営業インセンティブが多い業界は?支給するメリット&活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インセンティブ

業種の中でも経験やスキルが不要で、未経験でも挑戦しやすいものに営業があります。中には営業が得意だから副業にも活かそうと考える人もいるでしょう。営業で得られる報酬には色々なタイプがありますが、その中でも営業で稼げる人や営業が得意な人にとってはインセンティブ制が非常に有利です。

ここでは営業のインセンティブ制がどんな仕組みなのか、報酬やメリットなどについて解説していきます。

インセンティブ制とは?

疑問

インセンティブ制とは、業務あるいは目標をどれだけ達成したかによって報酬が決まる給与体系です。簡単に言えば、「頑張った分だけ報酬がもらえる制度」と言えるでしょう。

通常の給与体系とは異なり、基本給に仕事の成果分だけ報酬がプラスされていく仕組みになっています。インセンティブ制を導入している多くの企業では一定期間内での取引件数や売上金額、顧客獲得件数に応じて、インセンティブの金額が決められています。

インセンティブの金額や支払いのタイミング、目標設定などは企業によって異なります。例えば、基本給よりもインセンティブの方が多かったり、個人での報酬ではなく所属部署単位での報酬だったりと様々です。毎月の基本給にインセンティブが足されるので、頑張れば毎月プチボーナスが入ってくる感覚にも似ています。

関連記事:営業給料はインセンティブで稼ぐ|営業給与と歩合が高くなる理由

関連記事:リベートとはインセンティブ制度|リベートの意味と種類を解説

インセンティブ制の報酬

インセンティブ

インセンティブ制は基本給にプラスされて支払われる報酬ですが、同じく基本給にプラスして支払われる報酬としてボーナスがあります。では、この2つの違いは何かというと、業績の単位です。

ボーナスは企業全体の業績で支給額が決まるもので、所属する全社員が対象となります。個々に能力の差があってもほぼ平等に支払われるため、個人が目標未達成だからと言っても支給ゼロはありません。また、多くの企業では夏と冬のボーナスが一般的ですが、支給時期や回数は企業で異なることもあります。

関連記事:みんなの副業報酬はいくら?会社や勤務先にばれない為のコツ

一方、インセンティブ制の場合、その支給額は個々の業績で決まります。当然頑張りや能力の差があれば、支給額にも差がでてくるため、年齢や経験年数も関係ありません。もちろん未達成の場合には支給ゼロになります。中には、部署単位での業績で部署ごとに支払われるインセンティブもありますが、ボーナスと異なり個々の能力が重視されるものとなっています。

報酬の出し方は2つにあり、契約件数や売上金額など業績に対して支給されるものと、予め設定した目標の達成率に応じて支給されるものがあります

>>営業マンが利用している副業サイト|side bizz(サイドビズ)

業績に対しての報酬は、契約1件でいくら、売上の何%がインセンティブ、というようにそれぞれ企業ごとで決まっています。形のある商品、いわゆる有形商材を取り扱う企業で取り入れられていることが多く、取り扱う商品の価格帯でも報酬は異なります。例えば、車や家など価格の高いものであれば、それだけ報酬も高くなる傾向があります。

一方で、目標達成率に対しての報酬は、ある期間内で何%を超えたらいくら、何%未満はインセンティブなし、というように企業ごと設定されていることがほとんどです。1ヶ月や四半期ごとなどの期間を設けている場合が多く、その期間内にどれだけ目標を達成できるかがカギとなります。

関連記事:営業目標の立て方とノルマ達成するためのコツ&法則を大公開!

インセンティブの導入が多い業界

インセンティブ

インセンティブ制は個々の実績に対して支給される報酬なので、業種の中でも他企業、ユーザーとやりとりする営業が一般的です。特に、不動産や保険業界、医療機器メーカーの他にも、自動車メーカーの販売営業などが挙げられます

中でも、不動産や自動車販売など価格帯の高い商品を扱うところでは、売上金額に応じたインセンティブが報酬として支払われることが多いです。また、新製品や強化商品など売り出したいものが明確で、それらを一定の期間内に販売すると、より高い報酬を得られる場合が多いです。

保険営業は主に顧客獲得件数や契約件数のノルマがある場合が多いため、これを上回るとインセンティブ報酬が得られます。まれに、個人で目標を設定する場合もありますが、ほとんどは企業側で、この期間にこれだけ、という値が設定されています。目標を達成するため、なるべく人の多い他企業のオフィス内や駅周辺などで営業をかける場合が多いです。

関連記事:フルコミッション外資系保険営業マンの実態|転職前のチェック事項

そして、医療機器の販売営業はインセンティブ報酬が高めの傾向があります。基本的には会社に出社することはなく直行直帰で、月に数回進捗状況の報告のため出社することが多いようです。また、インセンティブ報酬とは別に営業手当てとして日当がつく場合もあります。加えて、日本企業よりも海外企業の方が能力主義なので、インセンティブ報酬は高めとなっています。

関連記事:完全出来高制の給与はどう決まる?フルコミ業務委託として働く決意

インセンティブ制のメリット

メリット

インセンティブ制には個人にとっても企業にとってもメリットがあります。

まず、個人にとってのメリットは実績に応じた報酬がもらえるので、頑張った分だけ収入を上げることができるところです。営業が得意であったり、好きなことを仕事にしている場合は、仕事に対しての意欲が高いので有利と言えるでしょう。

また、自分の頑張りが直接報酬につながるため、仕事へのモチベーションが上がるというメリットもあります。さらに、インセンティブを得られる社員とそうでない社員の間で収入の差がでてきます。業績が上げられなければ報酬は得られず、差はどんどん開いていってしまうので、そうした差を社員が自覚しやる気が向上することもメリットと言えます。

関連記事:営業マンの業績を左右する!モチベーション維持の方法と上げ方4選

一方、企業にとってのメリットは、インセンティブ対象の期間が決まっている場合は社員が期間内で成果を出そうとするため、それぞれ最大限のパフォーマンスが期待できるところです。個人で業績を上げるということは、結果的に企業全体の業績を上げることにもつながるので、インセンティブ制は企業にとってもメリットが大きいのです。

また、日本の企業は保守的な部分があるため、実力主義のインセンティブ制は社員の底上げを図るためにも有効と言えるでしょう。指示を待つのではなく、自ら動くようになるため、特に、若手育成には効果が高い制度の一つでもあります。

関連記事:フルコミッション営業はお得か?報酬相場とインセンティブ設計

インセンティブ制の注意点

注意

頑張った分だけ報酬が上がるメリットがあると同時に、デメリットや気を付けるべき点もあります。

まず、インセンティブ制は実績に応じた報酬なので、そもそも実績が上がらないと報酬につながりません。契約件数や売上金額などを伸ばしていけるかどうか、自分の能力や適正でインセンティブに挑戦するか検討することがポイントとなります。営業が得意であったり、競争心、上昇思考がないとやや厳しい面があるでしょう。

関連記事:キックバックやリベートは違法なの?賄賂や値引きとの違いは何?

次に、一口にインセンティブ制といっても報酬の決め方、算出の仕方は業界や企業で異なります。売上金額や契約件数に対する報酬なのか、目標達成率に対する報酬なのかを初めによく確認しておくことが必要です。そうすることで、報酬が支払われた後や支払われなかった時に、「こんなはずではなかった」と後悔することがなくなります。

そして、インセンティブ制で支給される報酬は源泉徴収されていないことが多く、自分で確定申告を行わなければならないため注意が必要です。基本給や残業代などは会社で処理してもらえるので何もしなくても大丈夫なため、確定申告の詳しいやり方を知らない人もいるでしょう。

確定申告は期間が決まっているため、期間内にきちんと行わなければなりません。分からないことがあれば、税務署でもやり方を教えてくれるので忘れずに行いましょう。

関連記事:副業で月5万円稼いでもバレない方法|税金&確定申告はどうする?

自分の能力に合った収入を得られる

インセンティブ

実績に応じた報酬が得られるインセンティブ制は、自分の能力に合った収入を得られることが最大のメリットです。特に、営業は未経験でもスキルがなくてもコツさえつかめば実績を上げることができる業種です。

確定申告を自分で行ったり、能力主義なので自分の能力を把握したりする必要があるなど注意点もありますが、頑張り次第で収入が上がったり、得意なことを営業で活かせたりするので、副業としてもやりやすいでしょう。中でも、本業で営業をしている場合はコツもつかめているので、副業では高収入が期待できます。

関連記事:営業マンが年収600万円を稼ぐ方法|副業で収入アップさせるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトを見る