フルコミッション営業はお得か?報酬相場とインセンティブ設計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
報酬TOP

フルコミッション営業という働き方を選ぶ人が増えてきています。そのような背景には、個人が活躍できるだけの仕組みが浸透してきたことと、昔と違って企業に頼れなくなったという事情があります。

そこで今回は、ニーズが高まりつつあるフルコミッションセールスの報酬相場にフォーカスしてご紹介していきたいと思っています。これからフルコミで働きたい方や、既にフルコミで働いている方までぜひ参考にしてください。

フルコミッション営業とは

フルコミッション営業とは

まず、フルコミッションセールスとは完全歩合制の働き方を指します。つまり、その人の仕事の成果次第で賃金が決まる雇用形態のことを指します。

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

一般的には不動産や保険および通信回線の営業などで多く見かける雇用形態になります。完全歩合制なので、当たり前ではありますが、働いている本人が成果を上げれば上げるほど、それに比例して賃金も上がっていきます。

関連記事:フルコミッション制(完全歩合制)と業務委託の違い|その違法性は?

つまり、完全実力主義な働き方になりますので、例えば営業代行で培った営業力があり、営業の経験も豊富、もしくは優れた営業スキルを持っていて契約を何本も取ることができる、そのような凄腕の営業マンには理想の働き方になります。

関連記事:フルコミッションの意味は理解できてる?意外と知らないフルコミの実態

なぜなら自分が働いた成果に応じて報酬も上がるので、目に見える形で自分の実力を確認することができる上に、達成感も大きいという魅力がこの働き方にはあるからです。

フルコミッション

フルコミの人が扱っている商材によって異なりますが、例えば太陽光発電や投資用不動産のように商材の単価が高いもので成果を出すことができたのなら、一般的なサラリーマンの月収を超えるどころか、彼らの年収分の金額を1~2ヶ月で稼げてしまうことも十分あります。

関連記事:フルコミッション型セールスの種類と雇用形態を徹底解説

しかも、フルコミッションでは、働く時間などの一日のスケジュールを自分で自由に決めることができます。最近はワークライフバランスという言葉が重要になってきていますが、効率よく成果を上げられる人であるならば、理想的な環境ともいえる働き方になります。

関連記事:フルコミッションとはセールスの地獄|「きつい」と言われる理由

フルコミと固定給の違い

フルコミと固定給の違い

フルコミッションと固定給の違いのひとつ目は固定給(最低賃金や基本給)の有無です。固定給の場合は成果の有無に関わらず、ある程度の賃金が保障されており、そこに本人の出来高(歩合)を加算した給与が支給されます。それに対してフルコミッションは完全な歩合=給料となるため、割合として100%が本人の実力によります

では固定+歩合制と完全歩合制(フルコミ)のふたつ目の違いは何かというと、固定給の場合は、働いている本人が企業に雇われている(雇用契約を結んでいる)場合を指します。それに対してフルコミは、企業と業務委託契約(企業に対して個人事業主として契約を結んだ)場合を指します。

なぜなら、少なくとも日本においてフルコミが適用されるケースが業務委託契約を結んだ場合のみだからです。つまり、企業と雇用契約を結んだ場合(正社員やパート、アルバイトなど)は、労働基準法第27条(出来高払制の保障給)において出来高制、請負制の仕事を行う労働者に対して最低賃金の保証をするよう定められていることから、フルコミを適用した場合は違法になってしまう訳です。

フルコミと固定給(+歩合制)を同じものと解釈している方もいますが、この2つの雇用形態には以上のような違いがあるのです。

インセンティブの呼び名

インセンティブの呼び名

さて、ここまでフルコミッションについて説明をしましたが、見出しのとおり一口にインセンティブといっても様々な呼び方があります。

例えばインセンティブとコミッション。一般的には手数料や歩合、手当を指す言葉で、自身が上げた成果に対する報酬を指します。金銭的な意味合いとしては両方とも同じ様な意味なのですが、若干違いがあります。

インセンティブの場合は、毎月の売上の目標達成度に応じた報酬制度を指すことが多いです。つまり設定されたノルマ(目標値)に達成すれば、設定された金額の報酬を得ることが出来るということです。そもそもインセンティブ(incentive)と言う言葉は、和訳すると『動機』という意味になります。つまり仕事をさせるための『動機』付けとして、ノルマと報奨金を設定しているということになります。

関連記事:代理店マージンとインセンティブの違いは?手数料の種類8選

それに対して、コミッションというのは歩合と言う意味で使用されることが多い言葉です。つまり、上げた成果(売上)の一部を報酬として得るということです。コミッション(commission)という言葉は本来、委託や手数料などという意味を指す言葉のため委託された仕事に対して、手数料として成果の一部を報酬としてもらっているということです。ただし、会社によっては2つの言葉を混同して使用している会社もあるため、事前に確認することをオススメします。

関連記事:営業インセンティブが多い業界は?支給するメリット&活用方法

フルコミ営業の報酬相場

報酬相場

さて、実力次第で稼げる金額が全く異なるフルコミッションという働き方。具体的な相場は業種によって多少の違いますが、例えばあるフルコミの不動産営業を例にすると、報酬の割合は以下のようになります。

  1. 企業が勤務や接客の場所および備品(電話やコピー機など)を提供する場合=成果の40%
  2. 1番目の内容+集客も企業で行う場合=成果の30%
  3. 上記2点のどちらも提供しない場合=成果の50%

つまり、企業がどれだけ業務委託先に対して負担するかによって割合が大きく変わるのです。例えば100万円の不動産を契約した場合、2番目の条件であるなら30万円ですが、3番目の場合は50万円を委託者に対して支払うことになります。

上記のケースであれば、3番目の条件で100万の不動産を月に1回のペースで契約が取れた場合、50万円×12ヶ月で年間に600万円稼ぐことになります。しかもこの600万円は売上とみなされますので、ここから経費を差し引くことができます。この点を加味すると年収1,000万円くらいのインパクトがあると言えるでしょう。

もちろんあくまで仮定の話なので、やり方次第ではそれ以上の金額を稼ぐことが可能です。特に上限が設定されていないので、成果を上げれば上げただけ稼ぐ金額も比例して増えるということになります。

関連記事:フルコミッション営業で稼ぐ|月収100万円以上にする方法

フルコミ営業のおすすめランキング

ランキング

フルコミッションの業界は様々な業種が存在します。今回はその中でもオススメの業種ランキングを紹介していきます。フルコミ営業マンは必見です。

関連記事:サラリーマンの楽しいサイドビジネス|おすすめ副業ランキング5選

関連記事:代理店ランキング1位~12位|稼げる商材別【2019年版】

第1位:不動産業界

フルコミ営業の中でも王道ともいえる業界です。オススメの理由は何と言っても商材の単価が他と比べて高額であるため、契約1件あたりの利益も大きく、1件でも契約を成立させれば高額な報酬(インセンティブ)を得られるケースが多い業界だからです。完全歩合制ならではの醍醐味を味わうことができることでしょう。

第2位:営業代行

コスト削減や業務の効率化などのために経理や技術職など、近年様々な業種がアウトソーシング化されていますが営業も例外ではありません。こちらの営業代行いう業種は、販売業務のみでなく、企業の営業活動に関する全ての活動(集客や顧客対応、フォローアップなど)を代行する業種です。全てを自分で企画して実行したい方や、営業マンとしての実力を上げたい方にオススメの業種です。

営業代行

第3位:通信業界

今日、インターネットの光回線は一般家庭にも当たり前のように普及しており、我々の生活において欠かせない存在の一つになっています。つまりそれだけ大きな需要が存在する上に、一度契約が成立すれば長期に渡って継続収入が入る仕組みの業界です。既にインフラとして出来上がった業界なので、優秀な営業であればあるほどフルコミ営業として稼ぎたいという方が多い業種でもあります。

フルコミッションのまとめ

フルコミッション

フルコミッションは実力がある人にとってはメリットのある働き方ですが、場合によってはデメリットが大きいハイリスク&ハイリターンな働き方になります。

実際にフルコミで働き出すと、簡単には休めなくなり、成果が出ないとストレスで身体を壊す人もいます。そのような特有の事情を加味した上で、責任をもって働き方を選択するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルコミで稼げる商材情報を探すなら「サイドビズ」

フルコミッションの仕事を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

営業系の商材情報やフルコミ募集中の企業が続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるフルコミ情報が満載!

サイトの利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る