営業アカデミー

営業ストレスが限界になる前に発散する|うつ病を解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業ストレスTOP

営業でストレスを抱えると様々な影響が出てきます。身体を壊すのはもちろん、睡眠不足や食欲不振など生命に関わることもあります。

そこで今回は、ストレスが限界になる前に発散する方法や、うつ病になる前に解消する方法などをご紹介していきます。

営業ストレスは病気の一種

営業ストレスは病気の一種

営業の仕事は辛いことがたくさんあるという事を覚悟している方がほとんどでしょう。そのため、ストレスが溜まることも当たり前のこととして乗り切っているはずです。確かに仕事をしている以上ストレスは避けられないものですし、我慢しなければならないという意識を持つことは仕事を進めていくうえで必要なこととなるでしょう。

関連記事:営業が不安な未経験者は必見!きつくて辛い営業を楽しむコツ

しかし、ストレスがたまることで心身に影響が出てくるようであれば、病気としてとらえて治療や休養といった形で対応していくことが求められます。分かりやすい変化としては、吐き気を感じるようになってきたり、食欲が落ちてきたりするという事が挙げられます

このような状態が続くと、日常での辛さはもちろんですが、必要な栄養が取れずに健康に影響が及んできます。そうなれば仕事にも支障が出て、それがさらにストレスとなって悪影響を及ぼすという負の連鎖になってしまうのです。

また、ストレスが強いと顔つきも変化してくることがあります。こうした点は自分では気が付きにくいものですが、周囲から顔つきの変化について指摘された場合、ストレスによる影響がないかどうか振り返ってみましょう。ストレスによる病気も、早期に発見することが大切です。

ストレス耐性は人それぞれ

ストレス耐性は人それぞれ

同じ営業の仕事をしていても、ストレスの感じ方は人それぞれです。ストレスへの耐性は元々の性格や環境によって大きく異なります。もちろんストレス耐性が高い人もいて、そういった方は同じことを行ってもストレスを感じにくく、結果的に高い成果を出すという事も可能となります。

関連記事:苦手な営業を克服するコツ4選!苦手になってしまう理由も解説

そういった方が周囲にいると、同じようなことを求められてしまい、ストレスに弱い人は心身に影響を及ぼすということになってしまいます。辛い状態が限界となるレベルは人によって異なるため、自分が乗り切れたからと言って他の人も同様に乗り切れるとは限らないのです。

関連記事:営業がしんどい&辞めたいと言うのは甘え|営業が辛い時の対処方法

ストレス耐性が高い人の特徴としては、プラス思考であったり、細かいことを深く思い悩まなかったりする事などが挙げられます。営業にはこうした特徴が特に必要とされることになるでしょう。

もちろん、仕事によっては細かいことに配慮できる繊細な人が求められることもあります。ストレスに弱い人が悪いという事ではなく、適した場所で働くということが必要になるのです。

より良い仕事や生活のためには、自分で仕事を選ぶ際にはストレス負荷がどれほどの職場かをチェックするべきでしょう。また、人材の管理や採用の場面では、社員のストレス耐性を考慮に入れて、適材適所という事を意識していく必要があるといえるでしょう。

ストレスはうつの原因

ストレスはうつの原因

ストレスはそれ自体が悪いものではありません。適度なストレスはパフォーマンスを高めてくれる効果もあります。

しかし、不安が強くなったり、辛いと感じて限界を迎えていたりする状態が続けば、病気につながることがあります。限界は人によって異なるものですから、同じ仕事をしていても病気になる人とならない人はいるものです。

単に辛いというだけではなく、最悪の場合には命にかかわることとなりますから、気持ちの問題ではなく、病気としてとらえて対応していくということが必要です。早期に治療を始めれば影響も少なくて済みますし、治療もスムーズに進みやすくなるものです。

関連記事:営業が苦痛で3年もたない|営業マンに向いてない人と向いてる人の違い

ストレスが直結する病気としてうつ病が挙げられます。うつ病の人の特徴は喜怒哀楽が無くなることです。また、特に原因が無いのに調子が悪い状態が続いていたり、いつもと違う心身の変化を感じていたりするような場合は、心療内科や精神科を受診してみましょう。

うつ病であったとしても、それほど重い状況でなければストレスを減らすようにしたり、投薬治療を行ったりという事で乗り切ることが出来る場合も多いのです。症状が重くなれば長期の休養をとる必要も出てくることになり、社会生活にも大きな影響が出てきます。

ぜひ、ストレスと自分の心身の状態に意識を向けておきましょう。

ストレスの発散方法

ストレスの発散方法

ストレスを受けないという事は営業の仕事をしている以上難しいものです。そこで、ストレス発散やストレス解消が出来る方法を自分なりに持っておくことが大切です。特に大切なのが気持ちを切り替えることなので、何か趣味を持って、それに向き合うことがストレス発散の方法として有効です。

関連記事:営業に疲れたら我慢しない!ストレス発散方法と転職のススメ

趣味に意識を向けることで仕事から頭を切り替えられるのはもちろんですが、趣味仲間のつながりができると、仕事の人間関係だけで行き詰っている状況から解放されます。また、会話の中で客観的な考え方を取り戻すこともしやすくなります。こうしたストレスの発散方法を持っておくことが自衛のために有効です。

ストレス解消法としては趣味に没頭するということが有効ではありますが、時間がとりにくい場合などは難しくなってしまいます。その場合、どこでも簡単に取り組める解消法として、呼吸の仕方を工夫してみるということが挙げられます。腹式呼吸は精神を安定させてくれる効果があります。

仕事中や時間が無いときには難しいことをしなくても、ストレスで限界を感じた時に、その場で深呼吸をしてみるのも良いでしょう。気持ちを落ち着けることで、ストレス解消につながることもあります。

>>ストレスを溜めないには営業アウトソーシングが最適|リファラル営業募集サイトside bizz

ストレスが限界になる前に

ストレスが限界になる前に

ストレスは我慢すべきものというわけではありません。もちろん限界までは頑張ってみるという事も自分の成長につながるかもしれませんが、それで心身に影響が出るようであれば、対策をとることが必要になります。

無自覚なままではうつ病をはじめとした病気になり、進行すれば最悪命を失ってしまう事にもつながります。精神的に限界だと感じたら、自分を守る行動をとるようにしましょう。異変があったらすぐに病院で受診してみることや、休養をとるという事も必要になります。このことをまず意識しておくことが重要です。

また、営業の仕事をしている以上、ストレスと無縁でいるという事は難しくなります。今の状態が精神的に限界なら、同じ仕事をそのまま続けていくという事は、今は乗り切れてもいずれまた同じことが起きてしまいます。営業の仕事以外にもたくさんの仕事がありますから、より自分の特性に向いている仕事に転職することでストレスを感じにくい働き方にするという事もできるのです。

「辞めたいという事は逃げではないか」と思う方もいるでしょうが、向いた仕事で自分の能力を発揮したほうが断然良いです。辞めてよかったという人もたくさんいますので、今の状態を続けるだけが選択肢ではないという事を覚えておきましょう。

関連記事:営業はもう無理と感じたらうつ病かも|辞めるタイミングと転職のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる