営業アカデミー

ストック型ビジネスの副業は個人事業主に最適|ストック収入の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ストック型ビジネスTOP

ストックビジネスは経営者であれば誰でも構築したい仕組みになります。しかし、ストック型ビジネスを構築するには現実的なハードルが高く、そう簡単にいかないのが実情です。

そこで今回は副業でストック型ビジネスを構築する方法について解説していきたいと思います。サラリーマンや個人事業主の人はぜひ参考にしてください。

>>個人事業主の副業支援サイト|side bizz(サイドビズ)

ストック型ビジネスとは?

ストック型ビジネスとは?

ビジネスの収入形態には大きく分けると2つの型があると言われています。

  • フロー型ビジネス:単発報酬
  • ストック型ビジネス:継続報酬

フロー型のビジネスとは、1回きり(単発)しか収入が入ってこない仕組みの報酬形態をいいます。

フロービジネスは、別名「ショット」「スポット」とも言われたりすることがあります。

ストック型ビジネスの種類

例えば自動車の購入を例にしてみましょう。

自動車の購買は、1度に1台の購入が普通だと思います。

よって、この車を買いますと言われれば、そこで決裁して、売り上げが確定します。

購入後はお客様がいくら自動車に乗ろうが売上は変動せず、毎月収益が入ってくる訳でもありません。

つまり月額制ではないということになります。

買い切り型のビジネスはコンテンツ型の商材が多いので、継続的な収入があるビジネスモデルにはならず、このようなビジネスではフロービジネスになってしまうケースが多いです。

それに対して、電気料金やガス料金といった公共料金や、レンタルサーバーなど月額料金が発生するビジネスはストック型ビジネスになりがちです。

ストック型ビジネスでは、一度契約してしまえば解約される確率が低いので、安定した将来収益が期待できます。

つまり、一度仕組みを作ってしまえば、契約者が増えるたびにその分の収益が上積みされていく商売ということになります。

この場合は新規契約のほかに、継続利用している契約者からも収益が得られるので、新規契約を取り続けることで、どんどん安定収益が積みあがることになります

しかし、短期的にはシステム開発や顧客の獲得コスト、人件費がかかるので、損益分岐点を超えるまでに時間が必要というデメリットもあります。

ストック型ビジネスは継続収入が見込めますので、来月度や来期、来年度といった長期的な収入の見込みが立てやすくなることも特徴です。

関連記事:ストックビジネスの代理店募集|リファラル営業プラットフォーム

権利収入(不労所得)とは

権利収入(不労所得)とは

ストックビジネスとは、ズバリ不労所得です。

不労所得は「権利収入」ともいわれており、読んで字のごとく働くことなく収入を得られるというものです。

ストックビジネスの反対語としてフロービジネスがありますが、通常のサラリーマンや公務員などが労働に対して給与を貰う契約形態がフロービジネスといえるでしょう。

理想的なのは、フロービジネスによる収入を維持しながらも、ストック収入を安定的に得るという方法です。

権利収入を得ることは、多くの人にとっての夢や憧れといえるでしょう。

額に汗して働くことなく収入を得ることができれば、毎日の生活や暮らしも楽になります。

そもそも、権利収入とは印税収入や配当金などのように、所有しているだけで収入を得ることができる、著作権収入や株式配当などのことを言います

よって、賃貸マンションや賃貸アパートなどの家賃や賃料収入なども権利収入の一つといえますが、代表的な例ではネットワークビジネス(MLM)が挙げられるでしょう。

しかし、悪い評判が立つので、ビジネスマンが取り組むにはリスクがありすぎます。

とはいえ、少額であっても継続的に権利収入があれば、生活や暮らしは随分楽になるのも事実です。

ストックビジネスへの興味関心が高まっているのも、これらのことが背景にあることが考えられます。

ストックビジネスとは不労所得

ストック収入には賃貸物件から得られる家賃収入や株式配当、印税収入などが挙げられますが、ここにフロー収入が加わることで、収入は一気に増えることが理解できたと思います。

ストック収入は大企業や中小法人だけでなく、個人でも十分に得ることが可能です。

特別なスキルやテクニック、資格などがなくてもストックビジネスを始めることは可能です。

「不労所得」はイメージが悪い

不労所得のイメージといえば、毎月自分の口座にお金が自動的に入ってくる仕組みだと思います。

「何もしなくても収入が毎月入ってくる」ようなことになれば、これ以上理想的なものはないといえます。

先述した通り、ストックビジネスへの関心は着実に高まってきていますが、就労せずにお金を手に入れる権利収入に対して悪いイメージを持つ人が多いことも事実です。

しかしながら、しっかりとルールを守ることや納税の義務を果たせば、何ら悪いことはありません。

関連記事:儲かる副業ランキングは本当?地味に儲かるor本当に儲かる副業6選!

サブスクリプションが流行中

ストックビジネスとサブスクリプションの違い

「サブスクリプション」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

サブスクリプションと、定額制や定期購入、ストックビジネスとの違いが明確にわからない、という声も聞かれますが、これを理解できればビジネスマンとしての価値を高めることができます。

サブスクリプションは、現代社会における新しいビジネスモデルの一つであることは間違いありません。

これは、モノやサービスを利用者が購入するというわけではなく、その権利を継続的に提供し、その利用期間に応じた料金を支払ってもらうという仕組みになります。

サブスクリプションの最大の特徴は、月ごとや年ごとに利用料金を支払う必要があることです

そして、期間内に行われたアップデートやバージョンアップなどにかかる費用を支払う必要がないという点です。

ストック型ビジネスとの違い

ストックビジネスでは、当初契約した内容に応じて利用料金をもらうことになります。

よって、追加で付加されたオプションサービスやアップグレード版を使用する際には、新たな費用を利用者に請求するケースが多いです。

そのため、サービス提供者や経営者としては、安定した収益を見込めることはもとより、アップセル的な考え方で事業を拡大させることができるようになります。

このようにストックビジネスとサブスクリプションは若干異なるビジネスモデルなのです。

関連記事:営業戦略と営業戦術の違いとは?経営者なら知っておきたい戦略立案

ストック型ビジネスの作り方

ストック型ビジネスの作り方

では、ストック型のビジネスにはどのような例があるのでしょうか。

まずは投資に当てはめて解説していきたいと思います。

フロー型は単発なので、株式取引でいえば株価の差により収益を得るキャピタルゲインがそれに当たります。

ストック型であれば、株主優待や配当金などを得る長期的な利益になるのでインカムゲインといえます。

不動産の投資もフロー型とストック型に分けることができます

家主として賃貸を行うことでストック型の収益を得ながら、その収益で土地を売買しフロー型の収益も得ることができます。

他にも、証券会社や銀行などはストック型ビジネスを行っている業種として有名です。

フィービジネスとは、顧客にサービスを提供しその対価として手数料を受け取るビジネスのことをいいます。

例えば、たくさんの種類の投資信託で採用されている「信託報酬」などがこのストック収入に該当します。

個人事業主でもストック型ビジネスは作れる

個人事業主がビジネスを作るとしても、集客力の弱さが課題になってしまうので、どこかのプラットフォームに便乗した方が無難です。

例えば、YouTuberはニコ生主を代表とする動画配信ビジネスであれば、動画制作によって収益を得ることができます。

YouTubeの広告ビジネスは、一度作成した動画が再生されるごとに広告収益が入ってくるので、実質的なストック報酬になります。

しかし、視聴者による「投げ銭」は1回ずつの収益なので、フロー型の利益になります。

ある程度チャンネル登録者数と呼ばれるファンの数で広告収益が推測できるので、意外に安定した収益が見込めるようになります。

その他にも有料のオンラインサロンやファンクラブを作るというアイデアもあります。

このように、毎月の収益が見込めるビジネスや、月額制の会費をとることで、たとえ個人事業主だとしても安定したストック型ビジネスが作れるのです

関連記事:サイドビジネスとは副業と違う?代表的なサイドビジネス9選

サラリーマンのストックビジネス

サラリーマンのストックビジネス

平日に仕事をしているサラリーマンなどは、副収入が欲しいという場合にストック型ビジネスの副業がおすすめです。

ストック型ビジネスは副収入の中でも不労所得に入るものが多く、日常的に時間が取れないという方でも始めることができます。

また、本業による収入があるので、ストック型ビジネスで安定した高収益を得られなくても生活が可能です。

もちろん副業をする上では、勤務先の就業規則を確認して、

  • 副業が認可されているのか?
  • 副業は一律禁止なのか?
  • どのような副業なら可能なのか?

を事前に確認することが大切です

関連記事:サラリーマンの楽しいサイドビジネス|おすすめ副業ランキング5選

関連記事:英語を活かせるサイドビジネス|副業がサラリーマンにオススメな理由

サラリーマンにおすすめの副業

すでにある程度の貯蓄があるサラリーマンであれば、不動産投資がおすすめです。

参考書など情報がたくさん出回っているので、初心者でも比較的安心だからです。

不動産は個人間でやり取りをしても良いですが、難しいのであれば仲介業者を挟むなどした方が無難です。

その他にも、株式投資もストック型ビジネスになります。

株価変動をこまめにチェックできなくても、株主優待や配当金といったストック型の利益を得ることはできますので、平日はサラリーマン、土日や平日の夜に株式投資といった収益の作り方も可能です。

あまり貯蓄はなく、手軽に始めたいのであればブログなどによるアフィリエイトがよいでしょう。

軌道に乗るまでには時間がかかりますが、一度収益を得られるようになると時間に関係なく収入を得ることができます。

関連記事:サラリーマンや正社員におすすめの副業10選

関連記事:サラリーマンにおすすめの副業18選|短期間で稼げてバレないコツ

不動産はストックビジネスの代表格

不動産はストックビジネス

ストックビジネスの代表格ともいえるのが、不動産による収入です。

具体的には、マンションやアパートなどの家賃収入などが挙げられます。

このような家賃収入や賃料による収入を得ることができるようになるためには、当然ながら、ある程度のまとまった資金が必要です。

一概にいうことはできませんが、少なく見積もっても1,000万円以上の資金を用意することが必要といえます。

しかしストックビジネスの面白さといえば、一旦、収入や報酬が得られるフローや仕組みを構築すれば、簡単なメンテナンスや調整を加えるだけで安定収入(不労所得)を確保できるという点にあります。

不動産の魅力といえば、一度手に入れれば、その後に大きな収益を安定して得られる可能性が高いことです

もちろん、100%ということではありませんが、情報などを入念にチェックするなどして不動産選びに失敗しない限り、かなりの高確率での成功が見込めます。

マンションやアパート、駐車場などを経営する場合には、いわゆる空室リスクなども懸念されますが、信頼できる不動産会社などに運営を一任することによって、そのリスクを抑制することも可能です。

不動産オーナーになれば、何もしなくても収入が入るストックビジネスが構築できるのです。

関連記事:絶対に儲かる副業なんてあるの?確実&地味に稼げるオススメ副業

個人事業主のストックビジネス

個人事業主のストックビジネス

個人事業主などフリーランスで働く場合にこそ、ストック型ビジネスはおすすめできる収益獲得方法です。

サラリーマンと違い、個人事業主は最低限の給料(月給など)が保障されていません

その代わり、時間を自由に使うことができるので、個人事業主特有のストック型ビジネスを作ることがでるはずです。

せっかく自営業になったのであれば、アイデア勝負で独自のストック型ビジネスを確立してみましょう。

アイデア次第でストックビジネスは作れる

近年ではネットビジネスも、ストック収入を得るための手段として注目を集めています。

ネットビジネスといえば、自宅のパソコンはもとより、スマホやタブレットさえあれば誰にでもできるビジネスです。

具体的にはサイトやブログの運営、FX取引などと多岐にわたります。

基本的に元手がかかることは少ないので、初めての人でも気軽にできます。

それでもネットビジネスを決して侮ってはいけません。

アフィリエイト収入やYouTuberの収入で月収1千万円、年収で1億円を超える人が続出しています。

他にも、インターネットのサーバーなど新しいシステムを構築し、その権利をサーバーレンタル会社に売ることで権利収益を得ることができます。

サーバー会社によっては定期的なメンテナンスも自社で行ってくれる場合がありますので、定期的に得られる権利収益を元手に新たなシステム開発に挑戦することもできます。

サラリーマンは時間に余裕がある人も多いと思うので、ぜひ不労所得の獲得を目指してチャレンジしてみてください。

関連記事:副業代理店はサラリーマンに最適|個人代理店を募集している商材5選

代理店&フランチャイズ開業もあり

個人事業主であれば、販売代理店としてストック型の商材を販売したり、フランチャイズのオーナーとして独立開業することもできます。

「ストック型ビジネスのスキルやノウハウがわからない」という人もいるかもしれませんが、過度の心配は無用といえます。

代理店やフランチャイズを経営する場合には、本部が相談に乗ってくれたり、人気店の作り方などの助言やアドバイスもしてくれます。

例えば、大手コンビニチェーンや飲食店などはノウハウが豊富なFC本部が揃っています。

ゼロから新しい事業を始めるよりも、あらかじめネームバリューや社会的信用のあるビジネスを始めれば、失敗するリスクを軽減しながら、成長性も手にすることができます。

自分はお金だけ出資して、店舗運営は店長やアルバイトに任せるオーナースタイルもあります。

そこで得られたノウハウなどを生かし、あらたに自分で作ったシステムでフランチャイズの親会社となることも可能です。

まずはセミナーや事業説明会に参加するところから始めてみましょう。

リスクを軽減するためには、最初にサラリーマンの副業として始めて、その後個人事業主として独立起業(脱サラ)するという形が良いのではないでしょうか。

ただ、結果的にFC本部のストック収益になる「ロイヤリティ」を支払うことは、若干皮肉的な側面があります。

関連記事:個人事業主の副業はどれだけお得?気になる節税やメリット&注意点

ストックビジネスは副業でも作れる

ストックビジネスは副業でも作れる

ストック型ビジネスは、個人が副業として行うこともできるのが特徴といえます。

会社の規定や就業規則などに抵触する場合もあるかもしれませんが、副業や兼業を認める動きが活発化していることも追い風になっているのかもしれません。

しかし、すぐに儲けることが難しいというのがストック型ビジネスの弱点でもあります。

ストック型ビジネスは月額課金のビジネスモデルが多いので、安定して利益や利潤を出せるようになるまである程度の時間を要するケースが多くなります。

その為、それを本業にして稼ぐのには若干の無理があります。

むしろ、かえって本業を持つ会社員や公務員などが副業的に取り組むのには向いているかも知れません。

副業であれば、万が一ビジネスに失敗したとしても、リスクや損失を最小限に食い止めることができます。

具体的にはアプリやゲーム開発などもストック型ビジネスに該当しますので、開発スキルがある人であれば一度挑戦してみても良いのではないでしょうか。

関連記事:代理店募集している個人向け商材とは?副業OKなビジネス12選

副業ストックビジネスの探し方

副業ストックビジネスの探し方

サラリーマンや個人事業主が、ストック型ビジネスを副業的に始めるにはたくさんの選択肢があります。

しかし、サラリーマンが副業したいと思っても、平日昼間などの勤務時間は拘束されているので、自由に副業することができません。

その反面、今までに培ってきた人間関係というものがあります。

それであればノルマがなく、時間管理も不要なリファラル営業を副業にしてみていかがでしょうか

関連記事:リファラル営業とは何?紹介営業の仕組みや業務内容を解説

リファラル営業とは

リファラル営業とは紹介営業を意味する言葉で、一般的な新規開拓の手法を言います。

営業代行というよりは代理店ビジネスであるこの営業方法は、自分の人脈の中から見込顧客となり得る人を提携先の企業に紹介するだけの簡単なビジネスです。

例えば、会社経営者に提案したいBtoBの商材があったとします。

その社長とアポイントを取って、商談の場を作るまでの労力は並大抵のものではありません。

そのような経営者を紹介してほしい企業と、経営者に人脈が多い人が組めば、新規開拓営業が加速することが容易に想像できると思います。

そのように営業活動の一部をお手伝いすることで、報酬が得られる仕組みがリファラル営業になります

リファラル商材の探し方

それでは、リファラル営業する商材や提携先の企業はどのように探せばいいのでしょうか。

それはリファラル営業サイトでを利用することで全て解決します。

リファラル営業サイトでは、自分が紹介できる「部署」や「業種」、「エリア」などからお気に入りの商材を探すことができます。

サラリーマンとしての人脈が広がるほど紹介できる幅も増えていきますので、特に人と関わることの多い営業職などであれば、無料登録してみることをおすすめします。

関連記事:無料で使える代理店募集サイトの探し方|厳選ストックビジネス5選

関連記事:無料で使える代理店募集サイトの探し方|フロー&ストックビジネス11選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業支援|営業系の副業情報サイト「side bizz」

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、主婦、大学生の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる