営業マンが年収600万円を稼ぐ方法|副業で収入アップさせるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年収top

営業は取引先に働きかけ、仕事などの契約を結ぶことによってはじめて評価される職種です。そのため、業種や個人のスキルによって収入にばらつきが出やすいといえます。

ここでは営業職の人や、営業に転職することを検討している人達に対して、「営業の年収が平均どれくらいなのか?」や「営業で年間600万円の収入を得ることは可能なのか?」について解説します。

営業の平均年収はどれくらい?

年収

営業の平均年収に関してですが、某転職サイトの調査によると、年代や業種によって年収にかなり差が出ています

まず、年代別に見ていくと、20代の平均年収が420万円前後、30代の平均年収が530万円前後、40代の平均年収が720万円前後となっています。

同様に業種別で見ていくと、広告系の営業の平均年収が最も低くて平均400万円前後、次いで商社系の営業が平均410万円前後、不動産系の営業が平均430万円前後、金融系の営業が平均440万円前後、ソフトウエア関連の営業460万円前後、メディカル系営業が平均490万円前後、そして最も高いのが海外で営業活動を行っている人たちで平均500万円前後となっています。

営業の年収は高い?

十分

サラリーマンの中でも営業職は年収が高いと言われています。年収を考える際の目安になるのが、自分の生涯賃金を知るという事です。

生涯賃金とは学校を卒業し、働き始めてから定年退職するまでに得ることができる賃金のことです。生涯賃金には毎月の基本給の他に残業などの各種手当やボーナス、そして退職した場合の退職金も含まれています。

サラリーマンの生涯賃金

男性の場合、大学を卒業してから入社した人の生涯賃金は平均約3億円だといわれています。

しかし、給与やボーナスなど働くことによって得られる収入は業種や地域、そして企業やその人がどのような雇用状態であるのかによって大きく変わります。

とはいえ、自分の現在までの収入をもとにおおよその生涯賃金を計算し、それを自分と同じ学歴の人たちが得ている生涯賃金の平均と比較するで、学歴に見合った金額であるか判断することは可能です。

一生で必要な金額

では、今度は実際にいくら生涯賃金をもらえればお金に困らず余裕を持って暮らすことができるのかを確認しましょう。

最も生活費が高い東京都に住むことを考えた場合、夫婦2人暮らしならば住居費を除いた生活費はおよそ23万5,000円前後必要だと言われています。

ちなみに、単身者の場合は住居費を除いた生活費はおよそ13万円必要だとされています。

これを基にして男性が27歳で結婚した場合では、大学を卒業して社会人として働き始め、結婚するまでの5年間で必要な生活費が住居費と合わせて月々20万円だった場合、計1,200万円となります。

そして、結婚後子供を二人もうけて57歳で定年退職をすると仮定したときの結婚後に必要な生活費は、住居費と合計して月40万円かかったとした場合、1億4,400万円です。

さらに、定年退職後、子供が2人とも自立して再び夫婦2人の生活に戻り、80歳で亡くなったとすると、夫婦2人で過ごす23年間に必要な生活費は住居費と併せて月30万円かかると設定した場合8,280万円となります。

したがって、独身時代の生活費1,200万円と、夫婦2人、子供2人のときの生活費1億4,400万円と、定年後ふたたび夫婦2人で生活したときの生活費8,280万円とを合わせた金額である2億3,880万円が生涯賃金として最低限必要な額ということになります。

もちろん、住んでいる場所や子供の数、そして結婚した年齢や子どもにかける教育費などによっても必要とされる生涯賃金は大きく異なります。

そして、年金支給額と支給時期が変化することによってもこれらの数値は大きく変動します。

例えば、地方の場合は物価や住居費などが都市部と比較すると安い場合が多いので、例にあげた金額よりも生活費を抑えることができる可能性は高いです。

年収600万円以上を稼いでいるのは20%未満

年収600万円

生涯必要とされる生活費を計算していくと、少なくとも年収600万円は確保しておきたいところです。年収600万円とは一体どれくらいのものなのかを知っておくと目安になります。

1つの目安として、年収600万円というのは東京都に住んでいる人の平均年収に相当します。東京都に住んでいる人の2017年の平均年収はおよそ615万円で全国1位でした。

2位以下はその年によって多少順位に変動がありますが、東京都の1位だけはずっと変動することがありません。

また、2017年のデータを見ても2位である愛知県の平均年収およそ539万円を大きく引き離しています。

2位の愛知県と3位の神奈川県の平均年収の差はたった8万円程度なのを見ると、いかに東京都が圧倒的に平均年収が高いかが分かります。今後もよほどのことが無い限り東京都の平均年収1位の地位が揺らぐことは無いでしょう。

ところが、全国で年収600万円の年収を受け取っている人がどれくらいいるのかを調査すると、たった20パーセント未満です。

ですから、日本で働いている人の大部分は生涯賃金を賄えるだけの年収を得ていないといえます。

未経験でも600万円を超えるのは可能か?

未経験者

これだけ割合が低いとされている年収600万円の人であっても、単純計算で25年間労働して得ることが可能な生涯賃金は1億5,000万円で、さきほど例に挙げた必要とされる生活費である2億4,400万円を満たしていません。

ですから、金額上の計算でいえば、本業のみで仕事をしていては老後も不安を感じないように暮らしていけるだけのお金を確保するのはとてもハードルが高いことだと考えることができます。

また、少子高齢化の道を歩み続ける日本にあって、これから先の年金制度はとても不安定なものだと言えるでしょう。年金の支給額が下がったり支給開始年齢が遅れたりすることは十分考えられます。

ですから、何らかの形で現役時代に平均年収600万円を確保しておきたいところです。こういったデータを見ても夫婦で共働きをする人や、将来の事を考えて副業や投資をしようと考える人たちが増えているというのが分かります。

本業の収入にもよりますが、副業の選び方次第では本業と副業とを合わせて年収600万円を超える収入を得ることは十分可能です。

営業はインセンティブや歩合で稼ぐ

営業はインセンティブや歩合で稼ぐ

営業であれば大きな収入を稼ぐことが大切です。なぜなら、営業成績が良い営業マンほど年収が高く、収入も高いからです。

収入の高い営業マンであれば転職の時にも有利で、ヘッドハンティングの誘いが来る可能性もあります。

営業マンが稼ぐ方法としては、営業インセンティブや歩合があります。インセンティブや歩合は歩合制と呼ばれており、営業が稼ぐための重要な原資になっています。

このインセンティブによって、年収ベースでは400万円ほどの人でも、インセンティブを含めると1,000万円を超えるようなケースが出るのが営業職です。

よって、営業職は実力主義や成果主義とも言える職種なのです。

営業で収入を目指していく方法

トップセールスマン

営業として年収600万円を目指す場合ですが、冒頭でも説明した通り営業は業種によって得られる収入が大きく異なります。

同じような仕事であっても業種によってはこちらの仕事に見合った報酬が得られない場合もあるので業種を選ぶことは重要です。

先程のデータを参考にするならばソフトウエア関連や金融系の営業の仕事が狙い目といったところでしょう。

もちろん、語学が堪能であれば海外での営業が最も高収入です。

副業を検討してみる

営業職であれば副業を検討してみることも良いでしょう。

例えば、営業未経験でも挑戦できるリファラル(紹介)営業であれば、時間に束縛されることもなく、本業と併せて高い報酬が期待できる可能性もあります。

リファラル営業とは特定企業の製品・サービスを紹介するだけの簡単な業務なので、空いた時間でもできる副業になります。

関連記事:フルコミッションセールスって何?営業マンが副業や起業で稼ぐコツ

また、紹介するだけなのに、月10万円以上の収入も十分期待できます。リファラル営業を案件を探すことができる「リファラル営業サイト」がありますので、一度確認してみるのもいいかも知れません。

ただし、本業の不足分を補うのが目的であることを忘れないようにすることが大切です。あまりに副業の負担が大きいと本業にも影響が出て勤め先に迷惑をかけることになります

現代の日本においては終身雇用という考え方が崩れつつあるので、将来の事を考えて副業をおこなったり起業したりすることを想定しておくのも良いでしょう。

リファラル営業募集サイト

営業なら未経験でも収入を増やすチャンスがある

おすすめ (2)

生涯賃金と自分の収入とを比較し、それを補うような働き方をすれば将来への不安も和らぐことでしょう。

営業の仕事はそれ自体が特殊なスキルと言えます。よって、そのスキルを活かせる副業をしてみるのも良いかも知れません。

例えば、ご紹介したリファラル営業では、未経験者でも収入増を期待することができるので副業として始めやすいですし、紹介営業ならば本業に差し支えない範囲で働くことが可能です。

関連記事:副収入は安全&確実に稼ぐ|サラリーマンや主婦が月5万円稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業支援|営業系の副業情報サイト「side bizz」

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、主婦、大学生の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る