フルコミッション外資系保険営業マンの実態|転職前のチェック事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外資系保険営業マンTOP

フルコミッションという仕組みは古くから利用されているビジネスの仕組みですが、働き方改革の影響で徐々に注目が集まってきています。しかし、まだフルコミッションという仕組みを理解していない方も多く、その実態が不透明なものでもあります。

そこで今回は、フルコミッションの活用事例が多い外資系保険業界にフォーカスしてフルコミを解説していきたいと思います。生命保険の業界に興味がある新卒の方や、生保営業として転職を検討している方、保険代理店として独立起業したい方などには最適です

フルコミッションは保険業界に多い

フルコミッションは保険業界に多い

フルコミッションは自分の成績が報酬に直結する仕組みなので、優秀な人ほどフルコミの業務委託契約を結びたがる傾向にあります。雇用契約を結ぶより業務委託契約を結んだほうが、より多くの報酬を得られるので、自分の実力に自信のある人はフルコミッションを選んでみるといいでしょう。

フルコミッション

フルコミが特に多いのは保険業界です。一言で保険といっても、医療保険や生命保険などさまざまな種類がありますが、基本的に保険は一度顧客が加入してくれれば継続的に収入が入ってくる仕組みなので、社員よりもフルコミで働いたほうが大きく稼ぐことができます。

保険業界の中でも特に外資系保険会社では、業務委託と社員が混在している傾向が強いので、フルコミで働くことは決して珍しいことではありません。外資系保険会社の営業の待遇は厳しく、完全実力主義の世界なので、社員であっても成績が優秀でないと生き残ることは難しくなります。逆に、成績優秀であれば1,000万円以上の収入を得ることも十分可能なので、フルコミで働くメリットは大きくなります。

ただ、フルコミは成果が出なければ収入がゼロになるリスクもあるので、自分の実力などをよく考えて、働き方を慎重に選ぶようにしましょう。

外資系保険営業マンとは?

外資系保険営業マンとは?

外資系保険会社と言われる会社には、代表的なものでプルデンシャル、ジブラルタ、メットライフ、アクサ、アフラックなどがあります。

外資系保険会社は成果に応じて報酬体系が決められることが多いため、若くても大きく稼ぐことが可能です。固定給が設定されている会社もありますが、早い段階でフルコミッションに移行する会社が多いため、年齢に応じて収入が増えたり役職が与えられる年功序列の日本企業とは大きな違いがあります。

外資系保険営業マンとして働くのであれば、フルコミッションへの理解が欠かせません。フルコミッションは完全成果主義になるので、売れた年と売れない年の差が激しく、前年と今年の収入に数百万円の差が出ることもあります。精神的にきつい局面が多いので、外資系保険営業マンとして働き続けるためには強い忍耐力が必要です

ただ、年齢や学歴に関係なく業績が評価される世界なので、生保営業に対する情熱と実力を向上させる努力さえ続けていれば、難関大学出身の社員よりも多くの報酬をもらうことができます。自分の実力を正当に評価されたいと考えている人には、国内の保険会社で働くよりも、外資系保険営業マンとして働いたほうが達成感を感じやすいでしょう。

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

生保営業に向いている人

生保営業に向いている人

生命保険の営業に向いているのは、人と話すことが好きな人です。営業は顧客とのコミュニケーションが欠かせない仕事なので、話すことが苦手な人には向いていません。いろんな世代の人と接する機会に恵まれるので、人と関わっていくことが好きな人なら楽しく仕事を続けることができるでしょう。

おせっかいで人当たりが良い人も、生命保険の営業に向いているといえます。営業は顧客を獲得する仕事なので、相手に遠慮していてはいつまで経っても顧客を獲得することができません。そのため、ある程度おせっかいな態度が必要になります。よって、生保営業は女性に向いている仕事とも言えます。

しかし、単におせっかいなだけだと、顧客から嫌われてしまう可能性もありますので、その点は注意が必要です。逆に人当たりの良い人であれば、順調に顧客を獲得していくことができるでしょう。

生保営業をする際は、相手との信頼関係が必要不可欠です。信頼できる営業マンであれば、顧客も心を開いてくれます。顧客に信頼されるためには、礼儀正しい態度や清潔感のある見た目など、細かな配慮が必要です。顧客の立場に立って、いろんなことを考えながら動ける細かい人であれば、生保営業で成果を出すことができるでしょう。

基本的に保険営業の世界は資格もたくさんあるので、勉強を楽しめる人にも最適です。

フルコミッションと代理店の違いは?

フルコミッションと代理店の違いは?

フルコミッションは企業と業務委託契約を結び、フリーランスや個人事業主として働く雇用形態です。企業が業務を外部委託するという面では代理店と似ていますが、実際には大きな違いがあります。

代理店の仕組みでは、本部と商材を共有していますが、売れる仕組みまでは共有されません。よって、ただ単純に営業を代行するだけでなく、売れる仕組みの構築まですべて自分で行う必要があるため、マーケティングなど幅広い知識が必要になります。

それと比較して、フルコミセールスでは、事務所が自由に使えたり、電話の支給があったりと営業ツールの提供を受けることもできます。フルコミッションは代理店よりも自由に営業活動できるメリットがある一方で、失敗する可能性も十分にあるので注意が必要です。ただ、うまくいけば個人でも大きく稼ぐことができるので、実力に自信がある人は法人で代理店登録するよりもフルコミッションのほうが向いているでしょう。

フルコミで働く前にフルコミッションと代理店の違いを事前に理解しておく必要があります。フルコミッションは商品が売れても売れなくてもすべて自己責任となるため、強い覚悟を持って仕事に臨む必要があります。生半可な気持ちで仕事を始めると痛い目に合うので注意しましょう。代理店とフルコミッション、どちらが自分に合っているのかよく考えて選びましょう。

関連記事:代理店のメリット&デメリット!代理店の仕組みも徹底解説

関連記事:フルコミッション制(完全歩合制)と業務委託の違い|その違法性は?

関連記事:フルコミッションの意味は理解できてる?意外と知らないフルコミの実態

保険代理店で独立起業する

保険代理店で独立起業する

自分の実力に自信があるのであれば、保険代理店で独立起業することも可能です。有名なところでは外資系保険会社のアフラックでは保険代理店を幅広く募集しているので、独立開業に興味のある人は一度チェックしておくといいでしょう。

アフラックの代理店制度では、事前に独自の教育・研修を行うことになっています。保険や仕事について基礎から教えてもらえるので、未経験でもチャレンジすることが可能です。加盟金や店舗なしで開業できるため、多額の資金を事前に用意する必要もありません。

実際に保険代理店を開業する際は、アフラックと業務委託契約を締結して働くことになるため、マイペースに活動しやすいメリットもあります。個人事業主と法人、どちらも登録可能なので、順調に成果を出していけば、将来法人を設立することも可能です。兼業も可能なので、本業の空いた時間を利用して仕事を始めることができます。アフラックの代理店制度をうまく活用すれば、充実した生活を送ることができるでしょう。

保険代理店として独立開業すれば、定年退職せずに一生涯仕事を続けることができるため、引退したシニアの方でもチャレンジすることができます。保険代理店で独立起業することにはさまざまなメリットがあるので、転職を考えている人は選択肢の一つに入れてみるといいでしょう。

関連記事:フルコミッションに転職するというリスク|社会保険や有休はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る