営業アカデミー

営業の飲み会に行きたくない人が急増中|飲み会や接待との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
飲み会TOP

新入社員の中には全くお酒を飲まない人がいるほど、新卒で飲み会に行きたくない人が急増しています。特に営業職では飲み会がコミュニケーションの場にもなっていますので、仕事に支障が出る可能性もあり、マネージャーとしては悩ましいところです。

そこで今回は、飲み会や接待との付き合い方について解説していきます。営業成績を上げるための上手な活用方法をマスターしましょう。

営業飲み会は辛い

営業飲み会は辛い

会社で一番辛いのが業務でもなく飲み会と感じている人は少なくありません。中には飲み会が嫌で退職してしまう人もいるのです。なぜこんなに飲み会が辛いと感じるのでしょうか。

その理由は営業職にありがちな傲慢さが背景にあります。営業職といえば、営業トークや行動力で仕事を得る職種となり、普段の生活でもパワー溢れる人が多いのが特徴です。これが飲み会という場でも発揮されてしまうというのですから大問題です。

関連記事:好まれる営業トーク&避けるべき話し方10選|トップ営業マンのノウハウ

時代遅れのあおり酒や一気コールなんてのは当たり前で、「飲めない」なんて言ったら罵倒の嵐になります。営業職はストレス職でもあり、日頃の鬱憤が溜まっているのも理解はできるものの、飲み会の回数が多すぎると感じている人も少なくありません。

飲み会の話が出る度に「行きたくない」という感情が積み重なり、仕事が嫌なのではなく、飲み会が嫌で退職に至ってしまうなんてことも珍しい話ではないのです。

昔は「飲みにケーション」などと言われ、飲み会はコミュニケーションの場として活用されてきましたが、若者にとっては受け入れがたい古い文化であることも理解しなくてはいけません。

お酒が好きな人にとっては天国であっても、飲めない人にとっては地獄。酔った上司に説教される苦痛な時間を楽しいと思えるはずはありません。

関連記事:営業なのに人見知りが治らないのは地獄|営業マンの人見知り克服方法

接待という飲み会

接待

飲み会の中には「これって接待じゃない?」と思うようなものも少なくありません。女性社員をコンパニオンかのように扱い、お酌をさせて当然と勘違いした上司も多数存在しています。

関連記事:部下に慕われる上司になる方法|部下がついてくるコミュニケーション術

営業という職種柄、お得意様と接待という形の飲み会はやむを得ないとは言え、同じ会社の上司にまで接待しなくてはいけないなんて言語道断です。飲み会が苦痛であるだけではなく、コンパニオン扱いをする上司や先輩にはどのように接することが良いのでしょうか。

まず、大切なのは自衛することです。飲み会がある日は露出の少ない服装を心掛け、できればパンツスーツを着用していくようにしましょう。また、なるべく面倒な上司の側には座らないようにすることです。お酌をして回るなどは業務内容ではありませんし、何を言われても答える必要はありません。

関連記事:無能な営業&上司で組織が崩壊する|有能な営業マンになるコツ

若手のうちは上司の言いなりになってしまうことが多いのですが、何度も飲み会に参加するうちに扱い方が分かるようになってくるでしょう。飲み会のマナーを守りつつ、面倒な上司にはなるべく関わらないことが大切です

接待という飲み会の際には、ここまでは許すということを決めておくことが良いでしょう。そのバランスが崩れた際には退席する気持ちも必要です。

取引先との飲み会

取引先との飲み会

取引先との飲み会は、営業職にとってビジネスチャンスが転がっている場でもあります。その為、自社の飲み会よりも気を遣わなくてはいけない部分もあります。

しかし、女性がコンパニオンになる必要はありません。お酌をするぐらいの気持ちはあってもいいですが、それ以上のことには丁重にお断りし、距離を取ることが大切です。中には、プライベートでも関わりを持とうとする男性がいますが、その際は断り方に注意するようにしてください。

関連記事:女性が活躍できる営業職とは?女性が営業する際のメリットと注意点

例えば、「無理です」と端的に答えてしまうと取引先との関係が悪化してしまうことが多く、無難に濁すのが適切と言えます。社交辞令でも問題ありません。お酒が入った環境での話は、あまり重要視する必要がなく、それが例え取引先であってもです。真摯に受け止めて真面目に返してしまうと角が立ちますので、濁してスルーが良いでしょう。

取引先

また支払いに関しては、自社の経費として落とすことが可能となります。ただし、あまりにも飲み会の回数が多かったり、取引先の機嫌取りに破格の値段をかけるようなことがある場合は、上司に相談しましょう。

取引先の言いなりにならないことも大切なことになります。あくまでもビジネス上の付き合いであることを理解しておきましょう。

>>取引先を一気に拡大させる営業支援サイト|side bizz(サイドビズ)

社長との飲み会

社長

自社の社長が参加する飲み会に行きたくないと感じている人は多いと思います。「社長と話すことがない」「緊張してしまう」「悪酔いしてしまう」なんて声も少なくありません。

飲み会という場がストレス発散をする場であるのであれば、社長が参加する飲み会は業務と一緒ということです。上司の言葉に耳を傾けつつ、社長がどのような雰囲気であるかを常に察知しなくてはいけない為、緊張の連続であると言えます。

関連記事:営業の緊張は克服できる|電話営業でも全く緊張しなくなる為のコツ

ですが、中小企業であれば社長が飲み会に参加することは珍しいことではありませんし、大手企業であっても年に数回はそのような場を設けられることがあるでしょう。まずは慣れることが必要です

社長が参加する飲み会がレアなケースの場合、今まで接点がなかった人にとっては自分を知ってもらうチャンスでもあります。その為、失礼のないような質問を用意しておくことを忘れないようにしましょう。

業務内容について話すことよりも、社長の趣味や特技などにクローズアップした質問が好感を持ってもらいやすい傾向があります。事前にチェックしておきましょう。社長の前では失礼のないよう飲み会マナーを守ることも必要不可欠です。翌日には、社長に昨夜のお礼を伝えることが大切です。

関連記事:営業マナーの基本は挨拶!商談・会社訪問のビジネスマナー

接待なしの営業飲み会や交流会

営業飲み会や交流会

接待がメインではなくコミュニケーションを中心とした飲み会や交流会にはコツがあります。お酒を飲まない若者が増えているようですが、飲み会という場は未だにビジネスチャンスの場でもありますので、場に慣れることも必要です。

関連記事:異業種交流会はセールスに有効?トップ営業マンの交流会活用ノウハウ

飲み会が多い業界では、毎回たくさんの人が入れ替わり参加し、ビジネスに繋げています。会社をアピールするチャンスでもありますし、今まで繋がりが無かった会社とも繋がることができます。飲み会は面倒というイメージがあることで参加したくないという気持ちになることもあるでしょうが、新たなチャンスを掴むという意味でも参加しておいて損はありません

新規開拓

営業職にとって人脈というのはとても大切なものです。飲み会というラフな場だからこそ、相手がどのような人なのかを知ることもできますし、関係性を深める効果もあります。女性にとっては接待という雰囲気もなく、一人の営業マンとして参加できる場ですので、気負うことなく参加できるのもメリットでしょう。

関連記事:新規営業の種まきセオリー|できる優秀な営業マンの特徴と共通点

このような飲み会に参加した際には、自分の会社のアピールをすることがコツ。黙っていてもチャンスは巡ってきませんので、積極的に行動するようにしてください。名刺交換なども頻回に行われますので、たくさん用意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる