営業アカデミー

リファラルリクルーティングのメリットとデメリット|社員採用のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リクルーティングTOP

リファラルリクルーティングは一般的に受け入れられている人材の採用手法になります。特に人材難と言われている業界では多く活用されている手法で、今後は広く取り組まれていくことでしょう。

そこで今回は、「リファラルリクルーティング」について解説していきます。リファラル採用やリファラル営業についても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

リファラルリクルーティングとは

リファラルリクルーティング

リファラルリクルーティングは、「リファラル採用」、あるいは「リファーラル採用」と言われることもありますが、「紹介採用」を意味してます。

紹介採用とは、人材を募集する際に、社員から、友人や知人などの紹介や推薦を受けて選考を行う採用方法です。

よって、社員紹介制度とほぼ同義と考えて良いでしょう。

しかし、社員からの紹介となれば、いわゆる「コネ採用や縁故採用では?」と思う人もいるかもしれません。

ここは勘違いされやすい点ですが、リファラル採用とコネ採用とは全く異なっています。

コネ採用というのは、企業がその人材を入社させることに対して消極的であったとしても、上層部や取引先などから頼まれて仕方なく入社させるといったような時に使われます。

コネ採用は縁故採用とも言われますが、コネ採用では選考試験も正規の手続きを踏まないケースが多く、たとえ正規のフローだったとしても形式的な選考試験になっています。

一方のリファラル採用は、紹介を通じた人材であっても、選考試験は通常通りの方法でしっかりと行います

リクルーティング手法の種類

近年では、リファラル採用と似たような言葉として「ダイレクトリクルーティング」や「ソーシャルリクルーティング」といった言葉を聞くこともあります。

簡単に説明すると、ダイレクトリクルーティングというのは、欲しい人材に対して会社側から積極的にアプローチする方法を言います。

ソーシャルリクルーティングは、企業がSNSなどのソーシャルメディアを使って企業情報を発信し、人材を集めようとする方法です。

人事・採用担当者であればこの辺りの違いは押さえておくようにしましょう。

関連記事:縁故採用が禁止される理由?縁故採用のデメリットやその実態

リファラル採用のメリット

メリット

リファラル採用には主に3つのメリットがあります。

1つ目は、採用活動にかかる費用を大幅におさえることができるという点です。

通常のように人材紹介会社を通じて人材を募集しようとすると、エンジニア1名を採用するだけでも数百万円かかるとも言われています。

それがリファラル採用だと、人材を紹介してくれた社員に対して紹介料を支払うとしても、採用費用は各段に安く抑えることができます

また、リファラル採用を行う際には、社内告知したり、案内文で社員に呼び掛けることが基本なので、比較的取り入れやすいと言えるでしょう。

2つ目のメリットは、企業の風土や雰囲気に合った人材を採用しやすいという点です。

既に社内で働いている社員が窓口ですから、候補者に対しても、企業の情報は伝わりやすくなります。

そして候補者も、企業風土を理解した上で応募してきますから、入社後のミスマッチが少なく、採用失敗を防ぐことが期待できるでしょう。

同じ理由からリファラル採用は、人材の定着が難しいパートの募集などにも効果を発揮すると言われています。

最後の3つ目のメリットは、通常であればアプローチできない人材も、発掘できる可能性があるという点です。

社員のスカウトや説得によって、現在転職活動をしていない優秀な人材が、転職を考えることもあり得るからです。

関連記事:リファラル(referral)の意味とは?リファーラルとの違いを解説

リファラル採用のデメリット

デメリット

採用の成功例が多い一方で、リファラル採用にはデメリットもあります。

それは、社員からの紹介が、思うように集まらない可能性があるという点です。それには2つの理由が挙げられます。

1つ目の理由となるのが、紹介者と候補者との関係性が悪化してしまうことを考えて、社員が紹介を躊躇してしまうということです。

とりわけ実際に、紹介を通じて選考試験を受けた候補者が選考で落ちるという結果になったり、入社しても早期に辞めてしまうなどで採用活動が失敗に終わった事例があると、リファラル採用に消極的な空気が社内全体で強くなります。

リファラル採用は難しい

2つ目の理由が、社員は通常、人材紹介まで手が回らないということです。

日々の業務で手一杯な社員に人材を紹介をしてもらうためには、社内告知を工夫したり、リファラル採用制度の導入をしっかり準備しなければいけません。

社員が積極的に取り組みたいと思えるような環境を用意したり、その動きに報いるような報酬を用意することが大切です。

つまり、リファラル採用は決して簡単なものではなく、入念に準備すべき採用施策ということになります

例えば、システムエンジニアの場合、仕事に求める優先事項が、給料などの待遇面よりも仕事内容の面白さである傾向が強いので、社員や企業が適切に仕事の魅力を伝えられないと、なかなか紹介に応じない可能性があるのです。

>>【無料】営業職に特化した転職支援サービス|セールス転職エージェント

リファラル採用の報酬

報酬

リファラル採用を推進するには、人材を紹介してくれた社員に対して紹介報酬を支払ったり、給料にインセンティブをつけるなどして報酬規程を設けていることが一般的です。

しかし、その報酬額をどのように設定するかは、報酬相場を確認しながら慎重に検討しなければいけません。

なぜならば、リファラル採用は他の方法と比べて採用にかかるコストを削減できるというのが、大きな利点になるからです

あまりに高額な報酬を設定しては、せっかくのメリットを潰してしまうことになりかねません。

また、報酬を高く設定すれば、人材を紹介してくれる社員は増えるかもしれませんが、お金につられた結果、本当に企業に合うような人材ではなくても紹介してくるというリスクが生まれます。

結果としてその人材が不採用に終われば、余計に採用コストがかかってしまうことになりかねません。

リファラル採用の報酬相場

せっかくリファラル採用を導入したのに、コストが膨らんで仕組み化できないのであれば全く意味がありません。

こうしたことから、業が一般的に行う採用手法のコストよりも、報酬は安く設定することが大前提です

例えば、採用コストが50万円/名であった場合には、10万円程度の報酬を設定することが一般的です。

ちなみに、報酬額につられて紹介が形骸化することを防ぐために、最初は信頼のできるごく限られた社員のみで社員紹介制度を作るというのも、良い導入方法でしょう。

リファラルは時代の流れ

リファラルは時代の流れ

リファラル採用は、企業の採用活動にかかる費用を抑えることができる施策です。

また、きちんとした仕組みを考えた上で導入すれば、採用数が増加する可能性を秘めた画期的な施策と言えるでしょう。

しかし、リファラル採用のような仕組みができたのは、ネットが発達した結果として、ある意味当然のことでもあります

現在のネット社会では、ブログやフェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどのSNSを通じて、個人が良いと思った商品や物を積極的に紹介することは当たり前になりつつあります。

そして、内容に賛同した人は「いいね」「シェア」をして、さらに自分の友人・知人に拡散していきます。

まさに、「紹介=リファラル」の輪が、インターネットの世界では出来上がっているのです。

このような「紹介の輪」を、ビジネス世界に応用しようとする流れも、実際に登場してきています。

それは、「リファラル営業」と呼ばれるものです。

リファラル営業が流行中

リファラル営業とは紹介営業を意味する言葉で、一般的な新規開拓手法になります。

リファラル営業では見込顧客を探している企業に対して、自分の人脈(知人・友人)を紹介するという手法が用いられます。

これによって、テレアポ営業や飛び込み営業が不要になり、営業活動が効率化されていきます。

このような紹介営業のニーズは年々増えつつあり、リファラル営業プラットフォームも出てきています。

リファラル営業を強化したい場合には、まずリファラル営業サイトに掲載することから始めます

掲載は無料や有料など様々なケースがありますが、初期コストは抑えられることが多いです。

リファラル営業サイトに掲載していると、見込顧客が紹介されるので、その相手に営業を仕掛けることになります。

その結果、エンゲージメント(受注など)に至った場合、紹介者に紹介報酬を支払うという仕組みになります。

リファラル営業を推奨しているリファラル営業サイトなどがあるので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:代理店よりも簡単な副業!新しい営業のカタチ「リファラル営業」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業支援|営業系の副業情報サイト「side bizz」

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、主婦、大学生の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる