営業給料はインセンティブで稼ぐ|営業給与と歩合が高くなる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
給与TOP

事務職などと比較すると営業の給料は高いことで有名です。営業にはインセンティブと言われる歩合が発生することが多いので、そのぶんが上乗せされる為です。

それでは、営業給与はいくらぐらいなのか気になりますよね?ここでは営業給与とインセンティブについて解説していきます。

営業の平均年収

営業の平均給料

営業は、一般的に会社の登竜門とも言われる職種です。営業の給与は、ほかの職種の給料と大きな差はなく、ほぼ平均に近い水準になっています。

ちなみに、営業職の現在の平均年収は400万円ほどです。年齢が上がるほど給料が高くなる点は営業職もほかの職種と変わりません。

例えば、20代の営業職の平均年収は約420万円です。30代では約530万円、40代では約720万円となり、平均年収は20代よりもアップしています。ただ、現実に営業で年収600万円以上を得ているのは、全体の約20パーセントと言われています。トップ営業マンなどの一部の人の給与が高いことが、営業職の平均年収を上げる一因になっているようです。

平均年収は、業種によっても若干変わってきます。平均年収が高いのは、医療機器などを扱うメディカルやソフトウエア関連の業種です。営業職の給与体系の場合、基本給のほかに歩合給やインセンティブなどがつくことが多いです。

こういった給与体系が導入されていると、個人の業績によって給与の額にも差が現れてきます。同じ会社に勤めていても、業績が高い人と低い人では年収が大きく変わるのが営業職の特徴です。トップ営業マンには、1,000万円以上の年収を得ている人もいます。

関連記事:営業マンが年収600万円を稼ぐ方法|副業で収入アップさせるコツ

営業給料のインセンティブ

営業給料のインセンティブ

営業職の基本給は他の職種と比べても平均的なレベルですが、この職種の場合はインセンティブが高いです。インセンティブは歩合とも呼ばれており、営業職の給与ではかなりの割合を占めます。

実際、トップ営業などの業績が高い人は、インセンティブだけで固定給以上の金額を稼ぐケースもあります。インセンティブがどのような仕組みで発生するかを決めるのが、会社のインセンティブ設計になります。営業職の場合、会社が取り入れているインセンティブ設計次第で、給与が変わるケースは少なくありません。

営業給料のインセンティブや歩合には、大きくわけて2つのスタイルがあります。

1つ目は、一定の目標を達成したときにインセンティブが発生するスタイル。

2つ目は、売上の上昇率や契約の数に応じてインセンティブがつくスタイルです。

目標達成型のインセンティブの場合、本人やチームの努力が評価されるため、目標を達成していれば売上や契約数が少ないときでも報酬が得られます。

一方、売上や契約数がそのままインセンティブに反映されるスタイルでは、実績を上げないと報酬は得られません。ノルマを達成できないと、歩合なしといったこともあり得るのがこのようなスタイルです。

関連記事:営業インセンティブが多い業界は?支給するメリット&活用方法

営業の給料が高い理由

営業の給料が高い理由

インセンティブなどをプラスして会社が社員に高い給料を払うのは、やる気をだしてもらいたいからです。会社としては、できるだけ多く自社の商品を売ってもらったり、たくさんの人から契約を取り付けたりする必要があります。このような営業は、社員にやる気がないとなかなか実現しません。

営業では初対面の人や取引がまったくない企業と交渉する機会が多いため、社員のストレスも大きくなりがちです。ストレスに負けずにポジティブに営業してもらうためには、社員のモチベーションを上げるのが1つの課題になってきます。会社側では、営業に携わる社員のモチベーションを上げるために、高めに給料を設定していることが多いのです

関連記事:営業マンの業績を左右する!モチベーション維持の方法と上げ方4選

社員は営業成績や実績の社内評価が良ければ、「もっと頑張ろう」という意欲がわいてきます。そういった点から、会社が行っているモチベーションを上げるアプローチは、必ずしもインセンティブだけではありません。表彰制度や社内公募制度などを取り入れて、モチベーションを上げる努力をしている企業も増えています。

ただ、とくに大きな効果が期待できるのはやはりインセンティブです。年収が上がるという目に見える結果が得られるインセンティブは、モチベーションを上げる効果が高いと言えます。

営業給料が安いケース

営業給料が安いケース

会社によっては、営業給料が安いケースもあります。このようなときには、いろいろな理由が考えられます。

例えば、会社が職種一律の定額給与を導入していると、営業職でも歩合なしという場合が少なくありません。歩合なしのスタイルはインセンティブがつかないため、基本給のみが支給される形です。ただ、こういったスタイルの会社の場合、退職金を多く支給したり、福利厚生を充実させたりするなど、別の施策が取られています。基本給が低いときでもこのような形でメリットが得られれば、とくに問題ないと感じる人もいるわけです。

実際、定額給与の営業職には色々なメリットがあります。例えば、インセンティブ制のように歩合に年収が左右されないことから、安定した収入が得られるところは大きなメリットです。また、定額給与が決まっていれば、社員同士の競争意識もさほど激しくなりません。厳しいノルマがある職場によく見られる戦々恐々とした雰囲気と無縁でいられる点も、メリットの1つになるでしょう

ただ、定額給与の場合は、頑張っただけの手ごたえを得るのが少し難しいのが難点になるかもしれません。インセンティブで高収入を得たい人は、定額給与に不満を抱いて会社を辞めるケースもあります。

関連記事:営業職って本当に儲かるの?営業が稼げる業種&儲からない仕事

営業給料が高い業種

営業給料が高い業種

一般的に営業給料が高いのは、不動産や通信、保険、証券などの業種です。このような業種の企業ではインセンティブを導入しているケースが多く、トップ営業マンの社員は年収が数千万円になる傾向があります

関連記事:フルコミッション外資系保険営業マンの実態|転職前のチェック事項

不動産業界などは、1件の受注で動くお金の額が大きいので、売上に対して一定の割合でインセンティブが発生するスタイルだと、社員に支払われる報酬金額も高くなるのが一般的です。

また、ノルマがある保険や証券業界は、達成したノルマに応じて支払われる報酬が増えていくケースが少なくありません。より多くのノルマを達成した社員は、営業の平均年収を超えるような高い報酬を得るケースもあるわけです。

関連記事:不動産フルコミッションの知識を5分でおさらい|転職希望者は必見!

また、営業職は業種を問わず1カ月当たりの平均残業時間が多くなりがちな職業です。保険業界や医療機器メーカーの営業職は、出社をせずに営業先に直行直帰で仕事をするケースも多く、1日の業務時間は必ずしも朝から夕方までとは限りません。

このような業種の営業職の人は、1日当たりの業務時間が長いこともあります。そうするとみなし残業などで時間外手当が支給されることになりますので、そのぶん給料の金額が上がります。業績に応じたインセンティブがつけば、さらに営業給料は高くなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る