営業アカデミー

営業に疲れたら我慢しない!ストレス発散方法と転職のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業に疲れたら我慢しないTOP

営業はストレスが溜まる仕事と言われています。現場の営業マンはストレスをどんどんため込むだけで、なかなか発散することをしないので、体調を崩したり、うつ病になったりします。

そんな時は、疲れたら我慢せずにストレス発散しましょう!ここではストレスをため込んでしまう人の特徴や発散方法についてご紹介したいと思います。

営業に向いていない人

営業に向いていない人

営業職は「対人」が原則なので、コミュニケーション能力が不可欠な職業と言えるでしょう。上司や先輩、クレームを言うお客さんなど、精神的にプレッシャーがかかる人たちと毎日やり取りをしないといけないため、コミュニケーションが苦手な人は「営業の仕事は向いてない」「辞めたい」と考えてしまうことも多くなってしまいます。

関連記事:営業の「さしすせそ」は万能の法則|営業マンや接客業のトーク術

営業の苦手を克服したい場合は、コミュニケーション能力を高めて、人に慣れるということが大切です。営業では初対面の人と接する機会が多いので、「何を話せばいいのかわからない」「相手の反応が気になる」など、緊張して不安になることがあります。営業では自分を売り込むことが最大の武器になるので、コミュニケーション能力が高ければ高いほど自分に自信がつき、楽しみながら顧客と商談を行うことができるでしょう。

関連記事:苦手な営業を克服するコツ4選!苦手になってしまう理由も解説

また、営業に向いていない人の特徴に「プライドが高い」というものがあります。営業では売り上げを伸ばすということが何よりも大切です。お客さんを納得させるには、何度も頭を下げる、低姿勢を貫くことが必要になります。

また、成績を伸ばすためには、自分より営業が得意な上司からの指示を素直に聞き入れ、テクニックを盗んでいかなければなりません。コミュニケーションが苦手だったり、プライドが高いということは、営業が向いていない人の多くに当てはまる共通点となっています。

関連記事:営業に向いてる人には意外な共通点がある|新規営業を強化する方法

疲れる原因は人間関係

疲れる原因は人間関係

営業の仕事が大変だということはよく聞くと思いますが、疲れる原因、大変な理由は主に人間関係によるものです。コミュニケーションが苦手、人付き合いが嫌い、職場の人間関係に悩んでいるなど、人間関係によってストレスをためたり、疲れたと感じやすくなります。

関連記事:営業は人間関係がカギ|相手の懐に潜りこむ方法と信頼関係の築き方

営業職は、デスクワークより外回りの業務が多く、体力を使うことも少なくないですが、人間関係などで悩みを抱え、心が疲れていると身体への疲れを感じやすくなるのです。

仕事が上手く行けば、体力的な悩みと言うのはあまり気にならなくなり、仕事を楽しんだり、前向きに取り組むことができます。営業では成績が上がらないため上司から怒鳴られる、顧客からいちゃもんをつけられる、成績が良くないため後輩からバカにされるなど、人間関係の悩みの方が圧倒的に多いのです。

関連記事:営業成績が上がる言葉遣いとは?営業職なら知っておくべき心遣い

営業の仕事では、売り上げの数字や、色々な人の人間関係など、精神的なストレスが毎日のように降り注いできます。そのため、営業の仕事が楽になるためには、営業の成績をアップし、人間関係を良くすることが大事でしょう。

>>営業成績をアップさせる|リファラル営業サイトside bizz

ストレスが蓄積されていくとやる気がなくなったり、精神的に追い込まれてしまうので、ストレスの解消法を日頃から考えておくことが大切です。

営業を辞めたい時

営業を辞めたい時

営業の仕事で結果を出せない、営業を辞めたいと思うのは、営業の世界では甘えになってしまいますが、我慢して仕事を続けているとストレスの限界を迎えることがあるでしょう。自分には営業の仕事は向いていない、成績が思ったように上がらない場合は、辞めた方が良いと考えがちです。辞めたいと思った時は、自分を許すことが大切です。

関連記事:営業がしんどい&辞めたいと言うのは甘え|営業が辛い時の対処方法

成績があまり芳しくなく結果が出せない場合、自分を必要以上に攻めてしまいます。営業の仕事が上手く行かないと、自分のことを認めてくれる人は周りにいないかもしれません。自分で努力していると感じるならば、自分を許してあげることで、精神的な重圧や体力的な辛さから解放されることがあります。

また、辞めたいと思った時は、営業の仕事の悪い所ではなく、営業の仕事の楽しい所に目を向けてみましょう。営業の仕事は簡単ではありませんし、失敗することもありますが、その分新しい顧客を獲得した時や、売り上げを伸ばした時の達成感は他の職種では味わえないものです。

関連記事:営業は大変だし死にたくなる|厳しくてつらい営業を楽しむコツ

ノルマを達成するために、上司の技術を盗んだり、工夫しながら仕事に打ち込むということが大切でしょう。仕事が辛いと感じる人ほど、仕事が上手く行った時に今まで辛かった気持ちから解放されるはずです。

ストレスの発散方法

ストレスの発散方法

営業は見知らぬ相手に商品を紹介して、相手にされなかったり、罵倒されるなど、仕事内容的にもストレスがたまりやすい仕事です。お客さんに拒否され、上司や同僚からも拒否される状態が続くと、ストレスが蓄積されていきます。ストレスが改善されずに慢性化していくと、様々な不調が始まり、大きな病気にかかってしまうこともあるでしょう。

関連記事:営業ストレスが限界になる前に発散する|うつ病を解消する方法

営業の仕事には、理不尽さを感じるものもあり、自分の努力では変えられないというものも多いです。営業の仕事を楽しく、健康的に続けるためには、日頃からストレス解消をすることが何よりも大切です

営業の仕事で精神的に楽になるためには、プライベートと仕事をわけて生活することが必要でしょう。仕事の悩みを家に持ち込むと、真面目な人の場合「今日は上手く行かなかったな」「仕事で嫌なことがあったな」と、延々と悩んでしまいます。そうすると眠れなくなって次の日の仕事にも支障がでてしまうのです。

代理店

質の良い睡眠はストレスや毎日の疲れを解消する効果があります。仕事が上手く行かなくても、毎日の生活とは区切りを付けましょう。そして、何か気分をリフレッシュするものや、熱中できる趣味などに打ち込みます。自分なりの簡単なストレス発散法を用意しておくことで、仕事の嫌なことを考える時間を減らすことができるでしょう。

転職も視野に入れる

転職も視野に入れる

営業の仕事では得られることも多いです。辛い仕事をこなしていく中でコミュニケーションスキルを身につけたり、社会人としての基礎が身についたり、人脈を広げていくこともできるでしょう。辞めたくても一年以上続けることで、営業と言う仕事がどういうものなのか知るきっかけになります。

しかし、どうしても営業の仕事が合わない、やりがいを見つけられない、ストレスが限界に達している場合もあります。我慢して続けた結果、やっぱり辞めたいと思った場合は、転職を視野に入れることも大切です

関連記事:営業に転職するメリット&やりがいはある?求められるスキル4選

仕事を辞めたいと思うほど悩んでいる場合、自分から積極的に行動するわけではなく受動的になってしまいがちなので、仕事術を身につけることもできません。今後も営業の仕事を続けていても、営業の成績はなかなか伸びず、過酷なストレスとの戦いを強いられることになるでしょう。

営業の仕事が合わないのに、転職せずに3年、5年と仕事を続けていると人生規模で後悔することになりかねません。将来営業の仕事を辞めてよかったと思えるように、成長企業を選んだり、営業よりも自分に適した仕事を選びましょう。失敗した経験を糧に、次に働く職場では長く働けるように慎重に選ぶことが大切です。

関連記事:営業マンが「フルコミッション」か「転職」で迷ったら副業した方がいい理由

関連記事:フルコミッションに転職するというリスク|社会保険や有休はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる