営業アカデミー

営業がうまくいかない人でもトップセールスになる方法|強気の営業手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業うまくいかないTOP

営業がうまくいかない人でもトップセールスになることはできるのでしょうか?

答えはできます。ここでは営業に自信がない人でもトップ営業マンになれる方法や営業手法などをご紹介していきたいと思います。

営業がうまくいかないと辛い

営業がうまくいかないと辛い

ビジネスでは営業活動が要になりますが、この仕事は成功と失敗の差が大きいことが特徴になります。トップセールスマンになれれば安心して仕事ができますが、十分な成果が得られなければ罪悪感を感じてしまい精神的に辛い気分になります。

営業の仕事が上手く行かないと「自分には無理だ」「営業に向いていない」とネガティブに考えてしまいがちです。そのような精神状態ではお客様からの評価も得られず、商品がまた売れないという悪循環に陥っていきます。売上が悪くなれば会社での立場もなくなって、場合によっては陰口をいわれてしまう場合もあります。

営業の結果が得られない状態が続くと、それはいずれ上司の責任問題になります。部下を十分に扱えない、そうレッテルを貼られれば、上司の立場も悪くなってしまいます。営業の結果が上手くいかないと上司は批判的になって、なぜできないのかと問い詰められます。そのような形で強く批判されてしまうと、自分には向いてないのではと悩んでしまいます。

営業の仕事は結果が全てなので、実績が出せなければ会社での居場所がありません。失敗が続いてしまえば最悪会社を辞める形になるので、上手く行かない時は挽回する方法が必要です。自分がなぜ失敗をしてしまうのか、その問題点を理解できれば改善するのも難しくありません。

営業がうまくいかない理由

営業がうまくいかない理由

周りの人と同じように営業活動をしているのに、自分だけ結果が出ないのは不思議に感じますよね。条件が同じなのに結果がでないのは、営業マンとしての思考方法が間違っているからです。

営業がうまくいかない時に問題になるのは、販売する商品に愛着を持っていない場合があります。好きでない商品を売ろうとするとお客様に伝わってしまい、それが原因で契約を取れなくなる時があります。販売する商品に関してはできるだけ詳しく調べ、どのような良さがあるか十分に理解しておくべきです。「自分が売る商品に惚れ込むこと」こそが良い営業活動の結果につながります

頑張っているのに営業の成果がでない、そういう行き詰まりの状態になると困りやすいです。結果を残せなければ仕事がない状態に陥りやすく、車内での立場も急激に悪くなってしまいます。営業活動をする時は割り切るのも大切で、どうすれば成功できるかイメージを持つ必要があります。

日頃からイメージトレーニングをして、お客様と接した時にどうするか想定しておくべきでしょう。十分に準備しておけば実際に営業活動をした時も、柔軟に対応できるので契約を取りやすくなります。上手くいかない時は失敗するイメージを持ちやすいですが、どんな時でも自分は成功すると前向きに考えることが大切です。

営業現場では割り切る

営業現場では割り切る

絶対に成功する営業の方法というのはなく、人によって上手く行くやり方には違いがあります。自分に合った営業のやり方を探し出して、自分なりに整理できれば、十分な結果を得やすくなります。

営業マンとして成功するためのポイントになるのはコミュニケーション能力で、十分な経験を積まなければいけません。営業力を高める時に重要なのは、相手がどのような思考をしているか考えることです。相手の立場に立って考えることができれば、それに合わせたアプローチが可能になります。営業力をつける時は自分の考えだけではなく、相手の側に立ってみるのも大切です。

何度か取引をしていた会社から、営業担当を変えて欲しいといわれると悲しくなります。自分がやってきた行為が問題だったのかと心配になりますが、それは割り切って対応しなければいけません。人間関係には相性があるので、合わない相手に対してはどうしようもない所があります。失敗をしてもそれは仕方がないと理解して、新しい営業先を探すのがおすすめの方法です。

また営業活動をする時は利益を重視しいつつも、相手が損にならないように対応しなければいけない場合もあります。時には心を鬼にして仕事をしなければいけないので、そのような覚悟も営業では問われることもでてくるでしょう。

お願い営業は絶対しない

お願い営業は絶対しない

失敗しやすい営業マンの特徴として、相手にお願いをして商品を売る方がいます。確かにそういう形で商品が売れる場合はありますが、あまり良い方法とはいえません。トップセールスをする営業マンはお願いをしないといわれ、相手との信頼関係で取引をする方が多いです

勿論、お願いをすれば商品を買ってくれる可能性は高くなりますが、無理に販売するので相手に貸しを作ってしまいます。その影響で契約内容が不利になりやすく、せっかく取引をしても利益が小さくなるので注意が必要です。

優秀な営業マンは商品を売らないといわれ、それ以外の方法で取引を行っています。無理に商品を売りつけるやり方だと、会社の信頼が失われたり、営業というよりはセールスマンぽくなってしまうので、営業としての価値が失われる恐れもあります。また、トップ営業マンが心掛けていることとしては、即決営業が挙げられます。

即決営業とは飛び込みなどで相手の会社に行き、その場で契約を取ってくる方法です。トップ営業マンは、即決営業する時に手順を踏んで相手を納得させます。最初はこちらを信頼させる会話をしながら、相手が断る理由をどんどん無くしていきます。それから商品がお客様に価値があると納得させるトークをします。そこまで上手く行けば自然とお客様が購入したいと感じるので、無理なお願いをしなくても契約できるようになります。

営業がうまくいくコツ

営業がうまくいくコツ

会社からも信頼される営業マンになりたい時は、トップセールスであり続けることが必要です。営業の基本ルールを知っておけば、平凡な営業マンでも十分成功できる可能性が高くなります。

人間は興味を持つものと、できれば避けたいものを分けて考えています。営業をする時は興味を持ちやすい内容で話し、そうでないものはできるだけ減らすようにします。どのような話題を気に入るかは年齢や性別、生活環境によって大きく変わります。今までの営業活動の結果を記録しておいて、それを元に相手の思考を判断すれば効果的な対策が行なえます。例えば営業に心理学を取り入れるなど工夫することも良いでしょう。心理学を学ぶことで相手の心の変化を察知することができるようなっていきます。

トップセールスを続ける時は強気の営業姿勢が大切で、多少の強引さがないと成功しません。営業をしていると顧客が購入を迷う場面に出くわします。このような時には顧客の背中を押してあげることも営業マンの役割りになります。

また、営業活動で成功するためには、他の人よりも一歩抜きん出る必要があります。例えば本来ならば会社に帰るタイミングでも、もう一社回ってみるなどの努力が必要です。日頃から少しでも多くの成果を得られるようにしておけば、それが長い目で見ると大きな結果につながります。

他にも、営業マンは人脈を広げることが大切なので、社外や社内の知り合いを増やす必要があります。人脈が広がれば紹介営業をする機会も増えて、より営業マンとして成功できるようになります。営業に自信がない人こそ「紹介営業」を活用するようにしましょう。見込顧客が自動的に入ってくる仕組みを構築することができれば、自然と実績に反映されていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる