営業アカデミー

個人でも営業代行はできる?起業方法と営業代行サービスの手数料相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
個人の営業代行TOP

個人で営業代行を始める人が増加傾向です。その背景は様々ですがリファラル営業募集サイトなどの支援サービスが登場していることもあります。

ここでは、営業代行サービスを起業する方法や、営業代行ビジネスをする上での手数料体系などの情報を解説していきたいと思います。

営業代行のビジネスモデルとは?

営業代行のビジネスモデルとは

企業にとって商品やサービスの売り上げを伸ばすためには営業活動が欠かせません。その業務の担い手として営業職を大勢抱えているケースが多いですが、外注するという考え方も徐々に広まってきました。その役割を果たすのが営業代行です。

営業代行は基本的にはB2Bに対して提供されているサービスで、企業からの依頼を受けて営業業務を請け負います。その対価として人件費や営業活動にかかる交通費や消耗品費などの費用を請求し、さらに報酬を上乗せすることで利益を得るというのが基本的なビジネスモデルです。

依頼する企業としては、

  • すぐに営業人員が確保できる
  • 人件費(固定費)の増加を抑えることができる
  • 必要ない時にすぐ契約解除できる

などのメリットがある為、営業代行は幅広く利用されているサービスになります。

営業代行

営業代行の効果は?

営業代行が担う営業業務は多岐にわたっています。基本的なプランは決まっていたとしても個々にニーズに合ったサービスを提供する仕組みになっているのが通例です。

企業が抱えている営業部隊と一緒に営業をする場合もあれば、営業業務の一部を委託されることもあり、さらには全業務をアウトソーシングされることもあります。

営業代行を申し込むと最初に綿密な打ち合わせをして業務範囲を確定します。その打ち合わせによって内容が決まる相対契約なので企業が必要としているサービスだけを選んで依頼することができるのが魅力です。

費用対効果が高いことが注目されるようになり、本格的に営業代行を活用して成長を目指す企業も増えてきています。

関連記事:営業アウトソーシングの種類6選と営業代行の料金&成果報酬

関連記事:営業支援サービスは使わないと損!?営業代行システム&ツール10選

営業代行の仕事内容

営業代行の仕事内容

営業代行の仕事内容は基本的に企業から他の法人に対する営業を代行することです。B2Bのサービスとして提供されているものがほとんどで、依頼主は企業であって個人ではありません。

また、営業代行サービスでは、営業するアプローチ先が個人の案件を請け負うことは極めて稀で、基本的には企業をアプローチ対象としたB2B営業を代行します

営業代行業者のスタッフには副業として時間のあるときに働いている人も多く、本業も営業職で経験も豊富な人が大勢いるのが魅力です。

営業スキルを磨くために社内研修を徹底し、営業活動に必要なツールを一通り揃えているので、高いレベルで効率よく営業業務を行える環境が整っています。

関連記事:セールスレップと営業代行、代理店の違いは?気になる報酬を解説

新規の案件獲得に効果的

一般的に営業職が行っている仕事は全てカバーしてもらうことが可能です。ルート営業だけでなく飛び込み営業も行ってくれるため、新規開拓営業を任せるのに適しています。

また、アウトソーシングをすれば営業のやり方やターゲット層の探索から実施してもらい、企画したプランに基づいて実行するところまで任せることになるでしょう。

この他にも営業代行業者の中には教育を担っているところもあり、講師として招いて社員教育をしてもらったり、外回りをしている現場でマンツーマンの指導を依頼したりすることもできます。

関連記事:営業代行会社の選び方は?営業代行を使う理由ランキング3選!

営業代行の手数料

営業代行の手数料

企業は営業代行会社に仕事を依頼する対価として手数料を支払います。一般的には固定報酬、成果報酬または成功報酬、あるいはこの二つを組み合わせたハイブリッド型の報酬体系を持っています。

固定報酬の場合には月額いくらと決まっていて、営業成績がどのように推移しても支払額が変わらないのが特徴です。企業にとっては営業にいくら予算を割けばよいかを把握しやすいのが魅力でしょう。固定報酬の相場は専属の営業マンを1人アサインして月額100万円ほどが一般的です。

成果報酬の場合には営業に関して明確な成果を上げたときに対価を支払う仕組みです。例えばアポ取り代行を依頼したり、飛び込み営業を任せたりしたときに一件あたりいくらといった形で支払います。

一方、成功報酬の場合には受注がどれだけ増えるかによって報酬額が計算される方式となっています。成果報酬の手数料はアポイントの獲得難易度によって異なります。

例えばアポ1件につき1万円~5万円ほどがアポ代行の相場になっており、実際に商談ができたタイミングで課金が発生します。

利用する上では最もリスクが少ないのが成功報酬型の営業代行です。もし実績が上がらなければ売り上げは増えませんが、その分手数料も必要ありませんので負担が少なくて済みます。

そして、売り上げが増えたケースでは報酬額も増えるものの、手持ちの予算も多くなるので支払いは可能になるという仕組みです。成功報酬は営業商材の難易度や業務レベルによって異なりますが、数万円~数百万円が相場になります。

関連記事:営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

関連記事:営業代行の成果報酬はいくら?売りやすい商材もランキング5位まで紹介!

営業代行のフリーランス

営業代行のフリーランス

営業代行は業者がシステマティックに行うケースが多かったものの、最近はフリーの営業マンが目立つようになってきています。営業代行のフリーランスの仕事をしている人が増えてきたのです。

フリーランスとは主に企業からの依頼を受けて仕事をすることにより報酬を手に入れるという形で働いている個人事業主です。個人の力で働くのが基本で、自分の持っている営業スキルの高さと積み上げてきた実績を商売道具として依頼を手に入れています。

業者が行うようにあらゆる営業業務を担っている人もいますが、営業支援という形で現場に入ったり、研修などで講義をするのをメインにしたりしている人もいて働き方は千差万別です。

関連記事:営業代行人材の募集方法|個人の副業フリーランスを活用する方法

営業職のフリーランスが増加中

フリーランスの営業代行が増えてきているのには時代背景があります。一昔前までは日本では終身雇用が当然となっていて、働いていれば定年まで安心していることができました。

しかし、その保護制度がだんだんと崩壊しつつあり、特に外資系企業では実力重視の傾向が強まっています。

結果として、実力をつけて自ら仕事のできる道を開拓するということを考える人が多くなりました。個人がエンパワーメントされる時代になり、フリーランスという働き方が着目されるようになったのです。

>>営業フリーランスとして活躍したいなら|side bizz(サイドビズ)

営業代行で起業&副業する

営業代行で起業する

営業代行は現代企業が必要としているサービスです。会社設立を目指したいと思っている人は営業代行で起業しても良いでしょう。営業代行会社に就職してノウハウを学び、独自の考え方も取り入れて独立するというのが基本的なキャリアパスでしょう。

あるいはフリーランスで独立して働く経験を積みつつ、業界での知名度を高め、次のステップとして会社設立を目指すという方法もあります。どちらの場合にも十分な経験を積んでノウハウを身につければ成功できる可能性があります。

しかし、一人で起業するのはそれほど簡単なものではありません。フリーランスを始めるのですら躊躇する人も多いでしょう。まずは本業を残して安心して収入を得られる状況を維持しながら、副業として営業系の仕事に従事してみるのが賢明です

関連記事:営業代行で起業する前に必ずやるべきこと|独立・開業のコツ&ノウハウ

副業からチャレンジしてみる

営業系の副業を支援する専門サイトも登場してきています。例えばリファラル営業プラットフォームは営業系の副業をしたいという人のための情報サイトで、幅広い種類の商材を無料で仕入れることが可能です。

個人では取引できないような大企業の商材から、スタートアップ企業の珍しい商材まで様々な商材を検索することもできるので、興味のある商材が見つかったらすぐに提案することができます。

まずは個人で働くのがどのような感覚かを確認し、その先にフリーランスや会社設立を考えてみる方が無難な方法と言えるでしょう。

関連記事:営業代行で副業開始!紹介するだけで稼げる営業系の副業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる