営業アカデミー

営業が不安な未経験者は必見!きつくて辛い営業を楽しむコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業未経験者TOP

営業マンで不安を抱えている人は多いです。その理由は様々ですが、営業の未経験者では特に顕著だと言えます。

しかし、本来の営業とは楽しいのもです。ここでは、きつくて辛い営業を楽しむコツをご紹介していきたいと思います。

営業ができるか不安

営業ができるか不安

学校を卒業して新卒営業として働く時は、ストレスを感じてきつくて辛いと思う方は多いです。

営業の仕事とはお客様の所まで行って、契約を取ってくる形で行われます。

契約を取る時は飛び込み営業をする場合もありますが、この方法はベテランでも辛いといわれます。

今まで会ったことがない方と話すのは負担が大きく、精神的に参ってしまう時もあります

負担が大きな仕事なので会社で働いている新卒営業の方が、自分には向いていないと不安を感じてしまうことは多いです。

ただ慣れれば上手く対応できるケースもあるので、自分なりに努力をするべきでしょう。

関連記事:営業メンタルはネガティブが常識|やる気にさせるメンタルトレーニング

営業の仕事が辛いのは成果主義なので、失敗してしまうと評価が下がるからです。

他の仕事ならば作業をしっかりしておけば、その結果に合わせて評価してくれます。

しかし営業は結果を出せないといけないので、どんなに努力をしても契約を取れなければ認めてくれません。

新人の営業マンは上手く契約が取れず、社内でも浮いたような立場になりやすいです。

失敗を繰り返し会社に居場所がないまま仕事を続けていれば、心の病になる可能性もあります。

営業の仕事はストレスが大きく精神的な負担があるので、それにどう耐えるかが重要になります。

関連記事:営業が初めてでも不安にならない|未経験者が早く慣れる為のコツ

営業に向いていない人の特徴

営業に向いていない人

新卒営業をしていて辞めたいと感じるのは、周囲から向いてないと言われることです。

自分が頑張っているのに周りからそういわれれば、ショックを受けて落ち込んでしまいます。

ただ営業の仕事には向き不向きがあるので、自分に合っているか考えてみるのは大切です。

上手く行けば欠点を克服できるので、向いていない人の特徴は知っておくべきでしょう。

良くあるのは失敗を気にしてしまう人で、そういう人はあまり営業マンには向いていません。

大雑把で多少の失敗は気にしない性格でないと、営業マンとして長く続けるのは難しいです。

関連記事:営業は大変だし死にたくなる|厳しくてつらい営業を楽しむコツ

コミュニケーションが苦手で、人と話すと緊張する方も営業には向いていません。

営業をする時は相手の考えを想像して、それに合わせたトークをして興味を持ってもらいます。

短期間で信頼関係を築く技術もいるので、コミュニケーション能力はどうしても必要です。

また自分が営業に向いているか調べたい時は、向いている職業を診断するテストを受ける方法もあります。

一度就職すると別の会社に移るのは大変なので、新卒営業として働く前に確認しておくのは効果的です。

トップセールスマンは明るく細かいことを気にせず、それでいながら相手への思いやりを忘れません。

そのような対応が難しい方だと、営業マンに向いていない可能性があります。

関連記事:営業に向いてない人でもトップ営業になれる?トップセールスマンの条件

営業ストレスで限界

営業ストレス

会社で営業の仕事をするとストレスを感じやすく、上司に怒られるなどしてへこんでしまう時もあります。

何度も精神的に無理をしてしまうと、ストレスで病気になってしまう人もいます。

うつ病になってしまうと治療に何年もかかる時があるので、無理だと感じたら別の仕事に転職するのも一つの方法です。

実際に別の仕事をして辞めてよかったという人もいるので、本当に辛いならば別の仕事を探すのも良いでしょう

ただストレスを上手く解消できれば、辛いことがあっても対応できる時はあります。

関連記事:営業に疲れたら我慢しない!ストレス発散方法と転職のススメ

仕事のストレス発散方法としては、カラオケに行って歌うのが効果は高いです。

大きな声で歌えば精神的な負担が減って、明るく前向きな気持ちになれます。

お酒を飲んで精神的な負担を減らす方法もあって、適度な飲酒はストレス発散に十分な効果があります。

また営業の仕事をしていてどうしても辛い時は、カウンセリングを受けてみるのも良いです。

会社の不満など周囲には言いにくい内容も、専門家とのカウンセリングならば素直に話せます。

営業の仕事はストレスが強いので、それを溜め込まないようにする方法が必要です。

仕事をしていてきついなと感じる前に、ストレス発散をしておけば安定して仕事ができます。

関連記事:営業ストレスが限界になる前に発散する|うつ病を解消する方法

仕事を前向きに捉える

前向き

営業の仕事がなぜ辛いのかというと、それは好きではないと感じているからです。

好きでない仕事をしていればストレスも溜まりやすく、やる気も出ないので十分な成果を得られなくなります。

関連記事:「売れない営業マン&売れる営業マン」の違いとは?売れる人の特徴5選

トップセールスマンは営業の仕事が好きで、常にポジティブな考え方をしています。

物事を前向きに捉えるのが長所の彼らは、ポジティブな行動をして営業の仕事で成功しています。

後ろ向きな考えにとらわれていては仕事は成功せず、何をやっても失敗してしまいます。

営業マンとして出世したければ、ポジティブに働く考えを持つべきでしょう

>>営業マンとして成功したいなら|リファラル営業プラットフォームside bizz(サイドビズ)

前向きに考えれば営業の成果が出やすいですが、そう考えられない人もいます。

例えば神経質な方だと細かい点を気にしてしまい、過去の失敗をずっと引きずってしまう時もあります。

ポジティブに考えて仕事をするためには、自分自身に暗示をかけてしまうのが効果的です。

やる気を出させる言葉を口にするとか、自分はできると日頃から言い聞かせるなどの方法があります。

前向きな気持はすぐには現れませんが、日頃から自分に暗示をかけていれば少しずつは変わってきます。

気持ちが変化すれば営業活動にも好影響を与え、大きな成果を得られればポジティブな考え方が身に付くようになります。

関連記事:売れる営業マンに共通する考え方とは|トップ営業マンの基本思考と特徴

どうしても無理なら転職を検討

転職

会社で営業の仕事をしていて、残念ながら続けるのが難しくなったら転職しなければいけません。

新しい仕事を探すのは大変ですが、コツを知っていれば対応しやすくなります。

転職活動をする時は仕事を辞めたいという本音は隠し、好印象を与えられるように工夫するべきでしょう。

ポイントになるのは履歴書で退職理由や転職理由は、そのまま自分の考えを書いてはいけません。

ネガティブな内容だと評価が下がるので、前向きで評価される理由にするべきです

例えば新しい分野にチャレンジしたいとか、スキルアップのためになどと書く必要があります。

関連記事:営業がしんどい&辞めたいと言うのは甘え|営業が辛い時の対処方法

転職する時には面接試験も行われますが、その時に聞かれるのが以前の会社を辞めた理由です。

こちら側から説明する時に素直に、仕事がきつかったので辞めたなどというと採用されづらくなります。

面接の質問に答える時は内容を考え、転職をする理由を決めておくのが大切です。

辞める会社と新しい会社との関係を考えて、それぞれの仕事のつながりから理由を決めるべきでしょう。

例えば家電に関する営業をしていた方ならば、それに近い会社に転職すればスキルアップのためという理由が成り立ちます。

また面接では辞めた理由はできるだけ短く話して、新しい会社に対する期待を多めに話す良い形で対応できます。

関連記事:営業がきついなら辞めればいい|辛い営業ランキング1位~5位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる