営業アカデミー

営業に転職するメリット&やりがいはある?求められるスキル4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スキルアップTOP

転職はメリットを考えることが大切です。そのため、営業の仕事に転職をするなら、営業の仕事に就くメリットを知っておく必要がありますよね。

この記事では、営業職へ転職することでどんなメリットがあるのか、また、必要なスキルなどについて解説します。

是非、営業職へ転職することのメリットを知り、安心して今の仕事から営業職に転職できるようにしてくださいね。

営業にはどんなスキルが必要?

営業

営業の仕事に就くために必要なスキルは大きく分けて4つあります。

1つ目は、コミュニケーション力です。これはすべての仕事において大切なことですが、営業職では特に重要となってきます。お客様と会話をして、商品を紹介するということを大切にしましょう。当たり前ですが、しどろもどろに商品の説明をするよりも、ハキハキと分かりやすく説明した方が商品の利点は伝わりますし、お客様からの好感度も高いです。

2つ目は、情報をまとめ、発信する力です。「この商品は、こんな特徴があるからこんなお客様におすすめだ」というように情報をまとめ、お客様に紹介していくことが必要です。これは、自分が誰よりもその商品のことを知っていないと、自信を持って商品を紹介できません。さらに、お客様のことも知っておかないと商談は成立しないのです。

3つ目は、専門的な知識です。これは場合によりますが、例えば、不動産営業や技術営業はやはり専門的な知識がないと成果を出すのは難しいです。何より、お客様は専門的な知識を持った営業マンの方が信頼できるでしょう。加えて、専門的な知識を持っているというだけで、他の営業マンと差をつけることができ、堂々とプレゼンテーションすることが可能になります。

4つ目はマーケティング力です。営業とマーケティング力は違いますが、消費者の欲求やニーズを知り、適切な商品を開発していくマーケティング力は、営業の仕事でも役に立つことがあるはずです。そのため、マーケティング力と営業力を兼ね備えた人材こそ、今の時代に必要とされていきます。

営業をするうえでのやりがいは?

営業

営業をするやりがいは数えきれないほどあります。まず、自社製品やサービスを自分が紹介したことでお客様に使ってもらえることです。

営業が成功するということは、自分のプレゼンテーションが良かったということ、認めてもらえたということです。

自分が頑張れば頑張るほど、力がつき、成果がついてきます。そういった点では、努力が報われやすい仕事だと言えます。

次に、自分が伸びれば会社も伸びるということです。自分の挙げた業績が、そのまま会社の業績に繋がることで、達成感を感じやすいですし、周りからの信頼度も上がっていきます。

信頼度が上がると数字が延びます。数字が伸びていくと、自分自身のやる気に繋がります。そうしていくうちに最高のサイクルが出来上がっていくのです。

最後は、なんといっても、お客様に喜んでいただけることです。

相手のニーズに合った商品やサービスをうまく提案することができると、お客様は喜んでくれます。それだけでも、大きな達成感を得ることができるはずです。

人に喜んでもらえる仕事ができる、それが自分の自信となっていきます。お金や地位などよりも大切な、忘れてはいけない気持ちを味わうことができる仕事と言えるでしょう。

実力次第?営業ならではのメリット

営業

会社によりますが、成果を挙げれば挙げるほど、その見返りとして報酬も上がっていきます。やはり、頑張った分だけ給料が上がるというのは、認められていると強く感じることができますし、自分自身のモチベーションも上がりますよね。

さらに、インセンティブ制度という社員個人の成果によってボーナス額が変わり、成果を伸ばせばそのまま報酬に変わる制度を導入している会社であれば、さらに報酬が上がるわけですから、「もっと頑張ろう!」という気持ちになれますね。

また、営業職に就き、ある程度成果を挙げることができてくると、会社から独立・起業して、自分の会社を持つことも夢ではありません。自分の会社を持ちたいと考えている方こそ、営業職を経験するといいでしょう

なぜなら、いざ自分の会社を売り込もうと思っても、その方法がわからないと始めからつまづいてしまうからです。一度営業職を経験していれば、お客様の必要としているもの、売り込み方、ニーズがわかります。

お客様とのコミュニケーションをうまくとることができれば、次に繋がっていきます。また、どれくらいの割合で聞き役と売り込みをすればいいのも知っています。

このように、営業職というステップを踏んでいるかいないかで未来は180度変わってくるかもしれないのです。

営業に向いているのはこんな人

営業

まず前提に、人と関わるのが好きだ、という方の方が向いていると言えます。人と話すことが好き、という人にとっては、営業職はまさに天職なのではないでしょうか。

そして、もちろんコミュニケーション力が高いに越したことはありません。お客様のニーズに応えるためにも、聞く力というのも大切になってきますが、やはりコミュニケーション力がないと営業になりません。

人と話せる、というのは簡単そうで難しいことです。自社製品を売り込めるくらいのコミュニケーション力は必要不可欠となっています。

また、人脈が広い人はそれだけで仕事が回ってくるチャンスが増えます。結局は自分の実力にはなりますが、人脈が広いというのは立派な武器となります。

最後に、お客様のニーズに合った製品やサービスを提案するのが好きな人です。これは、営業職では最も重要な点です。

製品やサービスを提案するのが好きな人でないと、長続きしません。人は誰でも、好きなことはすぐにできるようになりますし、能力も向上しやすいです。

好きなことなら、何か嫌なことが起こってもそこで諦めずに踏ん張ることができます。そう考えると、やはり製品やサービスを提案するのが好きな人が向いています。

営業に向いていないのはこんな人

苦手

人と接するのが苦手な人は、営業職にはあまり向いていません。人と話すことで収入が生まれる営業職で、人と接するのが苦手なのはかなりピンチです。

また、人と話すのは好きでも、コミュニケーション力がない人はあまり営業職には向いていません。好き=コミュニケーション力が高い、ということではありません。

話すのが好き、という方向に流され過ぎて、自分の話ばかりしてしまい、相手の話を聞くことを忘れてしまう人はコミュニケーション力が高いとは言えません。

そのような人は、お客様のニーズを汲み取ることができない、という結果に繋がりかねないため、営業職にはあまり向いていません。

副業から経験してみる手もある

営業

営業職は、他の仕事と比べると大変ですが、その分やりがいを感じやすい仕事です。ここまで読んでみて、営業職もいいかもと思った方もいらっしゃるかもしれません。

また、今の仕事では、あまり達成感がわかないという方や、給料に不満があるという方、さらに、人と関わることが好きという自分の特技が活かせないという方などは、営業職へ転職をしようと思っている方もいるでしょう。

そんな方の中には、「絶対に営業職で成功してやる!」と強く決意して転職をして、新しく営業職を始める方もいますが、ほとんどの方が転職というワードがちらついても、結局なにもアクションを起こさない、という場合が少なくありません。

しかし、それはとてももったいないことです。もしかしたら、自分でも知らなかったような才能が開花するかもしれません。

また、今よりももっと給料やボーナスが上がるかもしれません。そんなチャンスが転がっているのに、なにもしないのはもったいないでしょう。

自分が少しでも営業職に向いているかもしれないと思ったら、チャレンジすることが重要です。とは言え、まだ転職までは踏み切れない方もいるはずです。

そんな方は、今の仕事は辞めないまま、副業という手を使って自分に営業職が合っているかを確かめてみましょう。そうすることで、いきなり転職するリスクを回避して、安心して新しいことにチャレンジができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる