営業アカデミー

なぜフルコミッションのアルバイトは存在しないのか?その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フルコミッション制のアルバイトTOP

フルコミッションという働き方があります。特に営業やセールスの現場で活用されることが多いビジネススキームになりますが、この仕組みにアルバイトが無いのをご存知でしょうか?既にアルバイトのフルコミを活用しているという経営者の方は要注意です。それは違法行為の可能性が高いです。

この記事ではフルコミッションとアルバイトの関係性をテーマにご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

フルコミのアルバイトとは

アルバイト

アルバイトは本業や学業のかたわら、収入を得るために仕事をすることです。パートタイム労働法に定められている、短時間労働者に分類される労働形態です。種類としては単純労働から、正社員と同じレベルの仕事まで多種多様のアルバイトが存在します。アルバイトは単純労働ばかりが取り上げられますが、単純労働以外のアルバイトも多いです

仕事では長年勤めてたり会社から信用されると、メインになる仕事を任されることもあります。企業から信用をしてもらえれば、責任のある仕事を任されることがあるのです。しかし、給与に関しては正社員と同じレベルにはなかなかなりません。アルバイトの対価は時間によって給料が決まる時給制です。

高時給のアルバイトもありますが、それでも正社員の給料を超えることはないでしょう。アルバイトは働いた時間だけお金をもらうことができます。有給休暇はなく、賞与もほとんどの企業でつきません。そのかわり、好きな時間には働けたり、休めたりするという働き方ができます。

また、仕事に対する責任は正社員ほど重くないので、トラブルになると正社員が手助けしてくれるでしょう。簡単に辞められるので責任が少ないこともアルバイトの特徴になっています。

フルコミッションのアルバイトは違法

違法

アルバイトで働くときには、雇用契約を交わします。このような雇用契約であれば、労働時間に対する給与を支払うことになるのです。働いた時間分はお金を支払わなければいけない契約です。

関連記事:違法性はない?完全歩合制フルコミッションの仕事とは?

このように考えると、雇用契約でフルコミコミッションの報酬は両立しません。労働形態としてアルバイトの雇用契約をするのであれば、フルコミッションは違法なのです。

関連記事:フルコミッションは違法なの?押さえておきたいフルコミの雇用形態

フルコミッションで働くなら、業務委託契約が基本になります。業務委託契約であれば、成果に対して報酬を支払う完全歩合制でも問題ありません。

関連記事:フルコミッション制(完全歩合制)と業務委託の違い|その違法性は?

また、インセンティブの内容も雇用契約のような縛りはありませんので、雇用者側と個人事業主がお互い納得する報酬を決めることができます。

ただし、業務委託契約をするときには、雇用契約以上に契約書をチェックすることが大事です。契約書によって報酬が決まるだけでなく、ペナルティの条項があるかもしれません。自分が不利にならないように、細部まで確認することは重要です。この確認を怠ると、後々トラブルになることも考えられます。

関連記事:フルコミッションに有給は与えるべき?違法にならない為のコツ

他に大事なこととして、仕事の制限があります。会社によっては、他社の仕事を制限するケースがあるのです。他の仕事ができるかなどは、契約前に確認しておきましょう。

関連記事:フルコミッションの雇用形態は違法?完全歩合制との違いとは?

フルコミッションの探し方

search

フルコミッションセールスに関する募集情報は採用媒体などを利用して探します。採用媒体には雇用契約の仕事だけではなく、フルコミッション型の仕事も載っていることがあります。他には、アルバイト雑誌を確認することも重要です。アルバイト雑誌にはアルバイト情報以外に、完全歩合制の仕事も掲載されています。

このような一般的な求人から探す方法以外に、ネットで探す方法がフルコミッションの仕事にはあるのです。ただし、ネットで探すときには、情報が不正確な場合がありますので、必ず契約する前に確認することが大事です。

また、フルコミッション募集の情報に特化したサイトもあります。フルコミッションの仕事だけを掲載しているサイトで、他サイトよりもこの仕事に関する情報が充実しています。フルコミッションの仕事を探すなら、特化型のサイトから探し始めると見つかりやすいでしょう。

フルコミッション

他に、特化型のサイトの特徴として、豊富な仕事の種類があることです。採用媒体に載るフルコミッションの仕事は、一部だけが載っていることが多いです。特化型のサイトには他には載らない仕事が掲載されることもあります。そのような仕事の中には、報酬が高い仕事も含まれています。フルコミッションの仕事するなら、色々な仕事を確認してから始めるといいでしょう。

フルコミッションセールスの仕事

フルコミッションセールスの仕事

フルコミセールスの代表的な仕事としては、不動産ブローカーの仕事があります。不動産の契約が決まれば、そのうちの何割かが手に入る仕組みです。不動産業のフルコミセールスでは顧客を見つけることが重要になります。顧客が見つかれば、顧客の満足する物件を紹介します。もっとも難しいのがクロージングですが、クロージングが上手くいけばコミッションを手にすることができるのです。

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

他にフルコミセールスとしてあるのが、ソフトバンクなどの光回線営業です。光回線に加入してもらうことを目的とする仕事内容ですが、電話で営業する方法や店頭に立って営業する方法があります。

関連記事:フルコミッションの仕事って何?営業セールスや副業の代表例5選

そのため、電話する先や店頭に来る人が顧客になります。顧客に契約してもらうために、営業トークは重要になるでしょう。特に電話での営業では、すぐに切られる可能性が高いので、切られないように工夫することが重要です。営業をして契約までしてもらうためには、話の流れを自分で作ることが大事になります。

また、コミッションを稼ぐために、電話であっても契約までしてもらう必要があるのです。一回の電話や営業で契約までのクロージングができると、コミッションが稼げます。また、このコミッションのことを歩合やインセンティブと呼ぶ会社がありますが、意味としてはどちらも同じ意味です。

他にも営業代行というビジネスがあります。営業代行は名前の通り、他社商材の営業を代行するサービスです。この業界でもフルコミッションセールスはたくさん活躍しています。

営業代行

色々な業種・業態がありますが、どの仕事も成約(受注)につき報酬が支払われる仕組みになります。これがフルコミッション(完全歩合制)という仕事になります。

大学生の副業でもフルコミはOK

大学生の副業

フルコミッションで働くには、大学生の副業でも大丈夫です。フルコミッションの仕事は要領をつかめれば、上手く稼げる分野が必ずあります。そのため、常に仕事をしていなくても、効率よく稼げる仕事もあるのです。得意分野を生かすことができれば、時給で働くよりも稼げる可能性もあるでしょう。特に人間関係が幅広かったり、知人が多い人などは営業系のビジネスで稼げる確率が上がります。

また、副業として稼ぐのであれば、本業を生かす方法もあります。本業で培ったスキルを活用すれば、副業で稼ぐことができるのです。また、大学生であれば就活対策として営業経験を積んでいてマイナスになることはないでしょう

営業が本業であればそのスキルを使って、フルコミッションの仕事でも稼げます。このように自分のスキルをお金にできることが、フルコミッションの良い部分です。スキルの活用方法を考えれば、稼げる仕事を見つけることができるでしょう。そんな仕事が見つかるのは、営業系の副業支援サイトside bizz(サイドビズ)です。

このサイトでは、様々な条件かたフルコミ商材を探すことができます。そのようにして見つけた商材を知人・友人に紹介して、それが売れればコミッションがもらえます。このサイトのポイントは簡単に営業ができる点です。家族や友達に会ったついでに商品を紹介するだけでも、稼げる可能性が十分あるのです。

関連記事:忙しい学生におすすめの副業5選|資金ゼロから安全に稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる