営業アカデミー

正社員におすすめな副業は?ノルマ&時間管理が必要ないサイドビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
正社員の副業

2018年1月に厚生労働省から「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が発表されたことで、副業解禁が加速しています。

しかし副業を始めるにしても、様々な疑問が湧いてくるはずです。そこで今回は、正社員でもできるおすすめ副業や、副業のメリット&デメリットなどについて解説していきます。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

副業とはどのようなものを指す?

副業疑問

副業解禁されて、「副業とは何か?」「複業とは何か?」という議論が様々な場面でされています。実はどのような形態が副業というのか、法律上明確な定義がありません。

正規雇用として収入を得ている仕事があり、それとは別に収入を得ているなんらかの手段を副業と呼ぶことが一般的です。

副業と呼ばれるものには様々なものがあり、アルバイトやパート、株式投資やFX、アフィリエイトなどの広告収入が主な例になります。

関連記事:副業解禁しない会社はヤバい?副業を解禁した大企業40社の目的と理由

複業や兼業との違い

副業に似ているものに、複業や兼業があります。複業や兼業にも法律上の明確な定義がありません。

よく副業と混同される兼業とは、兼業農家が代表例になります。

雇用主と直接契約があり、本業と区別なく注力できることを言いますが、契約形態はアルバイトや業務委託契約など様々です。

本業が休みの間などに、収入アップを目的として別の本業を行うような働き方と言えるでしょう。

副業は労働契約がないという点や、兼業は本業と同等に稼いでいるものといったような点で区別されることもあります。

また、複業はパラレルキャリアやパラレルワークと呼ばれることもありますが、両方を本業とする働き方です

このように聞くと兼業との違いが難しく聞こえると思いますが、複業は自身のキャリアアップやスキルアップを目的にしています。この辺りが兼業との大きな違いと言えるでしょう。

しかし先に書いた通り、そもそも複業や兼業に法律的な定義はないので、そういった意味ではニュアンス的な区別でしかないと言えます。

関連記事:サイドビジネスの意味とは?副業と内職、複業、兼業の違いを徹底解説

副業のメリット&デメリット

副業のメリット

副業したい人は増えてきていますが、副業をするにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ここでは副業することのメリットとデメリットを紹介していきます。

副業のメリット

副業のメリットでまず思いつくのが、収入がアップすることです。

本業の他に収入を得ることができると、生活にゆとりができていきます。

実際、「本業の他に少しでも収入を増やしたい」という動機で副業を始める人はかなり多いです

収入が増えることで、余裕のある暮らしができることもメリットの1つと言えるでしょう。

また、本業では身につけることのできない新しいスキルを学ぶことができるます。

転職しなくても新しいスキルを身に付けることができるのは大きなメリットと言えます。

またその仕事によっては新しい人間関係を持つことが期待できるでしょう。

>>【無料】副業するならリファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

副業にはデメリットもある

今挙げたように副業は、「収入」「スキル」「経験」「人脈」といった社会で生きるために必要なものを得ることができると言えます。

では副業をすることにデメリットなどあるのでしょうか?

副業の内容によっては、身体的に負担がかかったり、プライベートに使う時間が少なくなったりと、私生活に影響を及ぼすことが多いように思われます。

ひどくなると私生活にとどまらず本業にも悪影響を与えてしまうので、メリットとデメリットのバランスが取れた副業を選ぶことを強くお勧めします

関連記事:副業で稼ぎたい人は必見!サラリーマンにおすすめな副業5選

副業OKの会社が増えている

副業と兼業

2018年1月に厚生労働省から「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が発表され、副業や兼業を促進する動きが出てきました。

詳しくお伝えすると、厚生労働省は企業の就業規則の元となるモデル就業規則を改定し、遵守事項であった「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」という規定を削除しました。

つまりこれは、政府が正社員の副業や兼業を推進しているということであり、サラリーマンが副業や兼業をすることは推奨されているということになります。

関連記事:副業がバレるとどうなる?正社員の副業・兼業マニュアル

会社側も副業を歓迎している

政府の後押しもあり、大企業や革新的なベンチャー企業を中心に副業解禁が広がっています

実は、正社員が副業・兼業するのは、労働者だけではなく会社側にもメリットがあると認識されています。

労働者が社外から得る新たな知識・情報や人脈は、労働者を成長させるだけではなく、事業機会の拡大につながるからです。

そのため、会社側にもしっかりとしたメリットがあるので、副業や兼業は社会的にも認められていると言えるのです。

関連記事:本当に稼げる副業をご紹介!厳選したおすすめサイドビジネス9選

副業には責任が付きもの

しかし、副業は無条件に認めているというわけではなく、労働者は「職務専念義務、競業避止義務、秘密保持義務を意識することが必要である」としています。

これを簡単に言うなら、労働者は勤務中に在職している職業に専念することになります。

つまり、一定の職業に課せられる法律上の義務は守ること、所属する企業と競合する会社に就職するような競業行為を行ってはならないことを意識しなければならないということです。

関連記事:副業で高収入を目指したい人は必見|土日でも稼げる副収入5選

副業を禁止する会社が多い理由

副業禁止

正社員に副業を禁じる会社は多いですが、それには大きな理由があります。

その一番の理由は、無理な副業による疲労から、遅刻や居眠りなど本業への支障が出やすかったためです。

会社としては、自分の会社の業務がおろそかにされては困るので当然禁止することになります。

関連記事:サラリーマンの小遣い稼ぎなら副業がおすすめ|社会人の小銭稼ぎ

現代では副業禁止するのが難しい

ですが「副業・兼業の促進に関するガイドライン」によって、正当な理由なく労働時間外の副業や兼業を労働者に禁止はできないと定められています。

よって、企業はむやみに副業を禁止する事はできません。

最初から、就業規則で副業を認めない事は法律上、妥当性がないのです。

しかし、厚生労働省が推進しているのは、あくまで本業の時間外でする副業はであることが前提なので、就業時間内に副業を行うような行為は認めていません。

この点は十分注意してください。

関連記事:副業禁止は違法行為?禁止規定がおかしい理由とバレないお勧め副業

正社員におすすめの副業

副業で働く

ではサラリーマンや正社員におすすめな副業とはどんなものがあるのでしょうか?

副業による疲労や就業時間中の副業で集中できないと、本業への支障はかなり大きいものとなるでしょう。

逆に言えば、本業の就業時間後や就業前または休日などの空いた時間を有効活用してできるような副業で、体力的な負担にならないものであるなら望ましいということです。

よって、時間管理がいらない副業や、ノルマがない仕事、通勤時間でできるネットを活用した副業、帰宅後の時間にできる在宅ワークなどが好ましいでしょう。

では具体的にどのような仕事を選べば良いのでしょうか?

例えば、株式投資やFX投資、仮想通貨(暗号通貨)などは空いた時間にネットを使ってできますが、元手となる資金が必要だったり知識や経験が必要だったりと初心者ではなかなか簡単には始められません。

内職は比較的簡単に始められますが、数をこなさなければまとまった収入にならないことが多く、体力的に辛い事があります。

そこで注目されているのが、営業系の副業になります

関連記事:副職はみんな何してる?おすすめの副業ランキング1位~5位

営業職に最適な副業

営業系の副業はリファラル営業と呼ばれており、そのような副業を支援するクラウドソーシングサービスも出てきています。

そのようなサイトはリファラル営業サイトと呼ばれており、企業と副業をしたい人との橋渡しをしてくれる場になっています。

リファラル営業の仕事内容はとても簡単でノルマや時間管理は一切不要です。

初心者でも安心して始められるのが特徴になります。

関連記事:リファラル営業とは何?紹介営業の仕組みや業務内容を解説

時間と体力に負担がない副業を選ぶ

副業を選ぶ

副業は社会的に認められ、それにより複数の収入源を持つことが当たり前となる時代が到来しつつあります。

しかし、それは本業に支障をきたさないことが前提であり、本来の仕事をおろそかにするような副業や働き方を政府も会社も認めてはいません

疲労がたまりやすいものや就業時間まで使わなければならないような仕事はできるだけ副業にすることを避け、体力や時間に負担が少なく余裕を持って続けていける副業を選びましょう。

そのような副業であればどのようなサイドビジネスであっても構わないのです。

副業を選ぶ上で本当に大切なことはうまく本業と両立することなのです。

関連記事:サラリーマンの副収入は月5万円が目標!休日副業から起業する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業支援|営業系の副業情報サイト「side bizz」

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

会社員、個人事業主、主婦、大学生の方などが続々と副業実践中!

 

サイドビズには”紹介するだけ”で稼げる副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる