営業はきついのが当たり前

営業はきつい

社会人になって企業で働くようになると、何かしらの業務を担当することになります。業務内容は会社によって様々ですが、どこの会社にもあるのが営業職です。

この営業の仕事には他にはない特徴があり、そのことが営業に向いてない人にとってはやりたくないと感じる一因となるかもしれません。

関連記事:楽な営業&辛い営業6選!営業を楽にする方法とは?

例えば、営業の仕事とは、見知らぬ人にいかに自社の製品を売り込むかという仕事になるわけですが、人付き合いが苦手な人や引っ込み思案な人にとっては、他人と付き合うだけで大きなストレスを感じることになりかねません

また、営業がきつい理由としてよく挙げられる項目の一つに売上ノルマがありますが、これもプレッシャーの耐性が低い人にしてみれば大きな心理的な負担となるでしょう。

関連記事:営業ノルマが未達成になる原因は?きついノルマを達成する方法

個人営業よりも法人営業の方が楽という人もいますが、法人営業であっても前述の点は変わりないので、向いていない人に営業をさせることは会社としてもメリットが少ないと言えます。

心理的なストレスが過度にかかれば、うつ病などの精神病に罹患する可能性が高くなり、症状が重くなればなるほど回復に時間を要します。

そのため、自分が営業に向いていないと感じたら、早めに転属を願い出たり、転職を検討するのも一つの方策です。仕事が嫌で朝起きれないようになったら、行動に移すシグナルと考えて良いでしょう。

営業はストレスが溜まる

ストレス

上述の通り、営業は見知らぬ人と親しくコミュニケーションしたり、売り上げなどの数字のノルマに常に追われるという状況にあることから、大きなストレスのかかる仕事だと言えます。

これに加えて、どの職場にもあるような出世競争や、社内の人間関係などもストレス要因としてあり得ることから、それらが全て混じり合った環境で仕事をすることは決して容易ではありません。

ストレスは適度なものであれば、仕事の動機付けとすることも可能ですが、溜まりに溜まっていくとストレスが原因でうつ病などの病気が発症するリスクもあるため、うまく管理することが必要です。

例えば、男性の多い職場では女性営業職はそれだけでストレスの大きい仕事となるわけですが、向いてないと思って異動を願い出るとかえってネガティブに評価されると感じて無理を重ねてしまうかもしれません。

関連記事:女性が活躍できる営業職とは?女性が営業する際のメリットと注意点

しかし、そのような状況が続くと、やがて職場に行くと吐き気を催すようになったり、最悪の場合にはうつで退職せざるを得なくなるかもしれません

そのような結果は会社や同僚を含め、誰も幸せにはなりませんので、自分で営業のストレスをうまく管理しきれないと感じた場合には、上司や人事部などに相談してみるというのも一つの案になります。

営業に向いてない人の特徴

営業に向いてない

では、営業に向いていない人とはどういう人を言うのでしょうか。この点、注意しなければならないのは、周りから営業の仕事に向いていないと言われることによって、自分でもそのように信じ込んでしまい、辞めたいと考えるようになることです。

関連記事:営業のやりがいを感じない!?営業マンの醍醐味を紹介します!

特に、新卒で入ったばかりの若い社員は、多くの可能性を秘めているにもかかわらず、仕事に不慣れで失敗ばかり繰り返すということは珍しくありません。

そのような若手に対して、周りから、叱責も兼ねて心ない言葉が浴びせられるケースがありますが、それらを克服することによって、一流の営業マンへと成長した人も数多く存在することから、自分自身で可能性の芽を摘むことは避けた方が良いでしょう。

>>一流営業マンが実践するリファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

一方で、そうは言ってもどうしても営業に向いていない人というのも存在します。このタイプの人に共通するのは、ストレス耐性が著しく低いということです。普通の人であれば我慢できるちょっとしたことが、大きなストレスにもなり得ます。

関連記事:営業メンタルはネガティブが常識|やる気にさせるメンタルトレーニング

このような特徴のある人はストレスの大きな仕事には不向きである一方、事務作業などには高い能力を発揮するケースもありますので、自分がそうだと感じたら、向いていそうな仕事を探してみると新たな可能性が見つかるかもしれません。

営業を辞めるタイミング

営業を辞める

自分が営業に向いてないと思っても、「営業を辞めたい」は甘えだと感じてなかなか踏ん切りがつかないというケースもあり得るでしょう。

そのような場合に自分に踏ん切りをつけるためには、そのまま営業として仕事を続けていった場合、将来の自分の姿を思い描いてみることです。

そこでストレスに見事打ち勝って、優秀な営業職として活躍している自分自身のイメージが持てるのであれば、そのまま営業職を続けることが賢明です。

特に新卒社員なら猶更、もうしばらく辛抱して仕事と向き合ってみるべきです。

関連記事:営業が苦痛で3年もたない|営業マンに向いてない人と向いてる人の違い

一方で、どう考えても営業として続けていくことに自信が持てず、暗い未来しか思い描くことができないということであれば、思い切って辞める決断をするというのも一つの選択でしょう。しかし、辞めるタイミングを見極めるのは言葉で言うほど簡単ではありません。

人間には現状維持バイアスがあるため、ストレスを感じていても現状を変えることへの抵抗が大きく、辞めるという決断ができずに事態が悪化するということは珍しくありません。

そのようなことにならないようにするには、過度なストレスは健康を損なうリスクがあるという点を念頭において、その危険性を感知した時点で速やかに辞める方向で動き出すという姿勢を常に堅持することが求められます。

関連記事:営業ストレスが限界になる前に発散する|うつ病を解消する方法

営業が無理なら転職を検討

転職

最後に、仕事は何も営業だけではありません。営業の仕事がストレスできついと思ったら、他に自分に向いている仕事を見つけることによって、キャリアアップを図ることは十分に可能なのです。

昔と異なり、現在では人材の流動化が進んでおり、転職歴のあることは、多様な経験を積んでいるということでポジティブに評価されることはあっても、ネガティブに評価されることはなくなってきています

関連記事:営業に転職するメリット&やりがいはある?求められるスキル4選

また、若年層だけでなく40代以降のシニアの転職市場も活況を呈している状況においては無理に営業職に固執する必要性は高くはありません。そのため、営業を辞めたいと感じたり、営業としてのキャリアには向いていないと考えるようになった場合には、思い切って転職活動をしてみると新たな可能性が開けるかもしれません。

営業は事務作業から対人コミュニケーションまで、社会人に求められるスキルセットを一通り身につけるには非常に良い仕事ですので、向いていないとはいえ、そこで得た経験は今後の仕事においても大きな力となるはずです。

なお、転職活動の際には、自分が営業に向いていないなどと伝える必要は全くなく、自分の営業としてのキャリアがいかに次の仕事に活かせるかを説明した方が良いでしょう。

関連記事:フルコミッションに転職するというリスク|社会保険や有休はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる