営業アカデミー

営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業代行

数ある営業の形態の中には「営業代行」というものがあります。「営業代行」というのはその名前の通り、何らかのサービスや商品などに関する営業行為を企業に代わって引き受ける仕事のことです。

しかしながら、具体的にはどういった仕事をするのか、また、数ある仕事の中で営業代行を選ぶメリットは何かなどについては認知されていないことが少なくありません。

そこで、ここでは営業代行に関する、報酬や仕事の流れなどについて紹介します。

営業代行とはどんな仕事か?

副業疑問

営業代行とは簡単にいうと営業活動に関する一部の事柄や、或いは、その全てを担当する仕事のことです。似ている職業の中に販売代行というものがあります。しかしながら、販売代行は商品やサービスの販売のみを請け負うもので、販売行為以外のマーケティングなどを行うこともある営業代行とは違う仕事です。

さらに、営業代行の場合は顧客との契約をする際などに、代行を依頼した企業の名義でその取引を行いますが、販売代行の場合は、代行を担当している代理店などの名義でそのサービスや商品を提供するという違いもあります。一般的に多い営業代行の業務としては、テレアポ、セミナーや展覧会などの人集めなどです。

他にも、商品やサービスに興味のある顧客とのコミュニケーションや、そういった顧客に対しての商談への同席、交渉そのものの代行、既に契約した顧客に対するアフターフォローなども業務の中に含まれています。その他にも、営業全体の効率化のために現在の仕事の方法に対する見直しや、営業に携わる人の教育、新しい営業戦略の立案と実行などを行うこともあります。

営業代行のメリット

メリット

企業などが営業代行に営業を依頼することには多くのメリットがあります。まず1つは、営業に適した人材がいなくても営業代行に依頼することで、質の高い営業効果が期待できるという点です。

また、営業は人と人が関わる業務のため、適した人材の育成が難しい分野でもあります。しかしながら、そういった人材育成の手間を、営業代行に営業を任せることで気にしなくてもいいというのも大きなポイントです。

他にも、営業代行は依頼者の企業に、営業のシステムの改善点を提示できるだけの能力を持った人材が多くいます。それゆえに、企業にとってプラスになりやすい、プロフェッショナルな仕事を提供してもらえるというメリットもあります。

営業代行

さらに、営業代行を専門にしている人材には、それまでの営業によって築いてきた豊かな人脈を持った人が多いです。そのため、依頼主の企業の営業のみでは困難だった、販路を開拓してくれる可能性もあります。

そして、営業代行は時給制などではなく、実績に対して報酬を支払うという形式が一般的です。したがって、費用対効果が高く、単純な営業力の強化を望めるという利点もあります。

その上、営業代行の人材には特定の分野に強い人が多数在籍しているので、商品やサービスの専門的な説明などがスムーズで、説得力のある営業を行ってくれる可能性が高いです。

他にも、代行サービスという性質上、必要な時にだけ営業を依頼すればいいので、企業としては無駄な人件費を抑えることができます

営業代行を利用する業種

代理店募集

営業代行を利用することが多い業種には一定の共通点が見られます。その共通点というのは主に新規開拓をすることで、手広く事業を展開しようとしている企業です。

例えば、電気や水道の専門的な工事を行う会社、ホームページ制作会社や専門コンサル、映像制作会社などといった、比較的専門的な知識が必要になる業種です。これらの専門的な仕事を行っている企業は、一般的なものよりも商品やサービスに対する認知度が低いといえます。

したがって、慢性的に顧客不足に陥っている可能性が高く、営業代行サービスを利用することが多いというわけです。また、単純に設立して日が浅く、商品やサービスの売り込み方や、得意先の作り方が分からないといった企業も営業代行を頼ることが多いです。

営業代行を導入する流れ

営業代行

実際に営業代行を導入する際にはいくつかの手順が必要になります。まずは、営業代行会社に営業の依頼をするための問い合わせをします。

その後、問題がなければ具体的な打ち合わせを行うことになります。この打ち合わせは営業を代行する営業マンと顔を合わせて行うのが一般的です。

その際に、具体的に営業をしてもらいたい商品やサービスの内容、依頼した企業側が営業の際に重視してほしい事柄、目標の売上額などの、諸々のヒアリングが行われます。

そして、営業マンの人柄や営業の方向性などの意思の疎通に問題がなければ、そのまま契約をするという流れが多いです。さらに、後日営業代行業者から営業成績が報告され、結果が芳しくなかった場合は営業代行業者によって、販売戦略の見直しなどが行われることがあります。

営業代行の報酬形態

営業代行

営業代行の報酬は「成功報酬」か「成果報酬」のどちらかであることが少なくありません。「成功報酬」というのは業務の完了を成功と判定して支払われる報酬形態のことです。簡単にいうとクライアントに利益が確定する契約の成立を、取り付けた時などに支払われる形式の報酬だということです。

もう一つの「成果報酬」というのは、まだ契約などは生じていないが、アポイントの獲得や商談の機会を設けるなどの、クライアントの利益に繋がる可能性がある結果を達成した場合に支払われるものです。こちらは、仮に利益が確定しなくても営業代行に対して報酬が発生することになります。

営業代行が向いている人

営業代行

営業代行の仕事をする際には、有利に働きやすい点というのがいくつかあります。まずは、得意分野を持っているかどうかという点で、得意分野が多ければ多いほど、代行できる営業の業種が増えるので色々な仕事を任されやすくなります。

次に、人脈が豊富かどうかという点です。人脈の多さは、色々な商品やサービスを捌かなければならない営業職においては、売り込み先の候補がいくつもあるということなので、強い武器になりやすいです。

また、営業マンは取引先に気に入ってもらうために、どんな人間とも円滑にコミュニケーションを取る必要があります。そのため、コミュニケーション能力が高いかどうか、という点も重要になってきます。そして、殆どの営業においては仕事をする場所や人が一定ではありません。

それゆえに、仮に問題が起こったとしても、その場でスムーズに対処する柔軟性が求められます。したがって、臨機応変に行動できるかどうかという点も大事なことの一つです。

営業代行を副業にする方法

副業

個人での副業として営業代行をしたい場合は、営業代行の会社に登録をする方法があります。また、営業クラウドソーシング系のサイトに登録する方法もあります。このようなサイトへの登録は、基本的に無料&数分で終えられるぐらい簡単なものなので、複雑な手続きがなく気軽に始めやすいです。

加えて、勤務時間などを自由に決められるため、常勤をする必要がなく副業にするのに適しています。例えば、メインの仕事が営業の人がそのまま、その人脈を生かして営業代行の仕事をすることなども可能です。

さらに、このようなサイトの営業代行は見込み案件などを特定の企業などに紹介するだけで、報酬が手に入るためやりがいを感じやすいでしょう。

営業代行は副業に適している

営業代行

営業代行は依頼する企業側のメリットも高く比較的需要の多い仕事です。また、営業代行という仕事は常勤をする必要がないため、時間の融通がききやすく、副業に適している仕事になります。その上、報酬形態は、成功報酬か成果報酬が一般的なので、実績がそのまま営業マンの報酬に繋がります

そのため、やりがいを感じやすくモチベーションを維持しやすい仕事でもあります。副業を考えており、得意分野や、人脈、コミュニケーション能力、柔軟な考えなどを多く持ち合わせている人は、営業代行の仕事を考えてみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる