営業アカデミー

フルコミッション営業とはセールスの地獄|「きつい」と言われる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
jigokuTOP

フルコミッションは昔からビジネスの現場で利用されてきた雇用形態ですが、最近さらに脚光を浴びてきています。その背景には、個々人が新しい働き方を探し始めたことがあります

そこで今回はフルコミセールスについて取り上げていきたいと思います。

「フルコミとはどのような働き方なのか?」という基本的な疑問から、フルコミのメリット、デメリットなどの注意点まで幅広くご紹介していきます。

>>フルコミ情報が多数掲載|side bizz(サイドビズ)

フルコミのセールスとは?

フルコミ

フルコミッションとは、完全歩合制という意味の言葉です。

そもそも完全出来高制は業績や売上高に応じて給料が支払われるという雇用形態になっており、中には業績が悪かったり売上高が低くても、最低賃金とは言わずとも固定報酬が設定されているタイプのものもあります。

よって、完全歩合制の場合には、成果や売上がないと給料が支給されないことが大きな特徴とされています。

このため自分たちがどれだけの業績を上げたのか、売上高に貢献したのかが全てという給料形態がフルコミッション制と呼ばれているのです。

関連記事:フルコミッション型セールスの種類と雇用形態を徹底解説

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

フルコミッションはセールス職に多い

そんなフルコミッションの仕事の中でも特に多いのが、セールス系の仕事です。

フルコミッションの代名詞ともいわれているほどセールス系の仕事は多く、フルコミ営業と呼ばれることもあります

例えば不動産やガスの切り替え、太陽光発電や蓄電池、新電力など様々な業界でフルコミは活用されています。

フルコミッションのセールスは報酬が高いため、受注を獲れば獲るほど高収入を見込めるのが魅力だと言われています。

またセールスの方法や1日の使い方がある程度自分たちの裁量に任されているため、慣れてくれば自分のペースで仕事ができる点もメリットです。

ただし成果と実績が残せなければ全く給料がもらえない場合もある点は大きなデメリットなので、その点を理解しておく必要があります。

関連記事:フルコミッション制(完全歩合制)と業務委託の違い|その違法性は?

関連記事:フルコミッションの意味は理解できてる?意外と知らないフルコミの実態

フルコミッションの契約形態

契約書

フルコミッション契約または雇用形態は業務委託契約が基本となります

実はフルコミッションの契約形態や雇用形態を正社員やアルバイト、パートなどと同じような形態にしてしまうと、労働基準法で出来高払いの保障に関する項目があるので違法な契約または雇用形態となってしまうのです。

通常のコミッション制であれば正社員やアルバイト、パートなどと同じように取り扱えますが、インセンティブが完全出来高払いであるフルコミッションセールスは同じように取り扱えません。

このためフルコミッションで仕事をする場合には、会社と雇用契約を結ぶのではなく個人事業主となって企業と業務委託契約を結ぶケースが多いです。

つまり、フルコミッションとは社長(経営者)であることを意味するのです。

関連記事:完全出来高制の業務委託はフルコミッションセールスと違う?

フルコミッションは違法?

個人営業主が業務委託契約を結んだうえで完全出来高払いを利用するのは労働基準法に違反していないため、フルコミッション制で仕事をしても問題はないと判断されます。

つまり正社員やアルバイト、パートのように会社に雇用されるわけではありませんし、派遣社員や契約社員とも異なるところがフルコミッションの大きな特徴となっています。

そのため働いた時間分の給料を払ってもらうのではなく、自分たちで取引をして稼いでいくという考えの契約形態となるのです。

この点が「フルコミはきつい」と言われる由縁になります。

関連記事:フルコミッションの雇用形態は違法?完全歩合制との違いとは?

フルコミの不動産営業は儲かる?

不動産

フルコミッションのセールスの中でも特に儲かるといわれているのが、不動産営業です。

実際どの程度稼いでいるのかというと、月収で50万円から100万円程度であれば普通だと判断されます

営業のやり方によってはそれ以上稼ぐ人もいるので、フルコミッションセールスのメリットを最大限に活かして稼ぐことができるのが不動産営業の仕事だといわれています。

フルコミ不動産が稼げる理由

このようにフルコミッションによる不動産営業が稼げる理由は、受注する計約1件当たりの報酬額が非常に高いところにあります。

不動産営業の中では仲介営業と呼ばれるものが特に多く、購入者から支払われた仲介手数料の一部を報酬を得るという形になります。

仲介手数料は法律で上限3%に設定されているので、例えば5,000万円の不動産であれば150万円が仲介手数料とになります。

この受注をフルコミッションセールスで行った場合、この仲介手数料の半分ほどを取り分にすることもできるため、75万円以上の報酬を得る形となります。

これを1年繰り返せばそれだけで年収が900万円に達することになりますし、さらに複数の不動産の仲介営業を受注すればそれ以上の報酬を得ることもたやすいわけです。

このような点から、フルコミッションによる不動産営業はやればやるほど稼げる仕事として未経験者にも人気を集めています

関連記事:不動産フルコミッションの知識を5分でおさらい|転職希望者は必見!

フルコミッションはきつい

フルコミッション

フルコミッションセールスは契約を受注すればするほど報酬を得ることができる、稼げる仕事として非常に魅力的な働き方だといえます。

ただフルコミッションでの仕事は「とてもきつい」と言われており、実際にフルコミッションで仕事をしている人の中には挫折してしまったり稼げずに諦めてしまった人も少なくないようです。

このようにフルコミッションがきついと言われる理由にはいくつかありますが、その中でも最も大きいのが「確実に儲かるわけではない」ところがあります

関連記事:完全歩合制が違法になるケース|完全出来高制&フルコミとの違い

フルコミッションの給与形態

フルコミッションのインセンティブは「完全歩合制」や「完全出来高払い」です。

そのため成果や売上が出るほど自分たちの報酬とすることができる反面、成果や売上などの結果が残せなければ最低賃金も保証されていないのでゼロ円になります

しかも個人事業主として会社と業務委託契約を結ばなければ仕事も来ないので、商品の営業だけではなく新規開拓営業もしなければいけないのです。

また経営者としてバックオフィス業務をこなさなければいけない苦労や、誰にも相談できない孤独感は、慣れていない人にとっては想像以上にきついものだと言われています。

もちろん成果が残せれば高額報酬も出ますし、努力次第では天井知らずの利益を得ることも可能です。

ただ成功と失敗の落差が非常に大きく、ハイリスクハイリターンであることがフルコミッションの辛さであり厳しさであると言われています。

関連記事:コミッション制とフルコミッションの違いはフィーにあった

フルコミッションの種類

フルコミッション

フルコミッションセールスと一言でまとめても、実際には取り扱っている業界によっていくつかの種類があります。

よく知られているフルコミッションセールスの種類が不動産営業で、高額な商材を取り扱っているからこそ1件受注するごとに得られる報酬が高いという特徴を持っています。

不動産関係のフルコミッションセールスは仲介営業やコンサルティング営業が多く、業務の内容や役割が分かれているケースだと役割によって報酬が変わってくることも珍しくないようです。

関連記事:営業マンが「フルコミッション」か「転職」で迷ったら副業した方がいい理由

保険や通信関係にも多い

また保険営業マンや金融関係の多くはフルコミッションセールスだとされており、中でも外資系の保険営業はほぼフルコミッションセールスになっています。

ただこちらは不動産営業よりも保険に関する知識やノウハウを身につけておかなければ勝ち残っていくことが難しいといわれており、フルコミッションセールスの中でも厳しい業界だと言われているようです。

他にも、通信業界やエネルギー業界でもフルコミッション制度を導入するところが増えてきており、中でも太陽光の販売と光回線営業はフルコミッションが非常に多い傾向がみられています

通信業界はインターネットの普及で競争が激化したことが背景にあると考えられており、ソフトバンクを中心にフルコミッション営業での光回線の販売を行っています。

またエネルギー業界も新電力の自由化の影響でフルコミッション営業が利用されるようになり、太陽光発電はオール電化と並んでフルコミッション営業が活発になってきているのです。

関連記事:フルコミッション副業の代表的な6種類を紹介|フルコミ営業の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる