営業アカデミー

新規営業の種まきセオリー|できる優秀な営業マンの特徴と共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業種まきTOP

新規営業にはコツやノウハウがありますが、最も重要なことは日頃の努力です。特に見込顧客を探す「営業の種まき」は欠かせません。優秀な営業マンになる為には、この種まきを効率良く行う必要があります。

ここでは新規開拓でトップ営業マンが実践していることの共通点や特徴をご紹介していきます。

営業の種まき方法

営業の種まき方法

営業をする場合、まず種から芽が出るかどうかは気にせず、あらゆる場所に種まきをすることが大切です。確率は低いとしても、ひょんなことから予想外な契約が成立することも考えられます。

関連記事:異業種交流会はセールスに有効?トップ営業マンの交流会活用ノウハウ

また、契約成立に結びつかないとしても、これからの営業へのヒントや人脈の拡大など、営業職にとって糧となる場合も大いに考えられるからです。常に営業を行う意識を持ち、小さな努力の積み重ねを行うことが、大きな成果に結びつく最短の方法です

関連記事:営業の心得10か条|トップ営業マンになる為に必要なモノとは?

誠実に顧客に対し自分の気持ちを伝え、顧客の話にも耳を傾けます。そうすることで、相手に誠意が伝わり、相手の心が少しずつ自分を受け入れる体制になってきます。

笑顔を絶やさず、相手との意思疎通をすることを一番に考え、まずは商品ではなく、自分を受け入れてもらう、自分という商品を営業していくことが大切です。相手に自分の存在を認めてもらうことが、初めて営業への一歩となります。

多くの人への種まきを行い、芽を出すために自分の正直な気持ちをシャワーのように浴びせ、笑顔という太陽で育てていく。営業とは人と人とを結ぶ、人間関係を培う基礎です。

相手との関係を良くするために、私たち人間はあらゆることを考えます。営業も同じです。相手とのより良い関係を築くために、種まき、水あげ、光を当てることが大切なのです。

>>営業の種まきにはリファラル営業が最適|side bizz(サイドビズ)

優秀な営業マンの共通点

優秀な営業マンの共通点

優秀な営業マンは、全員ベテランとは限りません。優秀な営業マンは、人との関わり方がピュアで、一生懸命な人が多いです。そして、相手の意見に耳を傾け、寄り添うという特徴を持っています。時には強引さや引っ張る力が必要な時もあります。

しかし、それはごく稀です。優秀な営業マンの共通点は、人間味があり、血の通う同じ人間であることを相手に感じさせる能力があることです。それは、今まで育ってきた生き方が反映され、人との関わり方のセンスがあるということになります。

関連記事:営業に才能は関係する?結果が出ない凡人と優秀と言われる天才の違い

この人との関わり方については、誰かから教えてもらってできるものではなく、元々持ち合わせた能力であることが多いです。ある意味人付き合いの天才と言えます。人に対し、惜しみなく自分の持っているものを分け与えることができ、相手の幸せを一緒に喜ぶことのできる人が、一流の営業マンなのです。

関連記事:営業スランプは一流へのステップ|売れない時こそ仕事に邁進すべき理由

相手と寄り添い、人間味のある温かい付き合いができることで、営業としての力を発揮することができます。営業にこぎつけるまでの、自分の中にあるハートがとても大切なのです。その部分がしっかり培われていることが、優秀な営業マンの共通点なのです。

関連記事:売れる営業マンに共通する考え方とは|トップ営業マンの基本思考と特徴

冷徹で強引な営業マンは一見やり手に見えますが、そうではありません。失敗もあり、失言もある、でも相手への誠意に満ち溢れているというセンスの持ち主が優秀な営業マンと言えるのです。

関連記事:営業がうまくいかない人でもトップセールスになる方法|強気の営業手法

出来る営業マンの持ち物

出来る営業マンの持ち物

営業マンにとって、約束は一番の大切なものです。顧客との間で約束した日程や商談内容は、決して忘れてはいけないものです。また、ちょっとした世間話の中から出てきた内容を覚えておくこともとても大切です。そんな営業マンは、常に持ち物の整理整頓を心掛け、身の回りからわかりやすく動きやすくしておく必要があります。

関連記事:営業の名刺入れはどう選ぶ?営業成績に差がつく名刺交換のコツ

ですから、カバンの中身はとてもきれいに整然としておきます。そうすることで、しっかりとしていて、きちんと仕事をこなすイメージを与えることができます。また、自分の情報処理能力も高められるので、一石二鳥と言えます。さらに、身だしなみの観点からすると、スーツも常にしわやよれのない、きれいな状態にしておきます。

関連記事:営業スーツを紺とグレーにする理由|色とネクタイで魅力UPさせるコツ

きちんと感を出すためにブランドのスーツやカバン、時計を求める人も見受けられます。しかし、相手に清楚ですっきりとしたイメージを与えるためには、むしろノーブランドの物がおすすめです。ノーブランドでセンスの良い身だしなみができることで、より一層の清潔さと実直さを相手にイメージさせることができます。

関連記事:営業の腕時計はどう選ぶ?年代別のおすすめ腕時計ブランド9選

自分の使いやすいアイテムを、常に整頓してカバンの中にしまっておく、身だしなみもシンプルに整えておくことが大切なのです。営業に入る前の、このような基本的な準備が、これからの営業結果に結びついていくと考えましょう。

関連記事:営業カバンはこれで決まり!おすすめのブランド営業バッグ10選!

使えない営業マンの特徴

使えない営業マンの特徴

「この人とはあまり仕事をしたくないな。」「この人には仕事を頼むのは心配だな。」と思われてしまう営業職の方を見かけることがあります。どうして、相手にそのような印象を持たせてしまうのでしょうか。客としての要望に対し、ネガティブな考えを持ち、話が進んでいかないという営業職の方がいます。

関連記事:営業メンタルはネガティブが常識|やる気にさせるメンタルトレーニング

物事にはすべてネガティブな部分もあれば、逆にポジティブな部分もあります。そのポジティブな部分に目のいかない人は、営業の仕事に向いてないと言えます。商談が暗く見通しの持てないものであれば、当然相手はよい印象を持たず、商談成立にこぎつけるのは難しいでしょう。

また、ネガティブシンキングをしていると、顧客に声を掛けても、話が進まず仕事が無い状態になってきます。これは負の連鎖で、ネガティブになる、そして仕事が無い、さらにネガティブになるというループ状態です。このような人は、当然自分に自信がないです。すると、自信をもって相手と商談することができないのですから、当然商談成立にはなりません。さらなる負の連鎖です。

関連記事:営業の流れをマスターすればトップ営業マンになれる|商談の5ステップ

使えない営業マンはそのことに一刻も早く気付き、自分のネガティブ思考を直していかなければなりません。その負の連鎖を断ち切ることができれば、仕事も増え、ポジティブな考え方を持つことができ、物事が良い方向に動き始めます。

種まきの刈り取り

種まきの刈り取り

さて、一生懸命種まきを行い、水あげをし、太陽の暖かな光を当ててきた顧客との商談が、いよいよ刈り取る時期がやってきたとしましょう。誠意を持って相手に接しあたためてきた内容を、結果として結び付けることで、営業としての仕事内容がようやく終わりの段階を迎えます。

関連記事:営業とマーケティングを連携させる!簡単な新規リード獲得方法

しかし営業マンにとって、これはビジネスなのです。この結果は、今までの種まきが努力のゴールであると同時に、これからのその顧客との関係のスタートとして考えられます。種まきからの努力が結ばれるのです。

営業の仕事を始めた頃は、一つの成功結果を出すことは本当に大変なことだと思います。しかし、その結果は終わりではなく、これからの人脈拡大、営業のノウハウへと繋がっていき、営業の糧となっていきます。少しずつ、種が芽にかわり、大きく成長し、そしてまた新たな種が生まれます。

営業職は地道で苦労が多く、大変な仕事です。しかし、その努力が大きな実を結んだ時、自分が行ってきたことが間違っていなかったことや、人との関わりの素晴らしさに気付くことができるでしょう。

関連記事:営業は人間関係がカギ|相手の懐に潜りこむ方法と信頼関係の築き方

自分が優秀な営業マンになるためには、優秀な人間になることが不可欠です。そして、種まき、水あげ、陽の光に当てることへの努力を怠らず、一歩一歩大きな実をつける努力をしていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる