営業アカデミー

営業に向いてない人でもトップ営業になれる?トップセールスマンの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業向いてないTOP

営業に向いてない人ではトップ営業になれないと思っている人は多いですが、現実は異なります。実は、トップセールスマンは一般的なイメージとは異なり、外見は普通の営業マンです。

それではトップ営業マンと営業が苦手な人のとの違いは何のでしょうか?この記事で解説していきたいと思います。

営業に向いてない人の特徴

営業に向いてない人の特徴

営業に向いてない人の特徴にはどのような共通点があるのでしょうか。多くの業界でも営業という職種があり、就業者数では最も多い800万人以上とも言われています。営業職にどのような人が向いているのか、若しくは向いていないかを一言で表現することは難しいですが、一般的にいえるのは、コミュニケーション能力が著しく乏しい人や、初めて会った人と話すのが苦手という人が挙げられます。

人には、それぞれに得意不得意があり、不得意分野を克服することは極めて難しいことです。しかしながら、営業職やセールスマンとして成功するためには、この点はクリアしなければなりません。

営業職やセールス部門に異動になったことで、会社を辞めたいという衝動にかられる人も多くいます。営業やセールスに自信がある人や興味関心を持つ人であれば、話は別かもしれませんが、いきなり営業やセールスすることが仕事になることで、ストレスや不安を抱えるのも無理はないでしょう。

「ピンチをチャンスに変える」などということもできるかもしれませんが、そう簡単にいくものではありません。人に商品やサービスを売り込むということは、決して易しいことではなく、多くの苦労や困難を伴います。そういう意味では、打たれ強い人やメンタルが強い人が向いているということもいえます。

営業に向いてないと言われた時

営業に向いてないと言われた時

他人から営業に向いてないと言われた時には、どのようにすれば良いかと思い悩む人も多いかもしれません。そのような時こそ、自らの営業スタイルや営業手法を見つめ直すチャンスとしてとらえるべきなのではないでしょうか。

営業にもさまざまなスタイルがありますが、例えば「飛び込み営業には自信がない」という人は多いです。飛び込み営業とは、アポイントなしの状況で、個人宅や企業に対して商品やサービスを売り込もうというものです。売り込む商品やサービスによっても異なりますが、門前払いとなるのがほとんどになります。

時には罵声を浴びせられることもあり、精神的な修行には最適とも言われています。よって、おとなしい人が営業の世界に飛び込む際には、このような飛び込み営業の経験を積むことが有意義とされています。

飛び込み営業

営業に向いてないと言われたことで、過度に気にしたり落ち込んだりするのではなく、その理由を自分なりに分析してみることも大事です。営業ができないという自分自身のことを責め立てるのではなく、冷静に自己分析してみるのも良い方法といえます。

弱点を見極め、その弱点を克服することができれば、次第に明るい方向に進むはずです。そうすることで、いつ営業職やセールス部門に異動の辞令が出たとしても全く怖くありません。

営業が辛い理由

営業が辛い理由

営業が辛いとされる理由については、さまざまなことが挙げられます。人から嫌がられることもさることながら、常にストレスや悩みを抱えることにもなるでしょう。精神的に辛いというのも正直なところかもしれません。結果を出すまでにも大変な努力が必要となるのも事実です。

営業職やセールス部門では、あくまでも結果が全てとされる傾向にあり、結果を導き出すためのプロセスについては、あまり重要視されることはありません。そういう意味では、タフさや忍耐力が求められる職種といえるのではないでしょうか。

営業に向いてないと人から指摘されたり、営業を二度とやりたくないという思いを持つことで、転職や休職を余儀なくされるということも少なくありません。営業職やセールス部門に従事する社員は、企業にとっての消耗品などと揶揄されることが多いのも現実です。

しかしながら、現実の現場では、連日のように多くの営業実績をあげる営業マンがいるというのもまぎれもない事実です。営業やセールスという仕事自体が楽しくて仕方ないという人もいます。

トップセールスと呼ばれるような人に共通しているのは、断られることに動じない強い精神力や切り替えの早さなのかもしれません。

新卒は営業が辛い

新卒は営業が辛い

多くの新入社員にとって営業やセールスという仕事は辛く厳しいものです。いくら学生時代にアルバイト勤務の経験があったとしても、現実の厳しい営業やセールスの現場とは緊張感も異次元レベルのものとなります。

せっかく大学まで行って勉強を積んでも、新卒3年目までに辞めてしまうという人が多いのも営業職やセールス部門の実態です。社会人としての経験がないこともあり、顧客や取引先などから少し厳しい言葉を受けただけでも「辞めたい」などと思ってしまうのも、新入社員の特徴といえるでしょう。

アポイント

いくら有名大学を優秀な成績で卒業したとしても、社会人経験がないのが新入社員です。そのような新入社員が豊富な経験を積んだベテランでも難しいとされる営業職やセールス部門の仕事をこなすことは、至難の業といえるのではないでしょうか。

意気揚々と企業に入社するものの、営業成績が振るわずに直ぐに転職してしまうという新入社員が多いことも度々のように取り上げられています。

「石の上にも三年」というように、営業職やセールス部門に配属されても、直ぐに結果を求めずに、長い目で見ることも必要です。新入社員にとってみれば、これから始まる長い社会人生活の中での貴重な経験としてとらえることも有意義といえます。

営業が楽しくなる方法

営業が楽しくなる方法

営業やセールスを楽しむ為の方法は実績を上げるしかありません。セールス自体が上手く回り出せば、毎日の仕事が楽しくなります。決して簡単にはいかないことかもしれませんが、極めて重要なことと言えるでしょう。

営業職やセールス部門では、一にも二にも結果を残すことが重要です。営業やセールスの現場では、業績を上げるためにはどのような取り組みをするべきかなどについて、常に模索しています。トップ営業からセールスの具体的なノウハウやコツを学ぶことも良いかもしれません。

また、営業成績を上げるためには、顧客からの信頼や信用を勝ち得ることも必要です。営業を楽しむことができるというレベルにまで到達するのが最終的な目標です。営業に向いてないと言われたり、自分自身で営業に向いてないと決めつけることは、決して得策ではありません。そのような人であっても、それまでの営業やセールスのやり方を少し変えたり、工夫をすることで、劇的に結果に違いが生じる可能性もあります。

営業のスキルやテクニックを上達することは難しいとされており、決して一朝一夕で成し遂げられるものではありませんが、諦めずに続けることも大切です。営業やセールスでは、商品やサービスを売ることもさることながら、自分自身を売り込むことも重要といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる