営業アカデミー

フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
セールスTOP

フルコミッションで働きたい方が年々増えてきています。この背景には個人がエンパワーメントされるようなサービスが出てきたことが一番ですが、個々人も雇用先の企業に頼るような生き方から脱したいという気持ちが出てきた為と思われます。

そこで今回はフルコミッションセールスにフォーカスして解説していきたいと思います。フルコミという働き方をきっかけにして独立起業する方法や、副業から始める方法まで幅広くご紹介していきます

>>フルコミッションの情報サイト|side bizz(サイドビズ)

フルコミッションのセールスとは

フルコミッション

フルコミッションとは「完全出来高制」や「完全歩合制」で仕事をする新しい働き方のことです。

仕事にかけた日数や時間ではなく仕事の成果にのみフォーカスを当てて、それに見合った報酬が得られるのが特徴です。

仕事での結果のみにフォーカスが当てられるので、大きな成果を上げることができれば、1ヶ月で100万円や200万円もの大金を得ることも不可能ではありません。

ですが、結果がでない場合は報酬もそれにあわせて下がってしまうのなど、リスクが大きいので注意してください。

 

フルコミッションは成果を重要視しているため、営業や販売など個人の仕事の成果がわかりやすい業務でよく実施されています。

逆に事務やチームでシステムを作る技術職などの個人の成果が判断しにくい業務ではフルコミッションの仕事というのはあまりありません。

フルコミッションの雇用形態はインセンティブ契約と似ていますが、基本給および出来高で構成されているインセンティブ契約に対し、フルコミッションは出来高のみで給料が決まるという違いがあります。

必ず支払われる基本給がない分、出来高の上がり幅が大きいので、確かなスキルを持っている場合はインセンティブ契約よりもフルコミッションのほうが稼ぐことができます。

関連記事:フルコミッション営業とはセールスの地獄|「きつい」と言われる理由

フルコミッションの雇用形態

雇用形態

フルコミッションの雇用形態は、企業の正社員に対するような雇用契約ではなく「業務委託契約」という雇用形態になります。

業務委託契約とは営業活動や商品の宣伝活動など企業が行っている業務の一部を契約者が代わりに行うということです。

この契約を委託者である企業と受託者である個人事業主という関係で締結します。

販売委託契約と似ていますが、販売する会社や個人の名前を全面に出して仕事ができる販売委託契約に対してフルコミッションの場合はあくまでも企業の代行として仕事をするという違いがあります。

正社員の場合は、働く場所が契約した企業の特定のフロアであったり、働く時間は9時から18時までなど、働く場所や時間について細かく取り決めが定められています。

これに対してフルコミッションセールスは成果に対して支払われる報酬がどれくらいなのかについて主に取り決めることから、働く時間や場所が制限されることがありません

また、正社員の場合はたとえヒット商品を生み出したとしても、契約で決められて給料以上のお金が得られないことが多いですが、フルコミッションならば大きな成果を上げればその分だけお金を得ることができます。

その代わり、半永久的に契約が続く正社員とは異なり、満足な成果が挙げられないと途中で契約を切られてしまうなどのリスクがあることも覚えておいてください。

関連記事:フルコミッションの雇用形態は違法?完全歩合制との違いとは?

関連記事:フルコミッション型セールスの種類と雇用形態を徹底解説

フルコミ商材の探し方

フルコミ商材の探し方

そうしたフルコミッションセールスの仕事はどのように探せばよいのでしょうか。

基本的には通常の仕事を探すようにフルコミッションの仕事も求人情報に記載されているので、雇用形態をみてフルコミッション希望者を募集している企業を見つけ出して応募することになります。

アルバイト雑誌にもフルコミッションの求人情報が載せている場合があるのでそちらもチェックするようにしましょう。

採用情報やアルバイト雑誌以外ではネットでの求人情報にも存在することがあります。

フルコミッションセールスの仕事は自身のスキルや腕前に寄る部分が大きいことから、正社員と比較して求人情報の数はそれほど多くありません。

ですが、企業の経理削減の影響でフルコミッションの求人情報は確実に増えています

フルコミッションによって仕事の一部を外部委託すると、自社で抱える人員を減らすことができるので、それが経費削減へとつながるからです。

また、企業によっては商品開発能力は高いけれど営業能力はあまりないなど長所と短所が明確になっているところがあり、「営業はフルコミッションで外部委託して、自社のリソースを商品開発に集中させてより良い商品を作ろう」など自社の戦略を踏まえてフルコミッションを選択しているところもあります。

フルコミからの起業

フルコミからの起業

フルコミッションの最大のメリットは「起業しやすい」ということにあります。

企業から業務の一部を委託され、成果が出れば仕事のペースは自由で構わないという理由から、働き方自体に自由度が高いからです。

そのためフルコミッションで仕事をこなせるようになると、自身の仕事の進め方やペースがわかってくるようになり、結果として起業するという人が増えています

フルコミッションの仕事は営業代行の業務が多いことも起業がしやすい要因となっています。営業の仕事とは、担当者が使用するパソコンや携帯電話などを用意する必要があり、さらに営業活動で発生した交通費や接待費なども経費として会社が負担しなければいけないなど、コストのかかる仕事です。

 

そうした仕事をフルコミッションにすると、営業の仕事をするパソコンや携帯電話は、その人自身が用意することになり、交通費などを本人の費用として扱うことができるので、会社のかかるコストを大幅に抑えることができます。

また起業する側としても、営業活動は販売する商品の特性にかかわらずある程度同じであることから、一度必要なスキルが身に付けられれば他の商品を販売するときにも応用できるというメリットがあります。

フルコミは副業でもできる

副業でもフルコミはできる

フルコミッションの業務は副業とも相性がいいです。

フルコミッションは基本的に働く時間や場所はその人自身で決めることができるので、平日は正社員の仕事を行い、休日はフルコミッションで依頼された仕事を行うなど、自身の好きなタイミングで仕事ができるからです。

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

フルコミッションの業務は成果がでないと報酬があまり支払われないという欠点を持っていますが、正社員の仕事を別に行っていれば、副業で得られる報酬が少なかったとしても正社員の給料でその穴埋めができるなど、副業にするとフルコミッション特有の欠点をある程度補えるというメリットもあります

関連記事:フルコミッションの仕事って何?営業セールスや副業の代表例5選

また、フルコミッションの仕事が自分に合っていれば徐々にその仕事を増やしていき、最終的にはそちらの仕事をメインにして独立することが可能であり、万が一フルコミッションで行っている仕事が自分に合っていないければ、他の仕事に切り替えられるなど柔軟な働きができる点もいいところです。

フルコミッションで行える副業は専用のサイトでも紹介されています。

もし「副業をやってみたい」や「巨額の報酬を得てみたい」など考えの考えがあれば、一度サイトの中をのぞいてみてはいかかでしょうか。

関連記事:フルコミッション副業の代表的な6種類を紹介|フルコミ営業の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる