営業アカデミー

縁故採用が禁止される理由?縁故採用のデメリットやその実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
縁故採用TOP

少子高齢化の影響で採用は年々厳しさを増していくばかりです。そんな中、昔から利用されている採用手法に「縁故採用」という方法があります。

これは親族を経由した採用手法を言いますが、時代錯誤の採用手法とも言われています。なぜ縁故採用はそんなに嫌われるのでしょうか?

そこで、今回は昔ながらの採用手法である縁故採用にフォーカスして解説していきたいと思います。

>>簡単に稼げる副業サイト|side bizz(サイドビズ)

縁故採用の意味

縁故採用

企業がコンプライアンスやガバナンスなどを強く求められる時代を迎え、人材採用や人材開発などに対しての厳しい視線が注がれるようになってきました。

日本全国にはたくさんの企業があり、生き残りをかけた厳しい競争を続けています。

その中で、安定して優秀な人材を確保するためには、人材採用や人材開発の重要性は極めて大きな意味があるといえるのではないでしょうか。

縁故採用とは?

縁故採用という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。

これは、読んで字のごとく家族や親族などの人脈・つながりを利用する採用手法になります

果たして、縁故採用を実施するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

縁故採用は全国各地で見ることができますが、特に田舎や地方と呼ばれるエリアでは、まだまだ、縁故採用に頼るというケースが少なくありません。

縁故採用の特徴といえば、通常の採用とは異なり、志望動機や応募理由などがしっかりとしていなくても、落ちることが少ないという点が挙げられます。

縁故であることから、採用する側も無下に断ることができないというのが正直なところといえるでしょう。

縁故採用が行われているのは、決して一部の企業だけにとどまりません。大企業や官僚、政治家など会社の規模に関係なく見ることができます。

経営者の家族はもとより、取引先や親会社の親族などというだけで採用されるという人が、実は大勢います。

関連記事:営業の転職理由は大切なアピールポイント!大事な志望動機の作り方

縁故採用のデメリット

デメリット

企業によっては、取引先や得意先などからの要請もあり、縁故採用を受け入れなければいけないというケースもあると思います。

このような場合、縁故採用を無下に断ることができないため、採用担当者にとっては厳しい局面と言わざるを得ません。

縁故採用の場合には、志望動機や応募理由などを明確にすることもなく採用されるケースが多いため、「コネ入社」などと揶揄されることにもなりかねません

縁故採用での入社ともなれば、本人の実力や適性に関係なく採用されることになるため、採用された本人にとってもデメリットと感じる点が多いかもしれませんが、それ以上に採用する企業のリスクの大きさは計り知れないと言わざるを得ません。

田舎や地方にオフィスを構える企業に多いとされる縁故採用ですが、上司にとっても接し方が難しいなどのデメリットがあることは否めないといえるでしょう。

他の同期社員と同様に接することが理想ですが、やはり、どうしても縁故採用した人には厳しく指導できないという点は致し方無いかもしれません。

仮に著しく業務スキルや知識が乏しいとしても、安易に注意をすることもできません。

このように、意図しなくても、特別な配慮をしてしまうというのが縁故採用の実態になります。

関連記事:営業から転職して成功する秘訣|営業職を辞めたい人の転職相談室

縁故採用だと辞めづらい

辞めづらい

縁故採用は、実際に勤務する当事者にとってのデメリットも多くあります。

周囲の社員からしてみれば、羨ましいという思いを持つかもしれませんが、本人にとっては決して口にすることはできない悩みを抱えることも往々にしてあるものです。

与えられた仕事が自らの適性に合っていれば良いのですが、そうでない場合には困ることになるでしょう。

身内に恥をかかすこともできない為、突然に会社に来なくなってしまう「バックレ」などをすることも絶対にできません

万一、辞めたいという思いを持ったとしても、通常に採用されたケースとは異なることから、退職する方法にも苦慮することになるのではないでしょうか。

「バックレ」などの社会人としてあるまじき行為をすれば、親の紹介で雇い入れてくれた企業に対しての罪悪感が生まれることも無理もありません。

例え辞めることができたとしても、申し訳ないという気持ちが大きくなるのもやむを得ないことです。

縁故採用される時には、他の一般社員と同様に扱われることを望んで入社したものの、何かと特別待遇されることも多いのが縁故採用の特徴でもあります。

特別待遇を受けることになれば、自然と同期や同年代の仲間が離れていくことにもつながってしまいます。

関連記事:営業職に転職(就職)できる志望動機の例文4選|新卒&中途編

縁故採用を禁止にする理由

縁故採用を禁止にする理由

徐々にではありますが、縁故採用を禁止する企業が増えているのも事実です。

この動きは田舎や地方にも浸透を見せています。

大企業はもとより、中小企業やスタートアップ企業、ベンチャー企業などにも例外なく広がりを見せているといえるでしょう。

多くの企業が縁故採用の禁止に踏み切っているのは、デメリットが多いこともさることながら、多様性が求められる時代に逆行している点も否めないからです

無能といわれても仕方ない社員がコネ入社で何の苦労もなく入社できることになれば、嫌われることも無理ありません。

縁故採用を続けることによるリスクは想像以上に大きなものになるのではないでしょうか。

関連記事:営業職の魅力を大公開!営業に転職する志望動機とやりがい

縁故採用は時代遅れ

いわゆるワークライフバランスや働き方改革などに向けての取り組みが加速している社会において縁故採用は、時代遅れといっても過言ではありません。

違法行為や不法行為には当たりませんが、通常に採用された社員からしてみれば、自らの努力や苦労がバカバカしく思えることにもなります。

「辞めたい」という気持ちを持つ社員が出ることも想定されます。

グローバル社会が求めているのは、ありとあらゆる面における自由で平等な社会です。

そのような社会をつくるためにも、縁故採用は不要といえます。

リファラル採用が流行中

リファラル採用が流行中

リファラル採用を促進する企業が増えているのも、時代の流れといえるのかもしれません。

リファラル採用とは、既存の社員から紹介者を募るという画期的な採用システムであり、人事施策のトレンドにもなってきています。

既存の社員からの紹介であれば、ある程度の見込みが立つのも事実です。

むろん、実際に採用するためには、面談や適性試験に合格する必要があります。

よって、社員から紹介された全ての人が無条件で採用されるということは決してありません。

よって、リファラル採用は今までの採用活動と縁故採用の長所を掛け合わしたような採用施策と言えます。

関連記事:リファラル(referral)の意味とは?リファーラルとの違いを解説

リファラル採用する理由

リファラル採用の導入が、ここまで急速に進んでいるのは、そのメリットの大きさに起因していることが理由ではないでしょうか。

求人媒体による採用や求人サイトなどによる紹介も莫大なコストがかかることは事実です。

その点、自社の社員からの紹介であれば、格段に少ないコストで優秀な社員を採用できることにもつながります

日本では、まだまだ、リファラル採用による人材確保は始まったばかりですが、既に海外では、その割合を大きくする国も増えています。

自社に在籍する社員のネットワークを最大限に活用して人材確保に取り組むリファラル採用は、これまでの人材確保の常識を変えるほどのインパクトやポテンシャルがあるといえるでしょう。

関連記事:リファラルリクルーティングのメリットとデメリット|社員採用のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる